いやー、すごい!

バドミントン女子ダブルス、銀メダル☆
途中いろいろとややこしいこともありましたが、
決勝戦はまさに善戦!久しぶりにテレビ観て感動しました。

今でこそ音楽ばっかりやってますが
実は高校生の頃、バドミントン部でした。
ゆうても、そんなにうまくはなかったですが
先輩、同級生ともに気長につきあってくれたおかげで
唯一、ちゃんとできるスポーツになりました(笑)。
他の団体競技と違って取っ付きやすかったことと
球技ではなかったし
中学校にはあまりない部活だったので
自分にも違和感なくやってみようと思えるスポーツだったのでした。
実際やってみたら、これがものすごい難しかったんですが。。。

けど、シャトルをそこそこ打てるようになってきて
ラリーができるようになってきてからは、かなりハマってゆき
朝練したり、放課後に学校から離れた体育館へわざわざ練習しにいったりと
けっこう熱心に練習するようになりました。

とはいえ、当時バドミントンはオリンピックの正式種目になったところ。
巷では卓球以上にマイナーなスポーツでした。
なにせ、バミントンと言われては
公園で遊ぶような感覚の捉えられた方だったようにおもいます。
部活も、女子が圧倒的に多く、男子のバド部は
女子バド部の付属品みたいな感じになってましたし。
今思えばけっこう、ナメられてたように思いますね。。
実際、あまり堂々とひとに言うことはなかったですし。
テレビ中継も、オリンピックなんかは平日の昼間に放送されてたらいい方で
そういう意味で
今回、これだけ注目を浴びて、ニュースで何回も報道されて
スポーツとしてのバドミントンにあまり関心のなかった人々が
こぞって決勝戦を観て
しかも卓球の放送押しのけてまで、決勝戦の中継をやるなんて(笑)
なんだか感無量、、、です。

自分自身も、オリンピックもさることながら、スポーツ中継って
基本的に積極的に観ない方ですが
唯一、観戦のしかたがわかるスポーツということもあって
今回は、遅くまで起きてずっと観ていました。
第2ゲームギリギリのあの攻防は、ほんまにすごかったですね。
攻めの中国に、どこまでも食い下がって相手のミスを誘おうとする日本ペア。
すごいのひとことでした。

解説してた、日本バドミントン協会の銭谷欽治さんも、感動してはりましたが
銭谷さんといえば、月刊バドミントンかなにかで、昔
試合運びのテクニックだかなにかの特集のインタビューの記事を読んだことがあり
なんか懐かしい名前だなーと思いながらみてました。

バドミントンをここまで一般的に知らしめたフジカキペアに
ほんま、ありがとうといいたいですね。
[PR]
by satton07 | 2012-08-05 19:43 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧