お笑い大好き。

ネットニュースで観たんだけど
三谷幸喜氏の生誕50周年記念企画で、
来年1年間で、映画にお芝居、ドラマに小説など
新作が合計7本も発表されるそうですね。
いや〜、これ、めっちゃうれしいです。ほんまに。
三谷さんのウイットに富んだ脚本演出、めっちゃ好きなんで
とても楽しみ。

ちなみに、僕の三谷作品との出会いは、中学2年生くらいだったでしょうか。
TVでやってた、「やっぱり猫が好き」でした。
この脚本の一部を、三谷さんがやってたんですよね。
当時は、脚本が誰、だなんてあまり気にしてなかったけど。。。
ちなみに、このドラマをきっかけに
私の小林聡美好きがスタートするわけであります。
てゆーか、中学生で小林聡美が好きだなんて人、周りにはほとんどおらんかったように思う。
もたいまさこのキャラと演技もかなり好きだった。。。
設定の細かさとか、ワンカットがめちゃめちゃ長いところが
すんごい新鮮でおもしろいな〜って思ってた。
オトナになってから観た作品では、「その場しのぎの男達」もなかなか印象に残っています。
確か6、7年前だったか。東京ヴォードビルショーがやった公演を観たんだが
なかなか見応えがありました。

ちなみに自分はお芝居、つうか
お笑いとかコメディが好きなわけですが。。

ちなみに中高生のころは
どちらかというと音楽はあんまり熱心に聴く方ではなくて
お笑いとかコメディが好きで、そっちのほうに熱心になってました。
同世代の関西人ならきっとわかってもらえるのかもしれませんが
「夢で逢えたら」「ごっつええ感じ」「テレビのツボ」
「マジっすか」「パペポTV」などなど。。
時代はバラバラですけど、80年代後半〜90年代前半の関西深夜枠は
相当イケてる時代だったように思います。
ちなみに中高生のころ好きだった芸人はといえば
TEAM ZERO、バッファロー吾郎、130R、リットン調査団、
あとはサバンナにFUJIWARAあたりでしょうか。
なんとなく、笑いの方向性にお察しがつくことかと思われます。
その辺の芸人が、
自分のお笑いの基礎体力かつ判断基準になっているといっても過言ではないでしょう。
シュールかつリスキーなお笑いを追究する芸人に惹かれる傾向アリ。
そういう意味で、この前NHKでみた、松本人志のコントMHKは
ここ最近のお笑い番組の中でも、会心の出来だったと思います。
ああいうお笑い、最近じゃとんと見かけなくなったなあと。
なにより、撮影現場スタッフのわざとらしい盛り上げの笑い声がないのがいい!
さいきんは、とんとテレビを観ないので
なんかおもろいお笑い番組(とくに深夜枠)あったら教えてほしいくらいです。
[PR]
by satton07 | 2010-10-30 01:25 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧