月に一度の・・・

近畿地方も梅雨入りとな。
朝からすごい雨が降っていた。
そんな雨の中、今日は朝から月に1度の音楽ボランティアのため
御堂筋線を縦断して、一路吹田まで。

しごとがけっこう忙しかったりするときは
どっちかというと寝ていたいな〜、という気持ちも正直ある。
けど、実際行くと得るものも多いし
なにより、毎回子どもが楽しみに待ってくれているというのが大きい、かも。
必要とされている、というか
待ってくれているひとがいるというのは、なかなか悪い気分じゃない、ね。

とか書きつつ、実際に活動すると
あんなこと言わなかったらよかった〜、とか
うわっ、なんかちょっとひかれてるかも〜、とか
いろいろ詮索してしまったり
いまいち読めない子どもの行動に気づけない自分に対して
へこまされることもあるんだが
最後に「また来てな〜!」と言う声を聞きながら
あ、なんだかんだ言いつつ、結局あれはそれぞれ楽しんでいたのね、という
あたらしい発見の繰り返し。

午前と午後で2回、別のグループの活動に参加しているんだが
年齢構成もばらばら、
午前中はおもに養護学校の中・高等部の子どもが中心。
午後は4〜6歳児。
午後の子どもはほんまにかわいい。
正直一直線な感じ。
ただ、かなり元気なため
広い部屋を一緒に駆け回ったりして、いい大人にはけっこうな運動量だったりする。
さすがに中・高等部になると
だいぶませてくるのか、ちょっと取り巻きから距離をおいて
様子をうかがうような子どももいる。
あと、なかなかこころの内が読めないね〜。
全然参加もしようとしなかった子どもが
ある時はものすごく楽しそうに取り組んでいたり
そうかと思うと次の回ではまったく知らんぷりだったり。
いっしょに楽器やる?とか言っても「いやじゃ」とか言って反抗してみる子どももいる。
とか言いつつみんなで楽器ならしてるときには
ものすごくこっちの様子を気にしている。
ホントは楽器をならしたいらしい。
すなおになれない年頃・・・?。

これだけいろんな子どもがいると
ひとの発達とか成長、というものを目の当たりにできて
けっこう興味深い。
で、それぞれの子どもの様子をみていたら
それぞれいろんなことを考えているらしく、
そういうふうにみると、とてもおもしろいもんなのね、とも思う。
とくに幼児は月ごとの成長が目に見えて早い。
前の月は落ち着いて話が聞けなかった子どもが
次の月に「お話きいてなあ」と言うと
きちんと座ることができるようになっていたり
ちゃんと音の雰囲気を読んでリズム打ちができるようになっていたりする。

最初は、自分の好きな音楽を活かそうと思って始めたボランティアだったけれど
はじめてみると、けっこうそういう面がおもろいやん、と思うようになって
今日に至っている。
もっといろんな子どもと出会ってみたいもんだな〜。
[PR]
by satton07 | 2005-06-11 20:54 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧