ナットク

昨日まで、スクーリングで「日本音楽の歴史と理論」という授業を受けていた。
授業のタイトルからして
歌舞伎がどうの能がどうの、で、日本の音楽の歴史はどうの、という話かと
思いきや、そこはいい感じに期待を裏切られて
複数の文化が土着の文化と融合して、
新しい文化を作っていく、という視点で
日本音楽がどのように成り立ってきたのかを
とってもわかりやすく説明してくれた。
自分がコトバにできず、悶々としてたことを
具体的な事例とコトバで示してくれたのが、とても痛快。

ここ最近、いたるところで
「日本の伝統文化を重んじて」とか
「郷土の音楽に親しむ」とかいろいろ言われてて
あたかも、日本の古い音楽が日本固有のもので
日本のみで独自に育てられてきました、的に
アッピールされている昨今の風潮に
少なからず違和感を持っておるわたくしです。

例えば、古楽器のひとつ、琵琶は
中東のバルバッドっつう楽器が起源で
それが中国を経由して、日本に入ってきて
日本仕様に改良されていたりするわけですが
あまりそういうことには触れられることなく
安易にこれが日本固有の文化です、なんて言うのはちょっと。。。
ちなみに中東から西回りで、ヨーロッパに渡った楽器が
リュートではないか、と言われてるそうですね。

ちなみに三味線も、モンゴルからやってきた楽器なんですよね。
最初っから日本にずっとあったわけではなく
日本に流入して、日本人仕様に勝手に改良していったというのが
より適切な表現なのかもしれない。

雅楽についての話もなかなかおもしろかった。
よく授業なんかで雅楽の楽器に触れたりして
これが日本音楽だ、みたいなイメージを持たせているけれど
そもそも宮中音楽であり
当時の人間で雅楽に触れていた人間は1%にも満たないんではないかと。
当然ながら庶民にとって一般的であったとはとても言えず
ともすれば一生雅楽を知らないままに死んでいく人もいたであろうに
それだけを取りだして
日本に息づいた伝統音楽と言い切るのはちょっと強引かも。。。
断片を切り取って、それをすべてだと言いがちな現在の状況が
どうなのそれ、という話。
なんかそんなん多いよね、音楽に限らず。


そんな話のつながりで
「演歌は日本人の心だ」なんて言われ方をされたりするけど
これもふと立ち止まって調べてみるとちょっと微妙な話だ。
そもそも演歌の基本となっている音階、俗にヨナ抜き音階と言われるのは
ペンタトニックスケールといって、西洋の音階が元になっている。
古くから歌われてきた土着の民謡などが
こういった音楽と結びつくことによって生まれた音楽が演歌だ。
つまり、それはずっと日本にあって純粋培養されてきたわけじゃなくて
様々な文化が流入して、その度に形を少しずつ変えながら
育てられてきたものであって
それをおしなべて「日本人の心だ」とひとくくりにしてしまうのは
うーんどうなんだろう。。。
そんな例のひとつとして、北島三郎の「函館の女」が引き合いに出されたんだが
あの曲のアレンジって、明らかにラテンのリズムですよね。
しかも、演奏の形態はビッグバンド。
つまり、日本的な民謡の歌い回しに西洋のジャズやラテンの要素が絡まって
でき上がった音楽で
それを「日本の演歌」として聴いているわけで。
外国の文化を受け容れることで、既存の文化が変容していく、ということ。
これって、ある意味で当たり前のことだ。
その事実を通り抜けることなく
頑なに既存の文化を守り通していきましょう、と躍起になる価値観は
果たしてどうなのかな、っておもいました。

集団の結束を高め、一体感を感じさせるための
ツールとしての「歌」についての話も興味深かったです。
例えば中学校の合唱コンクールとか。まさにそうだよね、と。
この論理で、現在の国歌をめぐる議論を読み解くと
自分なりにけっこう納得のいく結論が得られたりします。
そうすりゃいいんじゃないの?と。
講義では先生も結論は言わなかったけど。。


ちなみに自分は
ジャンルを問わずにいいと思える音楽はなんでも好きになる方だった。
節操ない、という捉え方もあるが(汗)。
ただ、ジャンルは違えどどこか似た匂いを感じるものもあるし、
なにより、いろんな音楽がぶつかって
新しい音楽ができているということがおもしろくて仕方がなかった。
だから、ラテン音楽やエレクトロにハマるのかもしれません。

自分の中にある音楽に対する価値観がちょっと整理できたので
かなり納得な講義であった。
んで、その講義のレポートのテーマが
「日本音楽史における外国音楽の変容について」。
内容、何で書こうか悩み中。。。
[PR]
by satton07 | 2009-01-26 23:42 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧