NACHTMUSIK@池田市/アゼリアホール

b0024020_1403947.jpg


この夏最後の本番は、久しぶりのクラシックで締めくくりましたよ。
クラシックを人前で弾くなんて、去年の2月にピアノの試験で弾いて以来。
さあどうなるのか、、、って感じでしたが、けっこう、いやかなり楽しかったです。
かれこれ7年近く前に出たコンサートで知り合って
一時期は同じ門下でピアノを習ってた友人Mさんが主宰してるピアノ教室の発表会に
ゲスト&お手伝いで出演してきました。
生徒さんは小学生が中心で、大人も何人かおられるのですが
それぞれやりたい曲を自分の力で、自分たちのペースでやっていく、という趣旨で
教えてはるんですよね。
途中でピアノをヤメたり、既存のピアノ教室が馴染まなくてやってきた子もいるようで
たどたどしいながらものびのびと、
きちんと自分で選んだ曲を弾ききってる姿は
なんか、いわゆる上手な演奏を聴いた時とはまた違った良さがあって、
清々しいものを感じました。
ピアノだけじゃなくて、Mさんのお知り合いの方々のフラダンスもあったりして
なかなか楽しいひととき。いろんな表現があるっつうのが、いいよねえ。
Mさんのピアノレッスンに対する考え方とかがこれまたとてもすてきでしてね。
自分で決めて、自分でやる。人のせいには決してさせない、つう考え方とか
ジャンルにしばられずに、いいものはいいと感じられるアンテナとか
そういうとことかが、すんごく共感できるのです。
いまは、演奏したり創作したりしているのが中心だけど
いつかは、こうやって、ひとに教えることを通じて
コミュニティを広げてみたいなという思いが、ちょっと強くなったかな。


そんなわけで、本日弾いた曲を。。。

b0024020_1415257.jpg


1.アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調(W.A.Mozart)
泣く子も黙る超メジャー曲のピアノ連弾版ですね。
難易度的にはそんなに難しくないんだけど、そこはモーツァルト。
細かい指の動きに、おっとっと〜っ、と、指がもつれるワナがそこかしこに(笑)。
Mさんとの連弾でした。
事前に楽譜だけ送ってもらってはいたけど、
時間がなくて、実はこの日のリハーサルで初めて合わせた上に
お互いにほぼ初見って(苦笑)。
しかも、Mさんとお会いしたのも多分2年ぶりくらいやとおもうんだけど
それを感じさせないほどに、不思議と息が合いましてね。めっちゃ弾きやすかったし。
しょっちゅう顔を突き合わせてても、理解するのに相当時間がかかる場合もあれば
こうやって、2、3度合わせただけでもピタッと合わせられる場合もあるわけです。
技術がどうこうという話ではなくて、相性というものはやはりあるもの。
いい悪いっつう話ではなくて、人と人がやってる以上
まあやっぱりそういうもんなんだと思います。
まあ、その相性というものとどううまくつきあうかが
大事だったりもするんだけど。。

b0024020_1422432.jpg


2.Cool Off In The Summer Evening (Koji Sato)
この夏のライブでは弾きまくってます。オリジナル曲。
もともとは、このコンサートのために作曲したものなんです。
よし、せっかく季節ものの曲を書いたんだし、やれるうちにやらないと、と思い
7月のコンサート、8月のライブでも演奏しました。
3回やったけど、今回の演奏が一番納得のいく演奏だった、かなあ。。
終わった後、舞台袖にいたスタッフの方に
「涼しげで、ぴったりないい曲ですね」と言ってもらえました。
うれしいねえ。ありがとうございます。
なにげに、気に入っていただける方がちらほらいて、嬉しいです。
四季でシリーズもので作ってみようかしら、、なんて。
あ、これ、いまMyspaceでもアップしてます。よかったら。
なんなら、新しいアルバムにも入れてます。重ねて、よかったら。。。


b0024020_1384258.jpg


3.ノクターン 遺作(F.Chopin)
で、本日のメイン。生誕200年のショパンでござる。
もっと時間とウデがあれば、エチュードとかスケルツォとかに挑戦してみたかったけど
さすがにそこまでの度胸と時間がないので(苦笑)、比較的取り組みやすいノクターン。
「戦場のピアニスト」で知られるようになった曲でしょうかね。
ぼくは、フジ子・ヘミングの演奏で知ったのですが。
中間部で変則的なリズムと転調があって、油断すると落としてしまうダブルシャープに
むむむ、、、ってなってましたが、そこをなんとか乗り切った、と思ったら
次の16分3連符+2+6連符でミスタッチの凡ミス。あぅ!
最後の32連符くらいあった装飾音符のミスはある意味想定内だったとしても(苦笑)
ここは悔しい〜。
やっぱし、指練もっといるかなあ。。
とりあえず、その辺はいつもどおり何事もなかったように弾ききるしかなかったんやけど。
ごまかし弾きは、オトナだからこその得意技☆
終わってから、舞台裏で観てた子供たちが
うわ〜って拍手してくれてたのが救いやったわ。。
さすがに子供にはええとこみせとかんと。ナメられたらアカンしなあ(笑)。

やっぱし、いろんなジャンルの音楽に触れることで
引き出しも広がるし、それが新たなパーソナリティとなっていくわけでして。
自分は、こういうスタイルを取っていく方がいいのかもしれない。
クラシックの名手になることは残念ながら今からではムリだけど
できる範囲で、引き出しは広げてみたいとおもう。

ところで。
かねてから、いつか2台ピアノで
モーツァルトの2台ピアノのためのソナタをやりたいねと話してたんですが
せっかくだし、2台のピアノで
ちょっと変わったクラシックのコンサートをやりましょうよ、と
お話してました。
ちょっと長期スパンだけど、クラシックは自分の音楽の出発点なので
ぜひぜひ、実現させてみたいな。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-29 02:53 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧