お正月は

b0024020_22352720.jpg



バンドのメンバーと、マキノの山小屋で合宿アーンド新年会。
滋賀の北部だけあって、雪がいっぱい。それだけでテンションあがります。

ひたすら飲んで(そういや自分はあんまり飲んでないが)食って
オールナイトでセッションしまくり。
自分は、キーボードを他のメンバーへ預けて
ひたすらドラムやらベースやらカホンをしてました。
2日目の夜は、ワイン飲みながらひたすらボーカル。
ノドが潰れました(汗)。

で、ずいぶんドラムができるようになりました。
てゆっかさー、ドラムめっさおもろいんですけど♪
自分はスポーツ(とりわけ球技)が
からっきしダメなので
リズム感ないんだろうなーって思ってたんだけど
意外といけるんじゃないのか?というくらいに
叩けたのがホンマに意外でした。
スピッツの「チェリー」の
ちょっと手の込んだフィルインとかもできたし〜。
普段、鍵盤上でドラムの打ち込み(通称「手打ちドラム」)をやってるので
無意識のうちにキックスネアタムシンバルの関係がイメージできるようになっていて
そういう勘が養われていたのかも。
てゆっか、そうとしか考えられん。。。
けど、ドラム以上におもろいと思ったのは、ベースでした。
こっちは、ルートに経過音を組み合わせた
簡単なベースラインしかできへんかったけど
ベースの音の選び方ひとつでバンドのサウンドががらりと変わるんですね。
アレンジやってるときのこと考えたら、確かにそうだやね。
バンドサウンドを右にも左にも上へも下へも持っていけるような
そういう魅力があるのですなあ。
細野晴臣氏とか亀田誠治氏とか中村正人氏とか
有名なアレンジャーにベーシストが多いのもなんだか頷ける。。。

自分は、作曲したり編曲したりがメインな人間なので
やっぱし、いろんな楽器に興味がいきます。
学生の頃、ブラスバンドしてたときも
ここぞとばかりにいろんな楽器を触らせてもらった憶えがあります。
楽器ごとに、出しやすい音出しにくい音
一番魅力が出る奏法なり音域があるのねってことを知ったのもこのときでした。
なので、楽器の特性を知ってるか知らないかって
音楽を創る側の人間にとっては、けっこう大事な要素だよなあ、っておもいます。

ぜんぜん話が別方向に飛んじゃいましたが
3日間もゆるーい音楽漬けの生活を送ってたので
いまだにそのテンションを引きずってます。。。

バンドのメンバーが、かなり久しぶりに全員揃った(!)ので
それだけで鼻血が出そうなほどに感激でした。
いろんな話もしたし。
自分にとっては、バンドって家族みたいなイメージです。
まあ、バンドにもいろいろなカタチがあるが。。。
今のバンドは、自分なり相手なりの内面にふれることで
いろんな発見があったり、いい意味で自分自身も変わるきっかけができたり
そういう意味で、とても貴重だし大切な場所。

今年もたくさん、おもろいことができたらいいなとおもいます。
[PR]
by satton07 | 2010-01-06 22:35 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧