国歌

世の中はワールドカップ真っ盛りですが
サッカーには何の興味もない僕にとっては
スポーツニュースもまったくスルーな今日この頃。
とはいえ、試合後に流れる各国の国歌は、なかなか興味深くて好きです。

その国それぞれの歴史やお国柄が、音楽にもよく出ていて
それぞれになかなか興味深いものがあります。
そんななかから、耳にとまったものをいくつか。

まずはこちらを。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com



さすがに音楽の国、つうか歌曲の国って感じの美メロだねえ。
美メロといえば、この国もなかなか。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


おとなり韓国の国歌って、初めて知りましたけど
こういう曲だったんですね。
最初の2小節で一気に持っていかれる感じのメロディライン。
個人的にはすごく好きな感じの曲です。
韓国の曲の、ことばを大事にした感じの丁寧な流れのメロディって、好きやなあと。


こういう感じの美しいメロディ系だと、こちらもなかなか。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


ここ最近火山で有名になった、アイスランドの国歌は、賛美歌のスタイル。
タイトルもまさに「賛美歌」。
国歌には、その性格によっていくつかのスタイルがあるようで
宗教色豊かなこういった賛美歌的な楽曲も多いみたいですね。
和声がうつくしい。


和声のうつくしさというか独自性ではこの国も負けてないですよ。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


はい、なにかと論争も多い日本の国歌でございます。
音楽的に聴いてみると、
けっこう独自性が高くて、ユニークな楽曲じゃないかなと思います。
アレンジのアプローチが独創的。
和声付けも印象的だし
なにより、和声的に解決させない(できない)箇所を
ユニゾン(オクターブ違いの同じ音で合奏する)で突き進むアプローチとか
そうしましたか、って感じで、それがまた異彩を放っていている。
アジアの中でも、
西洋的なメロディに西洋的なアレンジが施されたものがけっこうあるのに対して
日本やインド、スリランカなどは
地域に根ざした音階なり音楽で作られているという意味で
けっこう特殊な例とも言えるかもしれません。
この曲の場合は、雅楽で用いられる音階である「律旋法」で書かれたもので、
なおかつ西洋音楽のような形式的なものから考えると
びっくりするほど先の読めないメロディが
かなり異彩を放っているとおもいます。
これに、西洋的な和声をよくつけたなあ、と
ある意味驚愕に値します。


ちなみに
日本と同じ独自路線?を行くインドの場合はというと

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com



こんな感じ。
参考までに、独自性という意味で、この国はなかなかすごいっすよ。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


音楽もさることながら、
ネパールの場合は、国歌そのものを変えちゃったんだそうです。
旧国歌が国王と国に対する敬意を表現したものに対して
新しい国歌は、国を超えて応募された1272の作品の中から
ネパールの主権・団結・勇敢さ・誇り・景観・発展・平和・文化と
自然の多様性などを称賛したネパール固有の形式の民謡調の楽曲が採用されたんだそうです。
そんな国もあるんやね〜。


ちなみに、ウチの妹がいるタイはどんなんかなーって気になったので調べてみたら

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


あーすごく南国的、ゆうか東南アジアぽい明るいメロディですねえ。
タイでは、国歌が流れている時は直立不動でいなければならないらしく
そうでないと、警察は不敬罪で捕まえることができるそうです(wikiより)。
な、なんと。。


ちなみに、だれしも知ってるようなメジャーな国歌もいくつかありますが
メジャーどころといえばやっぱしアメリカ?なんかな??
いかにもアメリカらしいアプローチの国歌を発見。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


さすが自由の国。新世界。
アメリカの場合は、国民の数だけ国歌があるんでしょうねえ。
さすがに憶えやすいメロディですな。


で、数ある国歌のなかでも
わたくしがツボにハマった国はというと、まずは。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


いいなあ、中央アジア。こちらはアルメニアの旧国歌。
ヨーロッパとアジアがクロスオーバーした感じの曲調が、ココロ揺さぶられます。
ちなみにこれは旧ソ連時代の国歌で、「剣の舞」で有名なハチャトゥリアンの作曲。
アルメニア旋法で書かれたメロディが、民族色をより印象づけてるなあとおもう。
吹奏楽やってる(た)人ならきっと知ってるであろう
「アルメニアン・ダンス」を彷彿させる感じですね。

短調で書かれた国歌は、なかなか少ないのですが
同じ短調で書かれた曲では、ここもいい!

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com


なんとなし、日本の演歌や民謡にも通じるメロディな気がしません?
この国が辿って来た歴史をおもうと、なかなかに重く濃厚な曲だなあ、とおもいます。


そして、なんといっても私が一番気に入ったのは、ここ。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com



かなり勇壮かつアグレッシブな曲調です。このメロディは、強烈です。
ロシアといえばチャイコフスキーにショスタコビッチ。
芸術的な香りを感じます。
ちなみに、KANが昔のライブでカヴァーしてましたよね(知ってます?)。


南米やアフリカまで及ばなかったんですが
なかなかおもしろいですよ。国歌巡り。

あなたのお薦めの国歌は?
[PR]
by satton07 | 2010-06-17 01:35 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧