FRFをふりかえる

いや〜、今週はなんかしらんけど怒濤のように過ぎてった気がする。
FRFから帰ってきて、仕事はそんなにたまってたわけではなかったのですが
なにせ今日来週とライブ連打なので
仕事から帰ってきて、そのための準備で連日夜なべ。
もっと早くから計画的にすればいいんだろうけど
まあなんとかなるやろう、という超楽観スタイル。。。
譜面書きはほとんど終わってたけど
当日配布できるようにCDをこしらえたり
機材のリストをつくったり、段取りを考えたり。
いわゆる裏方仕事。
今の仕事もある意味イベント屋なので、慣れてるといやあ慣れてるんだけどもね。

そんなこんなで、ちょっとだけ隙間ができたので
憶えてるうちに、フジロックを振り返ってみようかとおもいまする。


初めての参加で、3日連続での参戦。体力的にはかなり疲れましたが
歩きまくってきっちりメシ食ったうえに
音楽のシャワー浴びまくったせいか
大阪に帰ってきてからは、調子はいいです。健康にいいかも、フジ。
行くにあたっては、それなりの投資ではあったけど、
それに見合った、いやそれ以上の刺激に満ちた3日間だったとおもいます。
行ってよかった〜。


今回観たライブはといいますと


☆7/30(Fri)
THE BAWDIES
ASH
Rustic Pans
THE XX
THEM CROOKED VULTURES
!!!


特に観たい!ってアーティストが少なかったこの日。
Rustic Pansだけはどうしても観ておきたかった。
ついにフジ出演ですか。関西勢では「はじめにきよし」なんかも過去出演してましたけど
山村さん率いるこのバンド、フジでも炸裂してました。
ひたすらアツい!なにがステキかって、スティールパンもさることながら
ワシはドラムスに首ったけだった。
ねちっこく絡んでくるグルーブに、テンションかなり上がります。
あと、この日は!!!がなかなかの新発見。
サウンドがいいな〜、つうか、踊れるこういうノリがいいなと。
THE BAWDIESの、チャラい感じのMCもステキでした。
若いバンドなのかな、こういうノリ結構好きです。



☆7/31(Sat)
LITE
TRICERATOPS
THEATRE BROOK
THIRD EYE BLIND
JAMIE CULLUM
TROMBONE SHORTY & ORLEANS AVENUE
ONE DAY AS A LION
EGO WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX


この日のマストはEGO WRAPPIN'とTHEATRE BROOK。そしてJAMIE。
THATRE BROOKの、佐藤タイジのあの独特なパフォーマンスと世界観。
やっぱしホンモノは違いました。いい!
けど、それ以上によかったのは、やはり沼澤尚さんのドラミングでした。
タカさんのドラムは、自分内のベストドラマーですかね。
自分のなかにあるグルーブのツボのスイートスポットを
ことごとく突いてくるのです。
スネアを打つタイミングが、ほんのちょっと後ろへずれてるのかな。
そこが絶妙で、聴いててじっくりノれます。
JAMIEは、CDで聴いてるのみで、CDでも充分いいとはおもうけど
これは、実際に観た方が何倍も楽しい!おもしろい!
ステージングがもんのすごい上手。お客さんを上手にのせるし
ピアノの弾きっぷりが、同性からみてても、惚れまっせアレは(笑)。
ナマピアノもよかったけど、ローズの弾きっぷりもけっこうかっこよかった。
BEN FOLDSをよりJAZZよりにしたかんじ、かな。
個人的には、こっちの方がより好み。
EGO WRAPPIN'は、予想通りの充実っぷり。
ボーカルももちろんいいし、なによりバックバンドが超強力。
ぐいぐい引っ張られるかんじ。
夜遅かったけど、テンションはかなり上がってました。
あとねー、TROMBONE SHORTYは予想外に良かった!
てか、サウスランパートストリートパレードみたいな
ニューオーリンズ系のジャズバンド曲がめちゃ好きなので
そういう意味で、ツボに入ったとも言えますね。




☆8/1(Sun)
SUNDAY MORNING JAM
OCEAN COLOUR SCENE
東京パノラママンボボーイズ
守屋純子SPECIAL BIG BAND FOR FUJI ROCK
DIANE BIRCH
moe.
SCISSOR SISTERS



この日はほとんど自分の趣味炸裂。
JAM系、ジャズ/ワールドオンパレード。
個人的には、この日が一番充実していたかな。
SUNDAY〜は、タイジさんが出ると前日のTHATRE BROOKのときに聴いてたので、
行ってみたら、キーボードに見覚えのある方が、、、なんと森俊之さんでした。
いやあ、ここで観ることができるとは。。。
Twitterで、腰を痛めたと知ったのですが、それを感じさせない楽しみっぷり。
あんまり目立ってはいなかったけど、確かにグルーヴィーだった。
あと、Vo.で参加してた城南海さんの声を初めて聴いたけど、いい声。
こころの中のいらんもんが浄化されるような、声でした。
そういや、川村結花さんが自身のブログで絶賛してはったっけ。
マンボボーイズは、かなりテンション大。酒も飲んでたので。
まあ、でも、ラテン系はかなり好み分かれる方なのかな、とおもいます。
ロックフェスまで来てこの人たちに会おう、と思うくらいだし
あの場に来てた人って、かなりマニアックな部類なんだろーな。
ここではあんまり書けませんけど
パラダイス山元のかなりシュールなギャグが、個人的にはかなりツボ。
「ボンゴ天国」では、CD聴いてる人には涙ものの、ゲストボーカル!!
うわ、ほんまもんや、、、ヒャーっ(笑)
守屋純子バンドは、予想通りのかっこよさ。THEビッグバンド!
守屋さん、なんだかめっさ強そうだった(笑)。
名うてのジャズメンを仕切ってアレンジ、曲を組み立てて引っ張っていくくらいなんだから
あれくらいの強さがないと、やっていけないんだろうなあ、って
聴きながら思いました。
全体的に、コード転換のしかたになんか特徴があるよなあ、って感じました。
それがどういうものなんかはよう説明せえへんけど。。
で、moe.の出待ち中にみたDiane Birch。あ、この人の歌、知ってるぞ。
てか、この人かなりCarole King好きなんだろうなあ、って思わせるフシがいっぱい。
コードの使い方とか、歌い回し方とか。
なので、個人的には耳馴染みのいい音ではありました。
で、この日のメインディッシュ、moe.。
JAM系のバンドに明るくはないけど、String Cheese Incidentは知ってて
アルバムも聴いたりしてたので、チーズと双璧をなすと言われるこのバンドを
一回聴いとかなあかんやろう、ということで。
なんじゃこの人たちは、、ってただただ驚くのみのインプロの応酬。
ジャムバンドのおもろいところって
どこへ連れていかれるかわからないようなワクワク感があることかなあ、と
個人的には思っているんだけど
このバンドはほんまに、次にどんなアドリブが飛び出してくるんやろか、という
期待感に溢れてるなあ、って感じました。
3時間聴いてなお、まだ聴きたいと思わせるこの引き出しの深さと多さ。
これだけでも、フジにいってよかったと思います。ほんまに。
そんな感じでかなり精神力も消耗したところで
最後のSCISSOR SISTERS。
雨もひどくなりだして、体力も奪われてたし、moe.の充実感も大きく
実のところ、最後はけっこう疲れてました。
すごいパフォーマンスやってんけど、力が出ねえ。。。
けど、やっぱし凄いなあこの人ら、って思ったのは、最後2曲。
疲れたカラダを強引に引き出されたように、踊れる曲でした。
最後は疲れてどうしようもなかったけど。。。



・・・てな感じ。
ロックフェスだし、ロック中心かと思いきや
実際行ってみたら、ジャズ/ワールドやら、クロスオーバー系の音楽もけっこう多くて
個人的にはとてもよかったかな。
ちなみにロックは自分からすすんであまり聴かない音楽だ。
嫌いではないけど、特別好きでもない、というか。
なので、正直なとこ、いいとかよくないとか、そういうのもようわかりません。
放っておいたら、たぶん自分から進んでCD買ったりはしないジャンルだとおもう。
ただ、今回みたいな感じだと
普段進んで聴かないような音楽も聴けて
ああ、そうか、そういう楽しみ方をするんか(自分はムリやけど。笑)、とか
たまに「おっ」てなるようなのに出会ったり
そういうのもなんとなく見えてくるので
それがフェスみたいなイベントのええとこ、かなと。


いろんな系統の音楽趣味の人と寄せ集まっていくと
それはそれでおもしろいかもしれへん。
来年も、行けたら、行ってみたいなー。ラインナップにもよるけど。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-08 01:02 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧