気になる2曲

最近アタマの中のBGMは
MISIAの「SEA OF DREAMS」と、スピッツの「魔法のコトバ」。
最近妙に気になる2曲。

あ~、ディズニーシーに行きたくなってきた(行ったことない)。
あ~、映画見たくなってきた(原作読んだことない)。



映画がどうなのかはまだ見てもないので何も書けないけれど
スピッツのあの主題歌は相当いいねぇ。
なんか、「青い車」とか「空も飛べるはず」みたく、初期のスピッツっぽい感じがする。
メロディがいいので、思わず口ずさんでしまうし。
きっと映画も、この歌のように、
せつなさのツボをチクチクと突かれるような内容なのかな。。。

MISIAのほうは、TSUTAYAでやたらと流れていて
それでおぼえた、という感じだ。
今までもそう思ってたけど
あ~やっぱMISIAって歌うめえなあ、と改めて認識。
壮大なアレンジメントに引けをとらない歌声。
この曲は、階段を一段一段上っていくように
曲の展開とともに転調を繰り返していくのがおもしろい。
この辺の発想が、いかにもディズニーのショウ音楽っぽくてよい。


ちなみにわたくし、転調が好きだっ!

なにもそんなに気合い入れて告白するようなことでもないが
転調に関してはある意味マニアかもしれない。
いろんなポップスの耳コピをしてた中学生のころ
刺激的ないろんな転調を耳にするうち
「転調」の快感にハマりはじめた。
はじめにハマッたのは、サビの繰り返しでキーが半音上がるパターン。
ポピュラーでは王道の手法だ。
自分で曲を作ってみるようになってからは、あらゆる転調を試した。
ちなみにコード理論って、数学っぽいところがある。
基本的には、ある一定の公式、というか約束事がある。
その約束事にのっとってさえいれば
極端な話、どんな調にも持っていくことができる。
ちょっと乱暴な例えになるが
たとえばa~dまで4つの調性があるとして
それぞれの調性がa→b→c→d という順序で
転調が許される(=最も耳になじむ和音の流れになる)とすれば
a→cは直接的には許されない(=耳には不自然な響きになる)としても
あいだにbの調性を入れることで、a→(b)→cという転調が可能になる。
ほら、そこはかとなく「理科系」な香りが漂ってきましたね。

話はそれたが
自分が一番好きな転調のかたちは、3度の平行調。
キーで言うと、Fメジャー→A(♭)メジャーとか、ね。
~C→F→B♭m7→E♭→A♭ とか
~C→F→G→A とか このあたりの流れ、好きかも。
この辺を語りだすと、日記で収まらなくなるのでこの辺で止めておくことにします。
(って、十分長いよ、とかつっこまないこと)


というわけで、半ば強引めに締めくくる
最近気になる2曲でした(苦笑)。
[PR]
by satton07 | 2006-07-28 22:03 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧