FUJI ROCK FESTIVAL 2011@苗場スキー場

というわけで、ちょっと遅いけども
Twitterでつぶやきまくってたけども
ことしのフジの記録をば。。

7/29(金)
DAD MOM GOD
大橋トリオ
サニーデイ・サービス
atomic cafe talk
ソウルフラワー・アコースティック・パルチザン
SAM MOORE
COLDPLAY

1日目はゆるーい感じ。
行きたいなと決めてた大橋トリオとサニーデイ、ソウルフラワー、COLDPLAY以外は
その時の感じでふらりと寄って、気になったところへ。
大橋トリオは初めて生で観たけど、すごいいいですね。
フォーキーでかつジャジー、古き良き洋楽!ってかんじ。
サニーデイはマジ懐かしかった!と、感じた同年代の人々も多かったはず!
学生の頃によく聴いてたりラジオでかかってた曲をたくさんやってくれました。
名盤「東京」からの選曲が多かったようにおもいます。
以前の記事でも書きましたが、ソウルフラワーはなんといってもアンパンマン!
これ、かなりよかったっす。アコパルやからkeyはリクオさんやろかと思ったら
奥野真哉さんでした。アコパルだかユニオンだかわからんね(笑)。
いや、でも、奥野さんの鍵盤を聴いたのは、何年か前のイベントで
Bonnie Pinkのバックでピアノ弾いてた以来なんで、なんか久しぶりでした。
いいピアノ弾かはるよなあ。。。
意外によかったのがSAM MOORE。めっちゃ有名人らしいのに、知りませんでした、わし。
本人の味のあるボーカルもよかったし
バックのホーンセクションがとにかくかっこよかった♪
今年のフジ、ホーンセクションを従えたバンドがことのほか多かったように思います。

7/30(土)
clammbon
WU LYF
ハナレグミ
岡林信康
Todd Rundgren
DIGITALISM

この日も比較的ゆったりしたペースで。
メインはクラムボンにハナレグミ、んでトッドラングレン!
いずれもかなり納得度の高いパフォーマンスでござんした。
クラムボンは、最後に亡きレイ・ハラカミ氏へ捧げる一曲を。
ちょうどこの日が、告別式の日だったんですよね。
曇り空だったんですが、歌声がどこまでも空高いところへ伸びていくような感じで
不思議な感覚でした。
目を閉じながら、静かにこころのなかで合掌。
ハナレグミは、かなりノリのいいステージ!
実のところ、アルバム「音タイム」はよく聴くものの
そんなに熱心に聴きまくるほうではなかったのですが
最近なんとなく聴きたくなって、いろいろ聴くようになり
気がつけば知らん間にけっこう曲がわかるようになってるのがおもしろいっすね。
岡林さんは途中から、ちらりと横で眺める感じで観てました。
MCに余裕といい意味での開き直りを感じました。
けっこうストイックに歌う方なんかなと思ってましたが
ステージは意外と気さくな雰囲気でした。けど、一言一言には
ちらほらと重みがあるという感じ。
いまの日本に必要なのは、しょうもない屁理屈やない〜!火事場のクソ力や〜!と
叫んではりました。なるほど。。
で、トッドラングレン。さすが大御所。存在感ぶりぶりに出てました。
けっこうロックな人なんですね。でもやっぱし美メロな人ですね。
Something/Anythingが好きでよく聴いてるんですが
知らない曲が多い中で、
「Couldn't I Just Tell You」と「I Saw The Light」はかなり嬉しかったっす。
好きな曲なんでね。
トッドを終えて、次のステージまでの道が激混みだったため
結局DIGITALISMは途中からちらっと観ておしまい。。
ま、しゃあない。これもまたフジ。


7/31(日)
ハンバートハンバート
SHUGO TOKUMARU
MANNISH BOYS
加藤登紀子
YMO
The Chemical Brothers
くるり
TOWA TEI

ラストはフェイバリットなステージのオンパレード。
ハンバートハンバート。初めてナマで観ましたが、やっぱりいいです。
楽曲がいい!すてきな歌がおおいですね。途中から晴れて来たし。
トクマルシューゴも初めての鑑賞。
あの不思議なトイポップサウンドをどうやって再現するんだろう、って思ってたら
なんとまあ、トイピアノにピアニカ、アコーディオン、パーカッションで
見事に再現。
しかもトクマル氏のギターが半端なくウマいぞ!
変拍子の応酬にも見事に対応。けっこう、びっくりしました。
小山田圭吾を彷彿とさせるルックスといい声といい
やっぱし、少なからず影響を受けているんかなとおもいます。
MANNISH BOYSは斉藤和義の別名ユニット。
atomic cafeつう、原子力を考えるイベントでのライブだったので
当然、YouTubeで物議をかもしたあの曲もやってくれましたね。
さらに過激な替え歌に会場も異様な盛り上がり。
賛否両論でしょうけど、自分はアリだとおもいますね。
これを思想表現の自由と呼ばずして、なにを思想表現の自由と呼ぶのでしょうね。
そのテンションで、加藤登紀子さんのステージに。
正直なところ、ほかにみたいのがなかったので、なんとなく、行ってみるかと思って
行ってみたステージだったんですが
ツイートでも述べた通り、かなりいいステージでした。
政治的なメッセージやしめっぽいメッセージを含んだ音楽は
どこか斜に構えてたフシがあるんですが
このステージはものすごくココロに沁みました。
加藤登紀子さんという人だったから、そう思ったのかもしれませんし
いまを生きる、ということのたいせつさや
自分たちの穏やかな幸せを脅かす存在への妥協なき抵抗を、というメッセージが
自分のなかで最近感じるココロの流れとシンクロしたからかもしれません。
内面的な刺激、という面では一番いいステージだったし
偶然でもここに居合わせられたことに感謝したいところだ。
、、という流れでのYMOですから、テンションは否が応でも高まります。
静かだけども、存在感のあるオープニング。
非常にクールなステージ。
往年の名曲も軒並みアレンジを変えて登場。
個人的に大好きな「千のナイフ」や「Behind the Mask」「TAISO」は
もう涙ものでしたねえ。
「TAISO」では
教授のメガホンによる「けいれんの運動〜!」もしっかりありましたし。
なんといっても、この日のスペシャルは、メンバーサポートで
目立たずにバックで演奏していた3人でしょう。
小山田圭吾(Gt)に権藤知彦(Horn sec.)、クリスチャン・フェネス(Gt)
もうワシにとっては
ある意味メインメンバーと同じくらいに鼻血もののメンツ!!
知らない方のためにもうちょっと解説を加えますと
小山田さん→言わずと知れたコーネリアス/フリッパーズギター
権藤さん→ユキヒロさんのユニット「pupa」のメンバー
フェネスさん→Fennesz名義でエレクトロ界で活躍のギタリスト様
2011年仕様にブラッシュアップされたYMOのサウンドに
若さと生っぽい音が加わって
電子楽器と生演奏が溶け込んだ絶妙な手触り感の音楽になってました。
こんな感じで、ファンにとってはよだれものなステージでしたが
初めての人にとったら、すこし物足りない感があったのかもしれません。
そしてこれまたそのままのテンションで、ケミカル!
ステージの真ん前で観よう、ということになり
前から数列目のところでスタンディング。
1時間強でしょうか。踊りまくり。テンションあがります。
テクノ特有の不思議な高揚感とトリップ感。音楽ってある意味危険ですね。
踊りすぎて心地よく疲れたあと、ダメもとでくるりのステージに。
入場制限しかれてて、ステージの中には入れなかったけど
ステージの外から見えたので、そこで半分くらい鑑賞。
人数増えて、サウンドがまた変わりましたね。
より豊潤であったかくなった感じ。
ラストは同じ場所でテイ・トウワ。
この人のREMIX、けっこう好きなので、観られてよかった。
クラブ状態の会場で、ステージの半分以上、踊ってましたけど。


ことしは、レインポンチョやリュック、レインハットに長ぐつなど
観戦グッズも気合い入れて買いそろえてたので
去年よりも快適に観ることができました。
要領もだんだんわかってきたし。
なにより、音楽が好きならこれほど楽しめるイベントもないのでは?
大自然に囲まれて、雨に降られようとも
それはそれでなかなか気持ちがよいし
また行きたい!
けど、けっこうお金もかかるので、悩ましいところでもあります、ね。
[PR]
by satton07 | 2011-08-13 00:53 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧