最近よく聴くCD

さいきん、CDのレビューをあんまり書いてませんが
それなりにいろいろ聴いてはおります。
そんな中から印象に残ったものをいくつかご紹介してみようかと。。

☆HAUSCHKA「Foreign Landscapes」
いきなりマニアックなセレクト。ごめんなすって。
ドイツかどっかの現代音楽やってるアーティストです。
ピアノに特殊な加工をして、独特な音がなるように改造された
プリペアドピアノを用いた楽曲集。
プリペアドピアノといえば、現代音楽の巨匠、ジョン・ケージが有名やけど
まさに、そういう音楽が好きならきっとハマるんじゃないでしょか。
現代音楽とはいえ、かなり聴きやすいと思います。
メロディックではなくて、むしろ不協和音多用の音楽ですが
かなり構造的におもしろく、なおかつ感覚で聴くとかなりおもしろい。
弦カルテット+クラリネットやピアノといった編成。
クラシック好きならぜひって感じ。


☆Brent Cash「How will I know if I'm wake」
アメリカの若手シンガーソングライター、Brent Cashのデビュー作。
元町のちっちゃなCD屋でみっけたんですが
試聴して、あ、これはいいぞ、ってことで即買い。
バートバカラック、ロジャー・ニコルス、ニック・デ・カロ、トッド・ラングレン、といった
ソフトロックの巨匠たちに影響を受けた、ポップでオシャレなサウンド。
かなり洗練されて、作り込まれたアレンジ/オーケストレーションは
まさにわたしのココロに直球ストライク☆
60s〜70sのポップスが好きな方なら
きっとツボにハマるサウンドじゃないかと思います。
1曲めの「Everything That's Grey」なんかにみられる
メロディーの運びかたから転調のしかたから
もうまさにロジャー・ニコルスの王道的なアレンジの展開で
思わずニヤリとしてしまいます。
ドライブミュージックとしても最適。


☆トクマルシューゴ「Port Entropy」
実は今年もフジロックに参戦することにしたのですが
そのフジロックにも出演する、トクマルシューゴ。
こちらはこちらで、不思議で独特なカワイイトイポップの世界。
どことなくオリエントな雰囲気も醸し出しつつ
トイポップのサウンドって、ここ何年かのエレクトロのトレンドなんですかねえ。
よう耳にするんですが。
そんな時代のエッセンスも含みつつの、ユニークなサウンドです。
けっこう、クセになる系かも。。


☆レキシ「レキツ」
SUPER BUTTER DOGのキーボーディスト、池田貴史のソロユニット。
これは最強でした。
歴史マニアな池田氏が、さまざまな歴史事象を歌にしたというおもろい作品。
いわゆる企画ものにしては、出来すぎなくらいのハイクオリティさ。
ゲストに椎名林檎、カジヒデキ、安藤裕子など豪華な面々を迎えているんだが
その配置のしかたもこれがまた絶妙なハマり方!
詞とサウンド、で、詞の世界観と歴史の史実がみごとにシンクロしてて
歴史好きな人なら間違いなく抱腹絶倒。
これは自信を持ってオススメできるかも。
とにかく、すばらしいです。
ぜひ、オススメ。
[PR]
by satton07 | 2011-06-27 23:49 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧