今年最後のライブを振り返ってみる。その1

というわけで、今晩は家にて夕飯をつくり
たっぷし食べたあと、お茶しながらまったり、、、更新しております。
にしても、今飲んでるこの紅茶、めっさうまいっすわ。
LUPICIAのPICCOLOっつう葉っぱ(と書くとなんとなく怪しげだな)ですが
冬場はコーヒーよりむしろ紅茶の方がええんでしょうかね。
カラダもあったまるし。
ほんま、ええ香りやわ〜。。。
今晩は、リッキー・リー・ジョーンズの「POP POP」を聴きながらの更新。
場末のバー的気分で(笑)
久しぶりに家でダラダラしています。


ところで、昨日は今年最後のライブ本番でした。
会場は、玉造にある、風まかせ人まかせというちっちゃな居酒屋さん。
気兼ねないフンイキで、顔見知りも多くて、ゆるい空気の中で
楽しいライブになりました。

とはいえ、体調的にはどうだったのかしら、ということで
それまでの1週間を振り返ってみると

月曜日はビールが美味いと中ジョッキを3、4杯。
火曜日は居酒屋でこれまたビール連発。
前の日の睡眠時間が3時間ちょっとなので、さすがに抑えてなんとか乗り切り
水曜はさすがに歌のレッスンもあったのでお酒はお休み。
木曜はイタリアンの食べられるカフェバーへ繰り出し
前菜盛り合わせの予想外な美味さに、思わずビールからワインへ移行。
結局フルボトルを空けてしまう。も、わりかし平気やった。。。
その次の日はイヴだってのに、客がほとんどいない和食屋で梅酒に舌鼓をうち
日本酒がなかなか美味いじゃないか、ということで、
熱燗2合で渋いクリスマスを過ごし
土曜は友達の結婚式で神戸のハーバーランドへ。さすがにお酒は控えめに。。。
そのまま夜は本町にでて別の飲み会。

という流れの体調でのこの日のライブでした。
その割に、ライブの日もビール飲むわ焼酎のお湯割り飲むわで
案外元気でした。
その反動でしょうか、今朝からノドが痛くて、典型的な風邪の初期症状です。
よかった、、、昨日じゃなくて。。
そういうもんなのかな。。

さてさて、前置きが長くなったのですが。
ここんとこ、ちゃんとライブの振り返りもできてなかったので
今年最後のライブくらいは、きちんと振り返っておこうとおもいます。

この日のライブは、2月におこなう、轟音ライブのカンパライブも兼ねたものでした。
出演したのは、僕がいま参加しているおおとバンドと
おおとバンド初期に関わっておられて、自分も一緒にしてたことのある、ジーンさん。
それと、僕でした。
もう一組、おられたんですが、風邪を引かれたとかで急遽降板。。
なんだか、懐かしい空気も漂う中でのライブ。
お客さんは、趣旨に興味を持ってくれたそれぞれの友達知り合いを中心に。
いわゆる商業的なライブからすると、ちっちゃいつながりに過ぎませんが
逆にそういう雰囲気がとてもいいなあ、というか
むしろこういうのを大事にしたいよなあ、というかそんなことも思いました。
少しずつだけど、
知らない人とももっとつながり広がっていけるようになれればなと思います。

そして、なによりも
轟音ライブのイベントの趣旨に賛同してくださって
当日、多くの方からカンパを頂戴することができました。。
感謝に堪えませぬ。。。。ありがとうございます。
おおきなうねりをつくるためには、ちいさなネットワークの積み重ねが大事。
義務でも義理でもなく、
内発的な思いから共感してくださった方々のあったかい声というのは
ホンマにありがたいものだと思います。

自分自身にとっては、今年最後の本番。
そして、久しぶりの歌もの。弾き語りでした。
今回は、選曲についても、いつもと違った視点から選びました。

というわけで、まずはこの日のワシのセットリスト。

1.Introduction(Piano Solo adlib)
2.Joyful,Joyful (Gospel song)
3.Oh,Susanna! (Traditional song)
4.宿はなし(くるり)
5.Hello,my friend (松任谷由実)
6.A song for you(Leon Russel)
7.Route 66 (Bobby Troup)

半分以上を洋楽ジャズ系で構成しました。
その分、多くの人が知ってそうなメロディを選んだという感じ、、、かな。
しかもオールカヴァーソング。オリジナルは無しにしました。
ジャズを選んだ時点で、ピアノの難易度は相当増すことになるので
そこに歌を乗っけるという意味での演奏レヴェルとしては
正直まだまだ課題も多いかなと感じたけど
いい意味で思い切れたし
将来的に考えたときに、これは出来そうだ、と掴むこともできたし
なにより、歌って演奏してて今までで一番気持ちよかった!

今年は1月に弾き語りのライブをさせてもらったのですが
そのときに、実は音源を聴いて、そのいけてなさにかなり凹んだのです。
春先に自分のオリジナル音源を久々に聴き直したときに、その凹みは最高潮に達しまして
以来、人前でオリジナルも含めた、歌を歌うということに
若干の抵抗を感じるようになっていたのでした。
まあ、でもその大きな一因は練習不足にあると感じていたし
練習することである程度は改善可能だ、と思っていたので
その分、人前で歌うことは控えてましたが、レッスンではがつがつ歌っていました。
洋楽の空気感をきちんと自分の中で腑に落としておきたかったから
邦楽はあえて選ばず、洋楽の曲を選んで、練習してたのでした。

そういう意味で、夏のeトコライブでも、歌を歌うのは最後まで抵抗がありました。
とはいえ、自分にとって
こんなメンバーが一気に揃う機会なんてほとんどないわけですし
その人たちの協力ででき上がった曲をやっぱり生演奏でやりたかったので
自分で弾き歌うことは避けて
ジーンさんやまつこふさんに伴奏いただいて
自分はボーカルに専念する、というスタイルを取らせていただきました。
おかげで、ボーカルのおもしろさを感じることも出来たし
それだけ、声にがっつり向かいあう時間もできたこともあって
これは、けっこう、その後の自分を考えるにあたっては
かなりいいヒントになりました。

と、こんなことを考えているうちに巡ってきたチャンスが、今回のライブ。
しかも、アップライトとはいえ生ピアノで弾き語れるというのは、
かなり大きなポイントでした。
自分の音楽を結構前から聴いてくれる友だちから
ジャズっぽい曲をやったら、ハマるんじゃないか?と言われてたこともあったし
自分も、ジャズっぽい曲なら、なんかできそう、というか
自分を一番最適化できる表現のカタチなんじゃないか、、って感じてたので
今回はあえてチャレンジしてみることにしたのでした。

ピアノのほうも、今年はジャズバンドをやったりして
そっち方面の音楽にどっぷり浸かっていたので
そういう意味でも、成果をまとめる、というか
新しい方向へとコマを進める第1歩になる、まさにいい機会でした。
そしてなにより、1年間のボイトレの成果をまとめるいい機会!

そういうわけで、今回は全体的にジャジーなアレンジにしてトライ。
とはいえ、実際の練習時間はかなり限られたものとなったうえに
選曲には、最後の最後まで悩みました。

1曲目の「Joyful,Joyful」は、当初から決めていたレパートリーでした。
原曲みたいなゴスペルテイストには歌えないので
かなりスローテンポで、ブラック臭さを取り除いて
どっちかというと、ケイコ・リーみたいな感じの雰囲気にしてみました。
2曲目「Oh,Susanna」は、フォスターの曲。教科書にも出てくる歌。
ジェームス・テイラーがカバーしてるんですが、これがかなりいい感じで
そのアレンジをヒントに、コード構成を大幅改造。
たぶん、一番ジャズ的な響きの曲だったと思う。
スローな部分とハイテンポな部分を繰り返す2部構成。
これも、あまり今までやったことのないアプローチ。
この曲は、もうちょっと深めてみたいかな。。
3、4曲目は日本語曲で。
「宿はなし」は、くるりの曲で、以前からぜひやってみたかった楽曲。
去年の秋にライブイベントで聴いて以来、好きになった曲です。
かなりフォーキーな曲調で、歌詞の言葉遣いも非常に美しくて
日本語の歌を歌いたい、と思ったときに、じゃあ、やっぱりこれかな、、ってことで。
オリジナルはギターサウンドですが
今回は、ピアノ1本、キーも半音下げて、しっとり語るようなアレンジに。
「Hello,my friend」はある意味思い出の楽曲。
以前おおとバンドでやっていた曲。
オリジナルのアレンジは、普通に普通かなあ、と思っていたんだけど
今年の秋、ハナレグミがライブでギター一本でカバーしているのを聴いて
これはいい!と思い、自分でもやってみようと思った次第。
歌詞のせつなさが際立ったアレンジだったので
ピアノ一本でもけっこういいんじゃないかな、と思って。。。
これも、もう少し練習してみようかな、とおもいます。
「A song for you」は、今回の選曲で唯一、ボイトレで練習していた曲。
ボイトレでやった曲を1曲くらいやろうかな、と思っていたのですが
今日の雰囲気に合わないかな、とかいろいろあって
結局最初はやるつもりではなかったんですが
歌ってるうちに、この場の雰囲気やこれまでのことなんかを思うと
なんとなく、いま、歌いたくなったので
最初にやろうと思っていた曲を入れ替えて、この曲を歌うことにした。
ちょっと歌いすぎたかな、、とも思わなくはないけれど
この曲も、もう少しピアノと歌を固めて
今後のレパートリーにしてもよいかな、と。。
で、ラストは、一番難しかった「Route 66」。
綾戸智恵のアレンジがめちゃくちゃかっこよくて
ビバップをやりたい、って思い立ち
ムリ覚悟でやることにしました。
コードはスリーコードだけど
ピアノはとにかくベースラインゆうか左手命っ!みたいな曲なので
リズムキープしながらスイングさせながらそれでいて歌うのは
なかなかにエキサイティングでした。
練習量の割にはできたかなあ、という感じだけど
もっともっと完成度を高めたい、とも思ったかな。
盛り上がれる曲だし、この曲は、今後なにがなんでもカタチにしたい。。。


って、、かなり長文になったので

続きます。。。
[PR]
by satton07 | 2010-12-27 23:46 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧