物思いにふける夜 - 2004年01月25日(日)

今日、起きたら吹雪いていた。
うっすら白く雪化粧。大阪では珍しいよね。

そんな寒い中ではありましたが
本日は、長坂憲道カルテットのコンサートへ行ってきたのである。
知らない方のために(って、たぶんほとんどの人が知らないと思う)
説明すると、
この人、アコーディオン奏者。
ぼくがアコーディオンを始めようと思い、ネットでいろいろ下調べしていたときに
この人のサイトを見つけて、ずいぶんと参考にさせてもらったのです。
そのサイトでこの人のデモ演奏を聴いて
「一回ナマで聴いてみたいな〜」と思っていたんです。
で、いっろ〜んな縁があって、本日実現したというわけです。

内容は、もうとってもすばらしかったっす。
昔幼稚園の教室か何かだったところが会場だったんだけど
あったかみのある空間で、聴く人と演奏する人の距離も比較的近い。
その場の雰囲気で音楽が選ばれていき、たのしい空間ができていく。
えーなー、こういうの。
自分もこういうところで演奏したいよ〜、というキモチが
むらむらとわいてきたっす。
アコーディオンもピアノも、もっともっと上手くなりたいな〜と
素朴にそう思えたコンサート。

んで、その後は高校時代のクラブの親友と再会。
ひさしぶりに、意味のある飲み会だった。
別に皮肉とかそういうのでなく、素朴にそう思った。

30年近くも生きていたら
それぞれいろんな生き方になっていた。
それぞれそれなりにおとなになったけど、それぞれの生き方はどれも
あのころに話していた気持ちや価値観(てゆーのかな)からは
基本的にはズレていないことを、再認識。

いろんな回り道とか
挫折とか
失敗とか
きっとぼくらは
そういうものが一般的な人よりも、多少多かったりもするんだろうけど
それぞれ、その人らしい生き方で
その人らしいアプローチで
あのころに話していた目に見えない理想とかあこがれとか
そういうものに近づいていこうとしているような、そんな気がした。
そんなことを思いながら、最後に言った「また会おう」という言葉が
「それまで、またがんばろう」というメッセージに思えて
ちょっと元気になったsattonでござんした。


いろんな生き方があるんだけど
それを選ぶのは、当たり前だが結局は自分自身だ。
周りのアドバイスも、文句も、時には指導も
物事を決めていくにはとても大切なことだし
それが進むきっかけになることだってある。
けど、一番大切なことは、
自分で出した結論や、方向について
ほんとに自分自身が納得できているかどうかということだ。

失敗や挫折だってたくさんある。
たまに、そんな出来事たちに変に足を引っ張られることもある。
けど、それと同時に
そんな経験があるからこそ今の自分がいるのも事実だ。
むしろ、そんな出来事と向き合って
何を学ぶか、その方が大切なことに違いない。


なんだか書き留めておきたかったので
ついついとりとめもなく書いてしまった。
さ、今週もがんばろう。
[PR]
by satton07 | 2004-09-11 23:03 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧