べんり〜 - 2004年03月02日(火)

いつの日だったか、写譜にハマっているということを書いたが
その後もけっこうハマっていて、何曲か手書きで書いている。
んが、さすがに吹奏楽やオーケストラのアレンジをしようと思ったら
さすがに根気のいる作業である。
手書きの味も捨てがたいんだが、仕事しながら音楽創るのはけっこう
時間との闘いだったりもする。

廉価版の楽譜作成ソフトを持っているには持っているのだが
MacOS9.1版から生産を中止しちゃったので
実質使えなくなってしまうし
う〜ん、どうしたもんかな〜、と
2か月くらい悩んでいたのだが

意を決して先週、清水の舞台から飛び降りた。

そんな我が家にやってきたあたらしいアイテムとは
Sibeliusというソフトである。
今の日本では、ちょっとばかしマニアックなソフトである。
楽譜作成といえば普通はFinaleというソフトが主流である。
DTPでいうところのクオークみたいなもんである。
Sibeliusはヨーロッパ生まれのソフトで
去年の夏、日本に上陸したところなのである。
日本国内のユーザーもまだ少なく
そういう意味ではまだまだ便利とは言えないのであるが。

んが、そんなデメリットを覚悟してまで購入したのには
それなりの理由がある。
それは、操作性である。
このソフト、音楽家が開発したソフトだけあって
かゆいところにホントに手の届いたつくりになっているのだ。
今、勉強もかねて曲を入力しているのだが
ワープロで文章を打ち込むような速さで譜面をつくることができるのも
その魅力のひとつ。
ほぼすべての操作がキーボードのみでできるのである。
しかもとても分かりやすいショートカット(これポイント)。
デモ版で試した時、あまりの便利さに「ぉおぅ〜」と腰がくだけたものである。

再生機能も非常によくできていて
表情を自動的につけてくれたり、音楽記号もきちんと読み取って
演奏してくれるのだ。
そうそう。こういうソフトを探していたのよ。

あとは、無料で演奏機能付きの楽譜を公開できたり
インターネット上で出版できたりするのもポイント。
モチ、無料の閲覧ソフトをダウンロードしてもらったら
みなさんの家のパソコンでも、特別に何も接続しなくとも
ぼくのつくった曲を聴いてもらったり
演奏してもらったりできるというわけですね。
こいつは便利ですよー。

意を決して飛び降りただけあって
かなりすばらしい買い物をしましたが
おサイフの方は見事に撃沈されました。
どこで帳尻あわせよっかなー(涙)。
[PR]
by satton07 | 2004-09-11 23:12 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧