#105 KAN「遥かなるまわり道の向こうで」

b0024020_0273983.jpgKAN「遥かなるまわり道の向こうで」

発売:2006/8/30
Zetima records ¥3,150
(邦楽:ポップス)



ついに出た。ホントに出た。KANのニューアルバム。
4年半振り、かあ。
というわけで、早速買って聴きこんでいる。
全体をざっと聞いてみて
「KREMLINMAN」や「TIGERSONGWRITER」を彷彿させるような感じ。
うーん、さすがポップス職人だ。
シリアスからおふざけまで、バランスのいい選曲。
アレンジの作りこみ方もひじょうに自分好み。

ところでこのアルバム、
ぼくの個人的見解ではものすごい名盤・・・と、思うのですが
ひっじょうにオーラを感じさせないのがポイント。
普通、大物アーティストの出すアルバムと言えば
それなりに華があるというか、何かしら大物のもつオーラが漂うもんだが
このアルバムに関して言えば、そういうものはほとんど感じさせない。
いやいや、この人のアルバム聞くたびずっと思ってたんだけど
このアルバムは、特に強くそう思うんですよね〜。
さりげなく、どこにでもいるような感じで佇んでいる歌たち。
けど、一曲一曲に込められたこだわりと愛着は並ではないぞこれは。

歌詞も、味わい深いものが多くて
相変わらずな感じが好きだ。
このアルバムを聴きながら
たぶん、これから先
この人の音楽がもっと好きになるような予感がした。
もちろん、これまでもいいなあと思っていたけど
自分のこころの中で、こんな気持ちがわかりたいなあ、というより
わかるときがひょっとしたらもうすぐそこまで来てるのかな、とか
そんな歳になりつつあるんだなあ、とか
そんなことを思ったので。。。


 時代は流れ 形勢も変わりゆき 真実は問われるもの
 答え索るように繰り返し弧を描く 小舟大河に浮く如く

 また風は吹き 木々はなぎ倒され 水うねるように迫る
 それこそに耐え 限られた時空に
 身を昇華させ踏ん張るのだ ろうそくの灯のように
         (Tr.07「遥かなるまわり道の向こうで」)

このアルバムでいちばん好きなフレーズ。
この歌の詞の展開のしかたが、かなりお気に入り。
さあ、気になるならば
実際CDを手に入れて聴いて確かめるべし!

浜田省吾へのオマージュである作品やら
いかにもポールマッカートニーっぽい作品やら
いかにもビリージョエルっぽい作品やら
ポピュラー音楽というやつが好きな人なら、けっこう楽しめるアルバム。
(というのは、この人の他のアルバムでも一緒だけど。。。)
逆に、知らない人にとっては
「なんかいい歌やな」って感じなのかもしれないけれど、それでOK。
実際いい歌だと思うので。

今回は、久しぶりにCDコンポでこのアルバムを聴いている。
パソコンに取り込んで、iPodで聴くのも楽しいんだけど
今回は、曲間や音質、曲順も含めて
アルバムそのものを味わってみようと思ったので・・・。
[PR]
by satton07 | 2006-08-31 00:27 | ウチのCD棚 | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧