距離感 - 2004年05月24日(月)

それにしても「オレンジデイズ」はさわやかである。
見ようかどうか悩んだのだが
柴咲コウの誘惑に敗れ結局見てしまっている。
結局はまってやんの。
アホやなー自分。
今週は思いのほか展開が早かったような気が。
もうちょっと永井大で引っぱると思ったんだが。


それはさておき
ホント「さておき」って感じだが
あらゆる空間において、
他者との「距離感」を意識することは大切なことだなーと思っている。

他者との距離感が測れないから
平気な顔して車内で携帯で大声で会話できたり
子どもが電車内で暴れていても知らん顔できる親がいたり
ちょっとその親に視線をやってみたら
「ほら、あそこのおじさん(おじさん、て。それもどやねんって話だが)が
怒るからやめなさい」とか言えるんだろう。

べつにこれはこう言うハナシだけではなくて
日常生活のいろんなところにあてはまるものだと思ってるわけです。

社会生活を気持ちよく送る上で
この「距離感」がアタマにあるのかないのかが、
かんなり重要なポイントだとぼくは思うのである。
空気感とも言い換えられるかもしれん。
「返しようのないオヤジギャグ」が最たる例であると思われるが
発する言葉の選び方やタイミング、気遣い方、ウソの付き方、
はたまたふさわしいギャグなどは
この「距離感」を感じることで決まっているんだと思っている。
てゆーか、知らん間に自然とそうしていたりするものなんだろうが。
いやいや、これを意識しているかどうかが大事なんでは、って話である。

人間関係のストレスやこじれは
この「距離感」がうまく取れないことからくるんじゃないか、って最近思う。
ぼくも現在、あらゆる場でのふさわしい距離感を模索し続ける、
進化途中のヒト科ヒト属ヒトであるので
大それたことはよう言わないが
う〜ん、でもやっぱりそんな気がするのである。

ちなみに、実家が近いしわざわざ一人暮らしをする必要もなかったのに
あえて僕が一人暮らしに踏み切ったのも、同じ理由である。
家族との距離感を確かめるためである。
「ちかすぎる」ことのデメリットとメリットを
1年近く経って改めて感じるものである。
過去何人もの人々に一人暮らしをした真意を聞かれたが
いちいち説明するのが面倒なのでごまかしたりしてたけど
結局はそういうことなのである。

そんなこと書いてたらハイもう1時半です。
おやすみなさいませ。
[PR]
by satton07 | 2004-09-11 23:35 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧