む。

いちおう音楽の教師めざして勉強してるわけですが
いわゆる音大出身でもないので
専門分野は何?と聞かれると答えに困ってしまうわけです。
ピアノは昔からやってますけど、ピアノ専攻ほど上手いわけではないし。
作曲編曲は一番得意分野ですけど、専門教育を受けたわけではないし。
音楽学や音楽理論は、わかるけど、これまた専門教育を受けたわけではないし。
ある意味、なんちゃってなところがあって
うーんそれもどうなんだろう、と思うわけで
てゆっか、一応得意分野を少しは掘り下げておく必要があるだろう、ということで
一番得意分野の、作曲編曲法の基礎である、和声法をぼちぼちと習うことにしました。
とは言っても、これからなんだが。。
せめて、生徒が自作の吹奏楽アレンジをもってきて
禁則はこれとこれ、くらいは指摘できるようになっておきたいです。
そういう必要に駆られるのかどうかは知らんけど。。。

大昔、音大を目指してたことがあるんですが
もともとは、音楽理論や作曲法を専攻したくて、
独学でですが、ちょこっと勉強してた時期がありました
勉強したというても
楽典の本を1冊やったのと、簡単な和声法のテキストをちょこっとやったくらい。
あと、吹奏楽をやってた頃に
音楽専攻だった大学の先輩に借りた編曲法のテキストを読みながら
何曲かアレンジをやってたことくらい。

ピアノはホンマにうまいこと弾かれへんかった。。。
右手はある程度指がまわっても、左手がついてこない。。。
音大でピアノを専攻できるほどの実力はありまへんでした。
音大に行ってた近所の姉ちゃんのピアノを聴くたびに
うわーこりゃあかんわ、って思ってました。
ショパンのエチュードやスケルツォ、
バッハの平均律を弾くのをよく聞いてましたが
明らかに、音色も、指の回転も
自分の努力ではとうてい到達できない限界があるな、ってことを
なんとなく感じたおぼえがあります。
だから、ポピュラーに走ったのかもしれんけど。。。

いまでも、その辺はひしひしと感じます。
いや、弾くのは、めっちゃ好きなんだけどー。
大人になってからでも、適切なアドバイスのもとで練習すれば
めきめき伸びるみたいだし。。
けど、器楽って、一発勝負の表現手段なので
超柔軟なアドリブの利かない自分にはあんまり合ってないんだとおもいます。
その点、作曲や編曲は五線紙の上でじっくり考えながら創作できるので
そっちのほうが性には合っているとおもいます。
いまは、パソコンで音楽作れるくらいですから
その辺はホントに便利というか。

ぼちぼちとですけど
試験勉強のあいまに、少しこっちも勉強してみようとおもいます。
[PR]
by satton07 | 2009-05-08 23:57 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧