#065 ホロヴィッツ「世紀の名演奏家シリーズ・1」

b0024020_1321773.jpg今回はクラシック。「何でもありかい!」て感じだが
一応「いい音楽にジャンルは関係なし」をモットーとしております。
とにかく。タイトル通りにこの人はかなりのやり手だ。
やり手、というか超個性的。
クラシックピアノのCDをちょろっと聴いたことのある人なら、
「ええ、こんなんありなん!?」と度肝をぬかれる。そんな一枚。


2年前、「星条旗よ永遠なれ」をピアノ連弾に編曲したとき
参考音源で買ったのがこのCD。
というのも、このCDには
ピアノソロ用にホロヴィッツ自身が編曲した星条旗が収録されているのだ。
ピアノをあんまり知らない人にしてみたら
これから書く話は「あ、そう」くらいのものなんでしょうが
とにかくどう聴いても指があと5、6本ないと演奏できないでしょ、ってくらいの
派手なアレンジ。
メロディと対旋律がほぼ右手のみで繰り広げられる。
譜面におとしたら、大譜表+もう一段譜表がないと書ききれない音数。
それをいとも簡単に弾きこなすのが彼の演奏。

この人の音楽に初めて触れたのは意外?にも最近。
この人の音楽をひと言であらわすなら
うーん、まさに「オレ流」だろうか。
ピアノを独学で学んだ、とかそういう意味ではなくて
演奏の解釈とかそっちの意味において、である。
とりあえず初めて聴くと
低音のびっくりするような爆音と
高音の繊細な響きの対比にまず翻弄される。
けど、その対比バランスがひじょうにすばらしいのだ。

また、上にも書いたが
おそろしく超絶技巧の曲を
ものすごいスピードでさらっと弾きこなす。

独創的な解釈と恐ろしい超絶技巧の数々。
イメージ的には
のだめカンタービレ」における「のだめ」って感じだろうか。
あ、知らない方は本屋へどうぞ。漫画です。けっこうおもしろいから。
ちなみに件の漫画で「のだめ」こと野田恵が弾いてた
ショパンの「エチュード 作品10−4」とか
リストの「メフィスト・ワルツ 第1番」も収録されております。

ところで
この人のコンサートには伝説があって
一般の客に混じって、プロのピアニストが常連でごろごろ来てたらしい。
同業者に愛され、尊敬されるのって、なかなかすごいことだなあ、と思うんですが。
[PR]
by satton07 | 2005-12-05 01:32 | ウチのCD棚


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧