光陰矢のごとし!?

あたらしい仕事の担当になって2週間ちょっと。

職場をめぐる状況もいろいろありながら
10月1日付けで、昇任の辞令をもらうことになったのでした。

今度の仕事は、自分がいままで取り組んできた
社会教育にかかわるしごとではなくなるので
いままでの仕事の専門性を活かせる職場かというと
なかなか難しいところではあります。
ただ、ノウハウを活かすという点では、なにかできそうなこともいろいろありますし
仕事のなかに、教育的な視点を入れるという意味で
この仕事をする自分のアイデンティティがあるのかな、ととらえて
なるべく前向きに考えるようにはしております(オトナになったな、わし。笑)。

とりあえず、毎日が矢のように過ぎていきます。
次から次へと問い合わせや照会、説明を求められたりで
反射神経だけはずいぶん鍛えられてる気がします(苦笑)。
とりあえず、「すいません」「申し訳ございません」だけはやたらと増えた気がする。
立場上しゃあないとしても、よくないね。

責任が増す分だけ、発言権もちょっとだけ増すのは、うれしいかな。
今までだったら通らなかったことも
それなりにちゃんとした説明をしたら、話が上がっていくし。

とにかく、熟慮する時間をつくるために、
事務処理速度を普段の3倍増でやってます。
音楽やってて、アレンジとかする時もそうなんですが
限られた時間のなかで
楽曲の構成、展開、狙いをどう深く落とし込んで具現化するのかが重要であって
それをじっくり考える時間がどれだけ取れるかが勝負だと考えています。
実際の打ち込み作業や機械の操作というのはそのための手段なので
ある意味、それはいかに手早く、効率的に、ストレスなくこなすことができるかに
かかっていると思います。
納得のいく作品を限られた時間で仕上げようと思うと
まず大事なことは、考える時間を確保するところにあるんじゃないか、と思うわけです。
なので、作業が手早く効率的に進められるような環境整備や、技量を養うことに
労は決して惜しまないようにしています。
そういう意味では、スムーズに楽譜を理解できる力とか
コード感をつかむ力とか
基礎的な音感なりソルフェージュは、必要な力なんだなと改めて思います。
なにかに本気で取り組むならば、
その分野にかかわる基礎体力って、やっぱし重要なんやと思う。
仕事でもきっと同じなんだろうな。
一応の、自分なりの考え方というか、こだわりでもあります。
そういう努力は怠らないでいこう、と
気を引き締めるのでした。。。

それなりに大変な時間ですが
自分には、これまでの活動も総括する意味で
将来具体的にやってみたいことがあるので
そのための準備というか修業だとおもって、がんばることにしています。

ま、気長にいきます☆
[PR]
by satton07 | 2011-10-18 23:36 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧