ピアノの試弾にいってきました

b0024020_18482512.jpg


家の打ち合わせの後、松屋町にあるピアノサロンへ。
引っ越したら、ピアノを置こうと思っていて
実家からピアノを持ってくるつもりでいて
いずれは買い替えたいと思っていたのですが
いっそのこと、
このタイミングで新調したらいいのでは、という動きも手伝って
ちょっと本気でいろいろ探すようになりました。

新しい家には、当初グランドピアノを置きたいなあと考えていて
ある意味小さな頃からのあこがれでもあったわけで
ちょっとずつ貯金もしておったのです。
けど、現実的なハナシ、家のリノベが進むにつれて
一軒家とはいえ近所への防音対策を考えると
予算内ではカバーしきれない!

新しい家には、小さいながらもオープンスペースのような部分を設けていて
ここにピアノを置いて、コンサートまでは大きなことができなくても
軒先ミニサロン、みたいな感じなことをしたいと思っているのです。
で、そこにピアノを置くことにしてるのですが
そこにグランドピアノを置くと、けっこう窮屈な感じになってしまって
せっかくのスペースがちょっと狭くなってしまうし
逆にピアノがかわいそうでは?という感じでもあり
はてどうしたものか、と思っていたのでした。

けど、それなりに弾き応えのあるピアノが欲しいし
曲がりなりにも長いことピアノやってたら、
イメージした音色をしっかり出せるような楽器も欲しくなるものです。
、、、などと思っていた折に教えてもらったのが、
ヨーロッパ製のアップライトピアノでした。
国産の標準的なグランドピアノを買う価格帯で
国産グランドよりもはるかに多彩な音が出せるよ、とのこと。
ピアノといえばアップライトよりも
断然グランド、という感覚がどこかあって
ホンマかいな、というのが当初のイメージでした。
アップライトというと、どうしてもグランドのおまけみたいなイメージで
どうしても、スペースが狭いから、
コンパクトに、というイメージだけが先行してて
自分なぞもそう思ったりしてたのですが
ある意味、日本人独特な感覚なのかもしれません。
もともとは、ホールではない、小さな部屋やサロンで
一番きれいに響き、聞こえるように開発されたもの。
つまりグランドとアップライトは
同じピアノに見えても、その用途目的は全く異なるものってことです。
ある意味、違う楽器と考えてもいいのかもしれません。
そういうことも聞きつつ
その場所その雰囲気にあった楽器を選びたいなと思ったのも理由の一つ。

というわけで、ネットで調べて気になっていた、
松屋町にあるピアノプラッツさんを訪ねました。
ここは、ドイツのメーカー、ベヒシュタインの製品を主に扱っているお店。
ベヒシュタイン(以下ベヒ)は、
スタインウェイ、ベーゼンドルファーと並んで
世界の3大ピアノブランド。
リストやドビュッシーが愛用したことでも有名なブランド。
ここが他の2社と違うのは、
アップライトピアノの開発から始まった会社なので
グランドもさることながら、アップライトにかなり強いブランドです。
調べるまで、正直あんまりよく知らなかったのですが
実際に弾いてみて、とにかく衝撃でした。
グランドもアップライトも、両方弾かせてもらいましたが
全体的にクリアなトーンながら、
こちらの弾きっぷりを忠実に再現してくれます。
いい意味でも悪い意味でも、弾き手に素直なピアノ。
繊細に弾けば繊細に聞こえ、手を抜いて弾けば手を抜いて聞こえる。
アップライトには正直度肝を抜かれました。
ベヒのアップライトを弾く前に、
国産のグランドピアノを弾かせてもらったのですが
鍵盤の打鍵や迫力感はグランドにはさすがに及ばないものの
音色やその表現力では、決して劣らず、というか
むしろ、勝ってるんじゃない!?って感想。
ベヒのアカデミーA3、classic118、コンサート8、
ベヒのサードブランド、
ホフマンのエントリーモデルの4台を弾いてみましたが
どれも素晴らしい。。。
エントリーモデルですら、YAMAHAのC2レベルの音色を
ゆうに抜いてるように感じました。
ちなみに一番大きいコンサート8は、中古品ながらもその存在感は恐ろしく
打鍵感覚はグランドピアノとほぼ同じ。
フジ子・ヘミングさんも家で使ってるピアノだそうで
これなら、グランドピアノいらずだよね、って感じ。
この日弾いた中で一番気に入ったのはclassic118。
音色と見た目のバランスが一番とれていました。
音色の幅がとにかく広い。いくら弾いてても飽きない。
見た目もアンティークで自分好みだし
これはかなり要チェック。
ちなみに、2週間後には新たに
classic118の直系にあたる、12nという
40年前くらいの中古モデルが入ってくるらしく
それも一度試弾させてもらえることになりました。

みんなに好いてもらえて
なにより、これからのピアノ人生の相方でもあるので
じっくりと、選んでいきたいもんです。
[PR]
by satton07 | 2013-03-31 19:38 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧