Carole King&James Talor "Troubadour Reunion Tour 2010"@パシフィコ横浜

というわけで、遠路はるばる大阪から参戦。
ライブ見るために遠出したのって、そういえば初めてかも。
それほどに、行ってみたいライブでもありました。
なんつったって、数年前に大阪に来たときは
仕事と重なって行くことができずに涙をのんだだけに
東京だろうが横浜だろうが、これは行かないわけにはいかないな、ということで
思い切ってチケットを取りました。
それだけ思い切った甲斐がありました。
キャロル・キングは、最も好きな洋楽アーティストのひとりで
一生のうちにゼッタイ一度は観ておきたいアーティストでもあります。

今回は、昔からの盟友でもあるジェームス・テイラーとの共演。
実を言うと、ジェームス・テイラーって、
キャロルのバックでギターを弾いてる、ってことと
「You've got a friend」のカバーくらいしか認識がなかったのですが
そんなんですいませんでした!ってくらいに、ハマってしまった。
ある意味で、キャロルよりも衝撃だったかもしれない。
フォークをベースにおきながら、
カントリーやブルース、ジャズ、R&Bの要素がそこかしこに含まれている曲風も好きだし
なにより、声がいいです。
無理なハイトーンがなくて、だれでも歌えそうなかんじ。
うまいこと言えませんが、「あ、これかもー」って思った。
自分の作品づくりに少なからず参考になった気がする。
さっそく会場で「Sweet Baby James」のアルバムを一枚買いました。
他のアルバムも聴きこんでみたい。

で、自分にとってのメインでもあった、キャロル・キング。
やっぱりすごかったです。うわー、ほんまもんやー。
よくよく考えたら、ウチの母より年上なわけでして
この人、この歳でこんなことができるんやあ、というくらいに
ステージを走り回って、会場を盛り上げてました。
「So Far Away」「Sweet Seasons」「Locomotion」「You've got a friend」...
自分の好きな曲をかなりやってくれました。
事前に聴いてた「Up On The Roof」は、ちょっとアップテンポで
これがまたかっこいいアレンジでした。
バックバンドも、
Danny Kortchmar(Gtr)、Russ Kunkel(Drms)、Leland Sklar(Bass)など、
彼女のアルバムでセッションプレイヤーとして参加してるメンバーが
大集合していて、そういう意味でも涙もの!
編成もピアノ、アコギ、エレキ、ベース、キーボード、コーラス、バイオリンと
ほどよく分厚く、押し引きのバランスが絶妙なサウンドでした。

客層が予想通りというか、けっこう高めで
会社の課長くらいの世代の人々がごろごろ来てはりました。
同世代っぽい人もぱらぱらとみかけましたが
音楽好きです、か、音楽やってます、っぽい人が多かったようにおもう。
自分みたいに、遠方から来てる人もいたみたいで
帰り道、横にいた人は新幹線の時間がどーのこーのと話してました。
自分だけじゃないんですね(笑)。

5月に、アメリカでのライブの模様を収録したCD/DVDが出るみたいです。
要チェックです。
[PR]
by satton07 | 2010-04-19 23:59 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧