#051 槇原敬之「SELF PORTRAIT」

b0024020_15144671.jpg51枚目を選ぶにあたって
ちょっと方向変えてみようかな、とか、ちょっと変化球にしてみようかしら、とか
いろいろ考えたのですが
やはり次の50枚目の最初は、初心に帰るということで!
モロ直球で、シュミに走りますっ。
わたくしがこの人に完全にハマるきっかけとなった、このアルバムを。



このアルバムと自分の学生時代が完全にシンクロしてたので
なんといいますか、すべてが当時の生活や思いをそのまま反映しているような感じで。
好きだった人と初めてどっかに遊びに行くことになり
「君に会いに行く」を聴いてなんかああわかるなあ、って気持ちになったり
またある日は
好きだった人にふられて、
どうにかしてくれ〜でもどうにもならへん〜、って気分の時
「さみしいきもち」の

 あれから僕は相変わらずひとりだけど今は
 自分のことだけで精一杯です
 さみしい気持ちに負けそうで
 誰かを探していた頃のように今は弱くありません
 
 それでもさみしくなったら恋人だった君を思い出してるけど
 それくらいはゆるして

というくだりを聴いて何度大きくうなづいただろう。

そんなまさに等身大な日常を描いたすばらしい歌たちのなかで
いまだに自分のなかで心に残っている歌が
「SELF PORTRAIT」だ。
正確には、最近になって「ああ、そうやなあ」と実感するようになったというか。

 「らしくない」といわれると少し疲れるけど
 笑ってる方が自分でもいいと思う

 どう考えても昨日と今日の僕は違うから
 最高の笑顔見せるためにも がんばらなくちゃ

 大事なのは「戻りたい」と思うんじゃなくて
 あのころの記憶を大切に育てること

実際はなかなかうまくはいかないし
うまくいかないからこそ、やっぱりそうかも、と思う瞬間が
さいきんけっこう増えたように思う。


ところでこの中の「困っちゃうんだよなあ」も隠れてシブい。
なんていうか言葉のセンスがいいなあ、と。

 ぼくがコンパに出席このこと自体が
 革命的なんです真面目一筋なんです

って感じな歌なのですが
不器用な男っぷりがユニークな視点で描かれていて
ああわかるわかる、とうなづくのであります。
[PR]
by satton07 | 2005-10-23 15:13 | ウチのCD棚


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧