#022 槇原敬之「Such a lovely place」

b0024020_0561158.jpgひさしぶりにこのアルバム聴いたら
「ああ、何をやってもどんなことがあっても
結局は自分自身になるのね」という気分になった。
意味わかりませんか。
アルバムのコンセプトとは違う方向に行ってると思うけど
結局はそういうことなんだと思うんだけど。



ところでこのアルバムの曲はどれも好きなんだけど、あんまり聴くことはなかった。
聴くと、このアルバムを買った頃のことを思い出して
なんとなくせつなーくなるので。
まあ早い話が当時つきあっていた人と別れたわけですな。
何で米朝口調やねん、というツッコミはおいといて
T-5:「手をつないで帰ろ」なんて聴いた日にゃあもうゲキチン。
マッキー、どこで隠れて見とってん!!て感じ。
これって海遊館が舞台になってるらしい。
そんな話を聞かされたら余計にブルーになって
当時はとても聴けたもんじゃなかった。
まあ、今となってはまさにT-1:「うたたね」でいうと
まさに「あの時の出来事をなんと呼ぼうか〜♪」てな気分なんだが。


それでも、T-10:「足音」とT-11:「Such a lovely place」の2曲には
何度も励まされたものだ。
そんな解釈もまたひとつの聴き方なんだろうけども
何年か経って久しぶりに通して聴いてみたら
ちょっと聞こえ方が変わっていた。
歌詞をパクるなら、つまりは「そこには、愛はあるのか??」ということ。
今いる場所、かつていた場所、これからいるであろう場所。
誰かに対してとか、自分自身に対してとか
モノに対してとか、シゴトに対してとか、
いろんな取り方ができるんだと思うけど
何に対しても、「愛情」を持って接することができているのかどうか。
ただアタマをナデナデするようなことじゃなくて
相手にとってよりよい方法を考えることができているのかどうか。
それって誰のためって、結局は自分のためだったりするのよね。
そう思うと、ムダなものなんて一つもないなあ、と。
すべては関係ないんじゃなくて、どこかでつながっているねん。
自分にとって今が「愛すべき毎日」になっているんかどうか。
そんなことを考えたら
しゃんとせな!という気持ちになったのでありました。
[PR]
by satton07 | 2005-03-02 00:23 | ウチのCD棚 | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧