いつか行ければ

中学生の頃から、地理が好きだった。
授業中は、先生の話も聞かずに
地図帳を開いては妄想で旅をしたり
小さな国を見つけてはそこの首都は、とか
おもな輸出物は、とか
人口密度は、とか
GDPは、とか
そんなことを調べたがる
当時から、なんとなくマニア的な見方をする中学生だった。

そんなことはさておき
日本地理を勉強したときに
日本の領土ってやつにものすごく興味が惹かれた。
とくに、日本の東西南北それぞれの端ってやつ。
ちなみに北端は択捉島、南端は沖ノ鳥島、東端は南鳥島、西端は与那国島。
その遠さを例えるのに先生の口から出た「絶海の孤島」という言葉に
なんだかよくわからないが妙にエキサイティングな響きがした。
そして、いつかその「絶海の孤島」とやらに行ってみたいかも、
などと妄想したものである。
ちなみに、実際にその4つにいけるのかどうかと言えば

(1)択捉島→なんつったってロシア領。行けるのか??てか観光では無理らしい。
(2)沖ノ鳥島→島どころか岩のため上陸すら不可能。
(3)南鳥島→ちゃんとした島だが、一般人は上陸禁止。
       気象庁か海上保安庁か自衛隊に入らないと行けないらしい。
(4)与那国島→唯一ヒトが住んでいて上陸できる島。普通に行けそう。

個人的には、南鳥島に行ってみたいなあ、と。
なんたって、日本海溝の東側に位置しており
地質学上、ユーラシアプレートに乗っかっている日本国土では唯一、
太平洋プレートに乗っかっている島。
また、日本国内だというのに気候区分はこれまた唯一
亜熱帯性のサバナ気候というのも
地理マニアには興味そそられるところ。
雨季と乾季があるのですね〜。
独自の進化を遂げた生物相にも相当興味あるし。

ところがこの島、前述のとおり
気象庁の観測施設や自衛隊の発着場などの施設しかなく
一般人は立ち入り禁止になっているそう。
上陸するためには、気象庁なり自衛隊などの職員になって
しかるべき配属先にならない限りは行けないってこと。
はぁ〜、せつない!
というわけで、Google earthでちょっとリアルになった妄想トラベルで
代償しておくこととしよう・・・。

とかいろいろ書いてるけど、いつか行ってみたいところは
そんな話もあって
南鳥島に一番近いと思われる、小笠原諸島。
通称「東洋のガラパゴス」。
生態学のさわりあたり、ちょびっとかじってた人間にとっては
そこそこに興味惹かれる響き。
「絶海の孤島」気分もそこそこ味わいつつ。

なんて思いついたのが今頃なので
今年行くのは難しそう。
なんといっても片道25時間で、しかも東京発着。
ちょっと本格的に海外旅行行くつもりで日程組まないといけないし
しかも近場の海外旅行より金がかかるので
ちょっと二の足を踏んでいたのだが
社会人6年目。そこそこお金も出せるようになってきたし
休みさえ目処がつけば
近々行ってみたいかも、まじで。


*南鳥島については、こちらを。妄想観光情報がなかなかいい感じ。
[PR]
by satton07 | 2006-08-09 00:27 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧