Logic。

完全シュミな記事ですまそん。

ぼくがいま使っている音楽制作ツール。
最近Macを買い換えて、もっっっっそい快適に動くようになった。
ここ何日かは、わけあって
いつになく真剣に音楽を作っている。
公開は、、、んー、なぜか微妙なんですけど
まあ、公開できるときが来たら聞いてもらえたらいいかな。。。

いまのバージョンは7.3(だったっけ)。



b0024020_1291060.jpg


↑メイン画面。
楽譜で言うとスコアみたいなものかな。
画面上で縦に並んでるのがそれぞれのパート。
パート毎の四角い帯のボックスが、楽譜で言う音符にあたる。
鍵盤を弾くと小節(拍)単位で録音(書き込み)ができる。
こえやギターなんかも
録音すると同じような感じでこのボックスができていく。

ちなみにこの曲は
リズムパートを6つに分けて打ち込んでいる。
後でミックスして各楽器にエフェクトをかけたり
パン(位相)を整える際に便利なのです。
ヘッドフォンで聴いたとき、シンバルが左から聞こえて
タムが左から右へ広がって聞こえたり、というのは
こういう仕掛けになっておるわけですな。
ここまで分けたのは実は初めて(汗)。
リズムパートは緻密にすればするほど
かなり質が上がるようです。あたりまえか。


b0024020_201528.jpg

↑マトリックスエディタ。
上半分は、五線譜を記号化して縦に並べたもの。
横軸は時間になる。
楽譜に慣れてると最初は相当戸惑うが
慣れてしまうと、こっちの方が相当便利。
色の付いたのが各音符。
横の長さの違いは、音符の長さの違い。
微妙な音符の長さの修正や、ノリを遅らせたり突っ込ませたりするときは
ここを使って音符の棒を横にいじったり長さを変えたりして編集する。






b0024020_1454526.jpg


↑一応、楽譜の表示機能もついてます。
実際はあんまり使っていない。。。
けど、見た目がひじょうに美しいっっ!
Logicは楽譜作成機能がかなり充実していて
クラシック系から宅録に入った人には
けっこうありがたかったりもする。
ただ、楽譜画面からデータの編集するのは相当面倒なので
滅多にやらないけど。


b0024020_142588.jpg


↑トラックミキサー
いわゆるミキサー卓。
データの入力が仕上がったら
実際に聴きながらここのフェーダーを調節してミックスする。
リバーブやコーラスなんかのエフェクトもここで調整できる。
トラックダウンする機能もついている。
マウスで操作するってのが、なんとなく物足りないけど
まあそれはしかたない。



買った当初はバージョンが4.8だったが
現在は7.3(だったはず)。
6.0だかその辺でWindows版を廃止して
Macintosh版一本にしたんですよ。
あえてこう踏み切った心意気が、好きだったりする。
てか、当初作ってた会社がAppleの傘下になったのがきっかけだったはず。。。
というわけで、現在はAppleの純正ソフト。
Appkeの製品になってから、デザインもよりスタイリッシュになった。
環境設定もラクチンになったし〜♪
なにより、ちゃんとした日本語マニュアルがあるのが嬉しい☆
(ちなみにこのソフト、もともとドイツ製)
買った当初は、マジでヘボヘボ翻訳マニュアルだったんですよ。
びっくりするような文法で溢れかえってたし。
[PR]
by satton07 | 2007-07-20 01:13 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧