#122 スピッツ「インディゴ地平線」

b0024020_1432547.jpgスピッツ「インディゴ地平線」


発売:1996/10/23
¥3,000 ポリドール


スピッツ全作制覇第2弾。
スピッツの人気と世界観を決定づけたと言われるこのアルバム。
実際きちんと聴いたのは初めてなんだが
このアルバム、多分以前にどこかで聴いたことあるぞ。
多分、誰かの車のカーステレオとかそんな感じかな。

実際聴いてみての感想。
うん、確かにいい。
全曲の構成上のバランスもいいし
どの曲をシングルカットしても良さそうな佳曲揃い。
「夕陽が笑う、君も笑う」から
「チェリー」へとつながるあたり、好きだなー。
デビューアルバムほどのインパクトは感じなかったけど
アルバムとしてのクオリティの高さはピカイチだ。

詞もステキだなー。
印象的なフレーズがたくさんあった。
なかでも「初恋クレイジー」の
”優しくなれない時も優しくされない時も
隠れた空は 青いだろう 今のまま”
というフレーズは、とくに好きだ。
たぶんこの曲聴いたことがあると思うんだが
すっかり忘れてしまっている。
ハタチの頃に聴いていたであろう自分と較べたら
きっと聞こえ方や感じ方はかなり違っているだろう。
あのころの自分ならば、
きっとこの曲の直接的なテーマでもって聴いていたと思う。
ずっと好きだよ〜、っていうまっしぐらで熱い思い、みたいな。
けど、いまの自分はどっちかというと
ちょっと違った温度でこの部分が聞こえてくる。
ずっと前から変わらない気持ちがあって
それさえ持っていれば大丈夫さっ、という
そんなメッセージめいたものが感じられて
ものすごい気に入っている。
かたちは変われど
視点を変えたら結局同じことだったりするのかな。
たぶん、次コピーするならこの曲(笑)。

「花泥棒」の二面性がある視点もお気に入り。
「ナナへの気持ち」もなかなか。

あまりマニアックすぎず
かといってすぐに飽きず何回も聴きたくなるような、そんなアルバム。
傑作といわれる所以がなんとなく、わかる。




ちなみにおまけ。
KANの「世界で一番好きな人」のカップリングに入っている
「チェリー」のカバー。これがなかなか楽しめる。
KANはアレンジに当たって、
「チェリー」が収録されたこのアルバムを聴きこんだらしい。
で、アルバム収録全曲の印象的なフレーズを
コラージュしたアレンジを作っている。
なので、「インディゴ地平線」聴いてからこのアレンジ聴くと
かなりおもしろい。
確かに全曲からフレーズがチョイスされている。
「ハヤテ」や「花泥棒」のコラージュのしかたはさすが。
「虹を越えて」「バニーガール」のハメ込み方は、ちょっと笑った。
あまりにも、しれっとはめ込まれてたので。
さて、何曲見つけられるか
スピッツ好きな人は、シングル買ってぜひトライ!
ついでに、油断してたら
これまたしれっとはめ込まれたKANの「まゆみ」を
聞き流すことになるので要注意。


b0024020_1415154.jpg
KAN「世界でいちばん好きな人」

Upfront Zetima Records
¥1,050
[PR]
by satton07 | 2007-01-20 01:42 | ウチのCD棚


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧