「君の名は。」 

どうもFacebookに移行してからの数年、こちらの投稿が滞ってしまい、いけませんねえ。
ひろく読んでもらえて、なおかつじっくり文章も書けるツールなので
ボチボチとでも、またこっちに軸足を置いて戻って来れたらと思っておりまする。

というわけで、つい先週ですかね。
久しぶりに映画を観に行きました。新海誠の最新作「君の那覇」。もとい「君の名は。」。

いやあ、、めっちゃよかった。前評判通りって感じ。

じつはかれこれ10年近く前に、これいいよって友達から貸してもらった
「彼女と彼女の猫」「ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」
いわゆる初期の3作を観て、その映像美とストーリー性にすっかり魅了されてしまいました。
その間、作品を見てない時期があったんですが
ひさしぶりにこの人の作品に触れて、
やっぱりすげえなあ、というか
さらにグレードアップしてるよなあ、と感心しきりでした。

この作品もそうでしたが
個人的に新海誠の作品の好きなところは
リアリティとファンタジーが見事に両立されている点かなと思っています。
時間軸が複雑に移動したり、現実と仮想が同列で語られたりするので
何度か観ないとわからない部分もあったりするけれど
全体のストーリーとして眺めると、みごとに筋が通っているところなど
みごとだなあ、と思います。
あと、ファンタジーをよりリアルに見せるための演出としての(と、自分は思っているんだが)
緻密すぎるくらいの風景描写と、細かい日常描写が圧巻です。
なかでも、わたしたちが普段目にしながら、なんとなく流しているような
細かい部分の描写。
たとえば、道路の標識、道ばたの広告、電車の車体番号、LED表示の案内板とか。
なかでも鉄道風景の描写は細か過ぎるやろ!ってくらいのこだわりを感じる。
細かい部分にこだわればこだわるほど、ファンタジー部分のリアリティがより増すって感じ。
そういう作り込み方が、個人的に好みだったりします。

観終わったあとに、なんか自分の創作意欲をくすぐられるような感触でしたー。
RADWIMPSの音楽もマッチしていました。
けど、やっぱし、新海映画といえば天門さんのリリカルなピアノの劇伴が
自分は好みかなあとも思いつつ。
けど、この映画に関して言えば、RADWIMPSの音楽がバッチリフィットしていると思います。
映像と音楽を同時に作っていったのかな、と思わせるくらいに
一体感のある映像と音でした。

もう1回観ようかどうか悩み中。。。
てか、過去の作品も観たいなあと。
「秒速5センチメートル」。名作らしいが、まだ観てないので。。
[PR]
by satton07 | 2016-10-26 01:29 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧