君を待つ。

 そこには四季があり それこそが美しさで
 ぼくはここでこうして君を待つ

 春には花のように それもまたたおやかさで
 竦み見とれるうちに花落ちる

 低く重たく 雨つづき
 君沈みうつ日は離れず 窺う

 冷たく白く 長い冬
 君枯れぬようにただ手をとりあたたむ

 やがて雪は解けて 流れるまま春が来る
 やっと君は小さくつぼみつく


KANの歌でも自分内トップを争うほどに好きなうただ。
この歌詞のセンスあたりから
「愛は勝つ」が、KANのいち部分であり
軽いノリで作られた量産的な歌ではないことがわかるのではないでしょうか。
KANちゃんが一発屋だと思ってる人がいるならば
ぜひ他のアルバムも聴いてみてー。


んー。
どーなるのかわかんないけど
とりあえず、自分の気持ちを信じて待つこととしよう。
そーなのです。
追うのではなく、待つのです。
[PR]
by satton07 | 2007-02-14 02:15 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧