#041 小曽根真&塩谷哲「Duet」(小曽根盤・塩谷盤)

b0024020_2393357.jpgb0024020_23958100.jpg2月に大阪ブルーノートでやったライブ盤。
この日をどれだけ心待ちにしたことか。
ちなみにこの日のライブであっしがどれだけ感銘を受けたかは、ここ参照。
小曽根氏と塩谷氏がそれぞれのレーベルから同時にリリース。
曲目はかぶってるけどすべて違うテイクというサービスっぷり。



これ聴いてると、鍵盤もないのに手が勝手にリズム取り出すくらいにヤバイ。
スーパーテクニシャンがコンビを組むと
こんなにすごいサウンドができあがっちゃうのね、とただただ感動。
おたがい尊敬しあってるというこのおふたり。
音楽をこよなく愛しているというオーラがスピーカーからも十分に伝わってくる。
そして、なんて音楽の引き出しが多い人たちなんだろう。
だからこそ紡ぎ出すことのできる自由で幅広い音楽。
クラシカルでありジャジーであり、ときにパーカッシブでときにメロディアス。
それぞれがまったくイヤミなく溶けあっている。
なんていうか、それまで培ってきたモノすべてが
音になって出てきている感じ、とでもいおうか。
自分が弾きたいピアノの理想型。
(だけど技術が追いつかん…)

今、聴きながらこれを書いているんだが
聴きながらゾクゾクするんよね。
次は何がおこるんやろ、って。
ものすごいかっこいいし。
ピアノを学ぶ中学生くらいにぜひ聴いてもらいたいCD、ですわな。
中学生と言わず、ピアノを弾く人なら一度は体験しておくべし。

ちなみに、2枚イッキに買うと
限定盤で8cmCDがついてくるんだが
そいつがまた渋い。
ピアノ弾きながら小曽根さんが塩谷さんにツッコミを入れます。
こういう和やかなムードが、ああいう音楽を生み出すのです。
なんか、またひとつ「これでええんやなあ」という確信が持てた、かも。


b0024020_23292462.jpg←これがそのボーナス盤。
欲しければ2枚イッキに買うように。
[PR]
by satton07 | 2005-09-25 23:35 | ウチのCD棚


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧