きた〜っ

b0024020_0461879.jpg


先週購入した、エレピ・KORG SP-170sが到着しました。
バンドにせよソロにせよ、ピアノででるステージが多くて
結局のところ、いま一番必要なのはシンセではなくてエレピであることに
ようやく気づき(笑)
持ち運びしやすいエレピを探していました。
これまでは、家のマスターキーボードとして使っている
YAMAHA P-200を必要なときは運んでいたのですが
重量が32kgもあり、運ぶときけっこうたいへんやったし
もっと気軽に運びたいと思ったのが発端です。
運びやすいということと、
クラシックピアノを違和感なく弾けるタイプの鍵盤・音色が条件でした。
今持ってるP-200は、10年以上前のモデルにもかかわらず
鍵盤も音もしっかりしていて
十分いまでも使えるのですが
LIVE用を意識したつくりで
音色がどっちかというとポップスよりのブライトな音で
クラシックピアノの練習をするには少し違和感のある感じ。
鍵盤のアクションも、重量感があるんだけど
いわゆるグランドピアノのアクションとは微妙に違ってて
なんとなく、機械的な感じもいなめなく。。。
その辺は、古い機種独特な個性だともおもいます。
で、いくつか候補があったなかから
まつこふさんも使われてるということで、使い心地を聴いてみて
大推薦を受けまして、最終的に決定!
やはり、実際に使ってる人で
なおかつ、本格的にやってる人の声が一番頼りにもなりますしね♪
実をいうと、上位機種のSP-250とも迷っていました。
昔弾いたときの感触が、かなりよかったのですが
いかんせん、重量が20キロちかくあり
運搬の面でデメリットがあるので、やめました。


実際に使ってみて、いや、ほんまに大正解。
この安さでこの鍵盤アクションはありえへんでしょ。
あえて、クラシックの曲を何曲かやってみたけど
かなり生ピアノ弾いてる感覚に近くて、手も疲れない!
スピーカーがちと弱めなのが気になるけど
家でやることを思えばまあ許せる範囲。
LIVEでは外部出力するわけだし。
アクションはちょっと浅いめで、なんとなくスタインウェイに近いかも。
JAZZやPOPSもやってみたけど、なかなかいい感じです。
知ってる人は知ってる、つうか
キーボード弾きの間ではけっこう有名な話ですが
KORGのピアノはかなり質がよろしいのです。
音色がクリアで、バンドでもアンサンブルに埋もれないので
バンド演奏向きとも言えるかも。
音抜けもいいし。
けど、鍵盤もここまでいいとは正直思わなかったですね。
しかも、かなりの低価格でここまでやるとは。。
X50のときもそうやったけど
やるなあ、KORG。
[PR]
by satton07 | 2011-06-17 00:47 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧