楽器博物館

浜松にある、楽器博物館にいってきました。
チラシをもらって、以前から行ってみたかったのですが
ものすごい数の楽器が展示してました。圧巻。。

世界各地の楽器がずら〜っと並んでいて
実際に演奏を聴いたり楽器を触れるコーナーもあって
音楽好き(というか民族音楽好き)にはたまらんかも。
学生のレポート課題と思しき人もけっこういて
見学しながらメモを取る人も多かったです。。。

ちなみにわたくし、民族音楽大好きです。
民族音楽というよりも、
ミニマルな音楽とか、
ポリリズム、インプロビゼーションが伴う音楽が好きなのかもしれません。
見学していて、自分はインドやアラブ系のブースが一番ひっかかった、かな。
なんでかわかんないけど、自分では結構意外。
楽器の音色の好みでは、一番しっくりきました。
そういえば、自分の作品で好んで使ってる民族楽器も、この辺のものが多いかも、、と。

というわけで、見てきた楽器の一部をご紹介、、です。
せっかくなので、自分のアルバムで使ってる部分なんかも織り交ぜつつ。
(知りたいかどうかは別にして。笑。マニアックな楽しみ方をしてください)


b0024020_18225051.jpg

★ネイティブアメリカンフルート

中南米のブースにありました。原住民が使っていたフルートでしょうかね。
透明感のある、どこか寂しげな音が好きです。
ちなみにわたくしのCD「HOMEMADE POP」では
13曲目、「アオイソラ」の間奏、アウトロ部分でなってる笛の音です。

b0024020_18225084.jpg

★アルトリコーダー

一般的にもおなじみの楽器ですよね。
リコーダーって、テナーやバスなど、よりでっかいやつもあるのですよね。
そういやここには、なぜかソプラノリコーダーは展示されてなかったです。
「HOMEMADE POP」では「Musicroom」や「花吹雪」で使いました♪


b0024020_18225010.jpg

★シャーナイ

インドの楽器。ダブルリードといって、リードを2枚重ねあわせ、
それを震わせて音を鳴らす類の楽器です。
オーボエとか、チャルメラの仲間ですかね。
シタール同様、いかにもインド!というような音色です。
こいつは。「Some Other Day」のイントロやワンコーラスめのAメロ周辺の後ろの方で
ヒラヒラと鳴っている音でござんす。
そういや昔つくった「ここから」でも、この楽器を使ってました。



b0024020_18225083.jpg

★ブズーキ

ギリシャ音楽で使われる、リュート属の楽器。マンドリンの親戚にあたります。
原型になったのは、トルコの「サズ」という楽器だそうです。
そういうわけで、ヨーロッパの楽器ながら、どこかエキゾチックな香りがします。
そんなフンイキが好きです。
たぶんねー、自分は文化の結節点にある音が好きなんだと思います。
西洋と東洋のあいだの、混沌とした世界が好みなんだろうな、きっと。
ちなみに槇原敬之さんの「Penguin」という曲でも使われてますよ。
ちなみに自分も、「アオイソラ」では
アコギのストロークに絡ませてけっこうハデめに使っています。



***



民族楽器はもちろん、電子楽器の展示もありました。
こっちは現在準備中みたいで、とりあえず楽器のみがずらりと並んでいましたが
かなりウッハ〜となる展示でした(笑)。


b0024020_18225092.jpg

☆Donca matic(1963)

現在のコルグが発売した、国産初のリズムボックス。通称ドンカマ。
うわあ、これ、雑誌でしかみたことなかったので、かなり感激。
「カラオケというシステムがない時代の飲屋街では、ギターやアコーディオンを使い
演奏してまわる流しという業種があった。
バンドを率いて演奏していた流しアコーディオン奏者の長内端は、自分一人で
演奏するために、バンドのような自動演奏の機械はできないかと考えていた。
これがリズムの自動演奏、リズムボックスの最初の発想である。」(Wikipediaより引用)
という、開発の背景があったそう。
いわば、現在当たり前のように楽しんでいる
カラオケの祖先、ということにあたるのかな。。


b0024020_18225082.jpg

☆KORG M1(1988)とYAMAHA DX7(1987)

ついに、ウチにあるシンセが博物館に展示されるようなものになってしまったのか(笑)。
シンセ好きならゼッタイ知ってるであろうベストセラー。
80年代周辺の音楽ではこの辺の音は必ずと言っていいほど出てきますもんね。
そういえば、こういう系統の音を使ったサウンドを作ったこと、ないかも。
作ってみようかな〜。。
マイケルジャクソンとかスティービーワンダーとかが使ってそうな
DXのベルの音のようなエレピの音、好きです。
(わかる人には、わかってもらえますでしょうか)
そういえば、まつこふさんのCDの「雪」でも使ってたのも、この音だったような。。



b0024020_18225028.jpg

☆KORG Polysix(1981)

ポリフォニックシンセで、
高いコストパフォーマンスで話題になったシンセ(だそうですよ)。
6ボイスって今じゃショボいってなるんだろうけど
当時としては破格の値段で発売されたのが
ものすごい革新的だったんだろうなあ、と思います。
ちなみに、これ以前に発売されてた「TRIDENT」も展示されてました。


b0024020_18225016.jpg

☆moogのアナログシンセ

型番忘れちゃったんだけど、70年代初頭のモデルだったはず。
ザ・シンセ!!って感じのフォルムですよね。
プラスチックではなくて、木製の外装に、威厳と年代を感じさせます。
このほか、ARPのでっかいシンセ(てゆうか機械。笑)も置いてました。
いまじゃデスクトップですべて完結する機能も
もとは、こんな巨大な装置だったわけですもんね。
技術の進化とは恐ろしいもんだ。。。



***


楽器の町浜松の代表格(と勝手に自分で決めてますが。笑)、ピアノ!!
というわけで、ピアノの展示も多かったです。
ピアノの進化の歴史が実物の展示をみながらわかるようにできてました。

b0024020_18225036.jpg


変わったピアノも多数展示してたんですが
なかでも、これ欲しい!って思ったのがこれ(笑)。デュオピアノというらしい。
2台分のピアノが1台に収まったピアノ。
向かい合って、デュオが出来るようになってます。
さすがにスペースを取るし重いしで、普及はしなかったそうですが
これ考えた人、すごいわ〜。


b0024020_18225018.jpg


これは、ドイツのベーゼンドルファーというメーカーのピアノ。
スタインウェイと並んで、世界的に有名なピアノのメーカーです。
このピアノ、普通のピアノとどこが違うかわかります??
よーくみると、鍵盤の数が普通(88)より多いのがわかるかと。。
ベーゼンドルファーのピアノには、92鍵や97鍵のモデルが存在するのです。
バッハ楽曲のピアノ版編曲者で有名なブゾーニが
バッハの楽曲をピアノ用に編曲するときに通常の音域では出せない音があり、
それをルードヴィッヒ・ベーゼンドルファーに相談したのが始まりなんだそうです。


とにかく、音楽好きにとってはおもしろい博物館でした。
浜松駅から歩いてすぐのところですし
これは見に行ってみる価値ありです。
ぜひに。
[PR]
by satton07 | 2010-03-16 18:22 | Diary | Comments(2)
Commented by まつこふ at 2010-03-17 15:05 x
何か面白そうな記事~、と思ってずっと見てたら、自分の名前が出て来たので(笑)確かにそうですね~。DX7っぽい音かも。別にそれを意識して選んだわけではないんですが、SONARの中のソフトシンセの一つです。そうそう、他にSONARにはKORGのDW8000pianoっていう音もあって、初代シンセとして使ってたので懐かしいやらうれしいやら。
楽器マニアにはたまらない場所ですね~。でも思わず「弾きたいっ!」って思ってしまいます(ベーゼンの鍵盤上の透明カバーが悲しい・・・)moogのアナログシンセとか実物見たことないので、すごく貴重ですね~。
moogで思い出したのが、先日たまたまテレビでやっていた夏目雅子さんが出ていた頃の古いドラマで、高級クラブのシーンがあって、なぜかそこにコンパクトなmoogが置いてありました!当時はmoogが高級感を出すためのアイテムだったんですね(笑)
Commented by satton07 at 2010-03-18 23:45
>まつこふさん
意識してたのかな〜と勝手に想像しておりました(笑)。
そうそう。楽器マニアにはたまらん場所ですよ♪
電子チェンバロを弾けるコーナーがあるんですが
そこに座った人は必ずと言っていいほど
バッハの有名なメヌエットを弾いてました。
(ラバーズコンチェルトの元ネタのアレです)
自分も例に漏れず弾いてきましたが。。。笑

高級クラブシーンにmoogって、なんか結びつかないっすね〜
不思議な感じがします。
moogはなんだか宇宙人と交信する機械のような佇まいでしたよ(笑)。


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧