自分のピアノを伝えるということ

ピアノを教える機会に恵まれた。
教える、というより、伝えるというほうが合ってるかもしれない。
今日は、その初回だった。
今年になって手伝い始めた、絵本に音楽をつけるとりくみのなかで
ピアノを担当している自分がなにかと忙しくなり、なかなか都合がとれないこともあり
それならばと、メンバーのひとりに、即興演奏のしかたを伝えて
自分がいなくても、活動ができるようにしよう、となったのがきっかけだった。

とはいえ、これは同時に以前からずっとやってみたかったことでもあったので
ひょんなかたちで実現することになったのだ。

即興演奏、といっても幅広くて
その場の空気で音をつくったり、絵本のストーリーに合った音を
その都度その場で作曲して弾くこともあるし
あたえられたコードに対してその場でメロディーをつける、ということもあるが
ひとまずは、即興演奏の土台のひとつになるであろう
コードのみで歌の伴奏をさまざまなアレンジでできるようになることを目標に
始めてみることになりました。
3コードを理解できるということだったので
それをもとに、転回形和音のつなぎ方や、リズムパターンを変えて
いろいろなコード進行を実際に弾きながら練習。
初めこそ戸惑っておられたものの、1時間もすれば随分慣れてきて
ブギのリズムで簡単なセッションができるまでになった。
基本のリズムを練習しながら
ところどころで、ブルーノートやキメのフレーズや、エンディングの持って行き方なんかを
ちらほらと伝えたら、どんどん伴奏がかっこよくなっていく。
そういうのを実感してもらえたようで、よかったなとおもう。

今日のレッスンをするために、テキストをこしらえたのだが
いままでの自分の演奏をふりかえって、
どうやって自分はコード演奏を身につけていったのかを振り返りながら、
それを書き起こしていく作業だった。
それは、なかなかにおもしろい作業で
振り返ってみると、自分自身は、理論ではなく、身体的な感覚で身に付けてきたものが
あとでそれらが理論として肉付けされていったということがよくわかった。
自分の場合、レッスンに関してはあまり理論に終始するのではなくて
まずは身体的な感覚でおぼえるなかで、少しずつその幅を広げて
それを体系化する理論をおぼえていってほしいなと思っている。
今日レッスンした仲間は、その方向が合ってもらえたようで、
次のステップが見えてくる形で終えることができた。

いまはまだ伝える側も手探りだけれど
いずれは、幼稚園や保育所の先生などの、子どもに直接かかわるひとたちに、
こんなスキルをどんどん伝えてみたいなと思っている。
子どもの好きな曲や、自分の好きな曲を、
ピアノを使って自由自在に楽しめるような先生が増えたら
子どもたちの音楽への敷居が少しは下がるのかなーと思ったりもする。

そんなことを思う今日この頃。

[PR]
by satton07 | 2014-07-28 00:03 | 音楽活動


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧