夏になるとなぜか聴きたくなる曲

槇原敬之の「pool」と、Natural highの「夏の夜空」。

ちょっと涼しげで、しっとりとした夏って感じの曲。
後者はあんまり知られてないかもしれないが
温度感や風景、匂いも伝わってきて
この季節になると、いつもふと聴きたくなる。


 夕暮れ間近の街を抜け出し 二人の秘密の場所へ急ぐ
 見せたい眺めがあるから早くと手を引いた
 あなたに会える気がして
 何年ぶりに登る坂道 突然響く音に振り返る

 夏の夜空を彩る花火が 闇をつらぬき あの日を呼び醒ます
 八月のこの日は二人一緒に 毎年ここで花火を見ようねと誓った

 夏の夜空を彩る花火が 闇をつらぬき あの日を呼び醒ます
 この場所で二人で見た見た花火を 忘れはしない
 あなたは幸せでいますか

 変わりゆく時の中で変わらないものなど何ひとつないのね
 
 この場所で二人でみた花火を 忘れはしない
 忘れない 忘れない

                         (「夏の夜空」)



 プールの監視員が よそ見をしている
 本当の夏は そっちの方に見えますか

 誘う水に誰も見向きもしない
 まるで水着を濡らさないように してるみたい

 準備体操もろくにしないまま
 誰よりも先に飛び込んだ 16のときのガールフレンド

 君にもう一度 会いたいな
 氷いちごの真っ赤な舌で笑ってた
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

 指をさしながら 笑った後で
 ちゃんと僕に泳ぎ方を教えてくれた

 おもちゃ屋の軒先に 並ぶ花火
 こづかいが足りなくて諦めたやつも 今は買えるくらいにはなった

 君にもう一度 会いたいな
 案外違う苗字になっていたりして
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

 はやくおいでよって笑う声と水音が
 あわてて脱いだシャツに集まったんだ
 時間が止まればいいと思った

 君にもう一度 会いたいな
 氷いちごの真っ赤な舌で笑ってた
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

                     (「pool」)

「pool」は、詞の展開のしかたが好きだ。
言葉とともに、ふわっと昔の記憶の世界へ導かれていくような感覚。
言葉の選び方も、いいよね。
「氷いちご」とか「こづかいが足りなくて」とか

あと、言葉の端々に感じる、おとなとしての「陰」の部分。
いいおとなになったものの、これでいいのかな、と感じる
自信のなさ、とでも言うのかな。
「買えるくらいにはなった」とか、特にそうだよねって
この曲を聴いたバンドの友だちと話していた。

「はやくおいでよ」から「時間が止まれば」のくだりは
一番好きなフレーズだ。
こんなにきゅっとくる表現はそうそう書けないよねー。


そんな魅力を「夏の夜空」にも感じるのですよ。
こっちはかなりシンプルな詞だけど
想像をめぐらせるだけのすき間のある表現。
昔のことを思い出している、という前提でもって
「毎年ここで花火を見ようねと誓った」って書いてくるあたりが、もう。。。


べつに寂しいとかそういうわけじゃないんだけど
こういう夏も、嫌いじゃないなあ、って。
[PR]
by satton07 | 2007-07-07 01:31 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧