続・大地讃頌 - 2004年04月05日(月)

以前取り上げた「大地讃頌」についてだが
とある友人からメールをいただいたり
ちょっと気になることもいろいろあったのでその後調べてみた。
それをふまえた上で、恥ずかしながらぼくもちょっと勘違いしてたみたいです。
ごめんなさい。

以前の日記のみでは、誤解を生みかねないと思うので
あのハナシについて、ここでもう少し書いておこうと思います。

ことの発端はジャズバンド「PE'Z」が著作権使用料も支払った上で
「大地〜」にジャズアレンジを加えて発売したことがきっかけです。
営利目的使用に関しては問題がないということらしい。
んじゃ、何が問題になったかというと
作曲者の佐藤眞・東京芸大教授が
「編曲権および同一性保持権の侵害に当たる」として
東京地裁にCDの発売停止を求めたこと。

編曲権の侵害の主張とは、彼らのアレンジは「大地〜」そのものの演奏ではなく
勝手に編曲を加えたという主張。
また、同一性保持権とは「作品を勝手に改編されない権利」のことである。
つまりは「他人の作品を勝手にアレンジしてはならない」ということです。

今回作曲者の佐藤さんは
ジャズアレンジした「大地〜」は勝手にアレンジされたもので
「大地〜」ではない!と言っておられるそうです。

ところでここには、2つの疑問があると思っています。
ひとつは、なぜ「発売して」からこんなトラブルになったのか。
表層に出ていることのみですべてを判断するのは難しいですが
少なくとも、レコード会社は事前に編曲に関して
作曲者と協議する場を持たなかったのでしょうか?
そもそも佐藤さんは自身の楽曲の編曲を認めていなかったそうです。
協議があれば、事前に発売を見送るなりなんなりの措置がとれたはずです。
少なくとも発売してからこんなトラブルになるとは考えにくいと思うのです。
なにより、演奏したPE'Zが気の毒だ。


そしてもう一つ。
それは「クラシック」と「ポピュラー」の思考の決定的な違い。
楽譜を重んじるクラシックの世界と
あくまで自由な表現を認めるポピュラーの世界の価値観の違いなんじゃないかと
考えています。

クラシック音楽は発想記号はもちろん、細部の音符まで、
譜面を厳格に再現することが基本です。
すべての音符とその和音の組み合わせに対して、深い意味があります。
作曲技法にも一定のルールがあります。
使ってはいけない和音。使ってはいけないメロディの動き。
その昔ドビュッシーは、使ってはいけない和音を使いまくり
大論争になったというエピソードもあります。

アドリブはあり得ない世界です。
同じメロディでも和音をリハモナイズしたり
構成を変えてしまったりしたら、それは元の曲ではなくなってしまう。
自分の意図したものとは違うものが出回るのはいかがなものか、というのが
おそらく作曲者の主張なのではないでしょうか。
そういう意味でも今回のケースでは、
作曲者が作品に対して相当な「こだわり」を持っているような気がします。
当然といえば当然です。
まあ、でもそれはそれでわかるような気もします。

けど、けどですね。

ここからは個人的な意見なんですけど
クラシックにせよポピュラーにせよ、
音楽にはさまざまな楽しみ方があるはずです。
譜面を徹底的に追及するクラシックの考え方も面白いと思うし
自分の感じるままに自由に音を展開していくポピュラーやジャズの
考え方もぼくは好きです。
どちらかを選ぶことなんてできない。
作者をバカにするのでもなく、ただその音楽を「イイ」と感じるのならば
基本的にその表現は自由であるべきだと思います。
あとは作者がどのように捉えるかだけ。

そういう意味でぼくは基本的にはPE'Zと同じような考えです。
クラシックだろうとジャズだろうとポピュラーだろうと
イイと感じた音楽はその音楽そのものを追求してみたいとも思うし
時には自分なりの言葉で表現してみたいとも思う。

でないと星条旗なんてアレンジしないし
吹奏楽の曲をピアノ用に作り替えようなんて思いません。

けど、それを望まないひともいるということです。
スーザが果たしてどう思っているかは
あの世にでも行かない限りわかりませんが。

ちなみに
もし自分のオリジナルの曲を誰かが別バージョンでアレンジしてくれるなら
勝手に使われることもなければ、喜んでやってもらうけどね。

みなさんは、どう思いますか??
[PR]
by satton07 | 2004-09-11 23:22 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧