轟音ライブ2010@天王寺・シアトリカル應典院

b0024020_20375034.jpg



昨年の春からみんなで準備を進めてきたイベント、昨日が本番でした。

出演したメンバーそれぞれの、音楽に対する熱い思いが一気に爆発してました。
ことばにするのが難しいけれど
本気で音楽を楽しみたい、楽しもうとする人のパワーは、凄まじいとおもった。
そして、そのパワーがどんどん会場内に連鎖していくさまを
カラダで確かめた、という感じがする。
そこに障害を持つ持たないというカテゴリーというものが
一切無意味なものであることがよくわかった。
ずっと音楽をやっているけど
ああいう体験は、初めてだし、味わうことができた自分は本当にしあわせだと思う。
ラストのセッションに向かって、
会場のボルテージがどんどん上がっていくのがよくわかったし
プレイヤーとして出演した自分も、舞台袖で自分の出番を待つ時間ですら
会場のグルーブに混ざりたい!という気持ちを抑えることができず
舞台袖で一緒に踊っていたり。
とにかく、表現したくてしかたない、という気持ちであふれていたようにおもう。
大音バンドで出演した時も、JC LIGHT LEで出演した時も
とにかくそういう気持ちを放出せずにはいられなかった。
なんとも、不思議な気分でした。


b0024020_20393860.jpg




いつもぼくらのバンドのライブを観ててくれるMさんに
ウチのバンドは、ドラムのあっちゃんが
メンバーの一員として普通に存在しているよなあ、と言われた。
彼は知的障害を持っているけれど
配慮はすることはあっても特別扱いをすることもなく
バンドのいちメンバーとして他のメンバーと同じようにやっているという
そういうバンドのスタンスや、空気感がいい、という意味だと取ったけど
自分も、そういうのが好きだし、そういう形が自分にとっての「普通」だと考えるし
なによりも、それがウチのバンドのかたちなんだとおもうし
これからもそういうふうにやっていくとおもう。



自分が、なにか目的意識をもってふたたび音楽をやりはじめるきっかけになったのは
6年前、ある障害児のグループで音楽療法の手伝いをしたことでした。
その頃から、いつかこういうイベントをしてみたいなあ、という願望があって
その後、大音バンドに入ることになって
そこからいろんな人と知り合うことになって
結果、こんなイベントの企画に関わることができたことは
喜び以外のなにものでもありません。


とにかくいろんな人が関わっていました。
出演者はもちろん、ボランティアで手伝ってくださった皆さんや
PAのスタッフの皆さん。。。
いろんな人の協力でこのライブが実現できたことに
ただただ感謝の気持ちでいっぱいだし
このつながりを、もっと広げていけたらなあ、とおもいます。

来てくださった方、ほんまにありがとうございました!



b0024020_20385358.jpg

        ↑この日はmotif XSとNord Electro。わが家の最強コンビ(笑)


<Set List>
★大音バンド
1. Your Song (Love Psychedelico)
2. 天城越え(石川さゆり)
3. サヨナラCOLOR (SUPER BUTTER DOG)
4. Blowin' in the wind (Bob Dylan)
5. With or without you (U2)

☆JC LIGHT LE
1. God bless Africa
2. Midnight Prayer
3. YUKIIRO
4. Hey Jude
[PR]
by satton07 | 2010-03-01 20:47 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧