いろんなことばを みにまといたい

b0024020_13231224.jpg



辞書を買った。
たぶん高校生の時に古語辞典を買って以来?
国語辞典に至っては中学1年のときにもらって以来。

最近、ぼちぼちと本を読むようになってからは
わからないことばや表現はインターネットで調べていた。


そのうち、もっといろんなことばや
自分にしっくりくるようなことばを知りたいよね、
なんて思い始めて
そういう希望を叶えるには
インターネット辞書はあまりにも無駄がなくて便利すぎる。と思った。
そう。かつては辞書を辞書としてではなく
ひまつぶしの雑誌感覚で読んでいた
ちょっと痛いインテリ風味な少年だったのだ。
なんつったって
中高生のころは「新詳高等地図帳(帝国書院)」と「旺文社標準国語辞典」が
退屈な授業時間の愛読書でしたから。
その魅力については後で語ることとして
やはり、今の自分に必要なことはまさに
辞書を読むという無駄な行為のなかにあるのだ、という
なんだかよくわからない確信めいたものもあって
思い切って辞書を新調することにした。

というわけで本屋へ。
大辞林とか大辞泉とかいろいろあるけど
うーん、どれもどれだなあ、と沈思黙考。
で、結局
辞書に名前を書いておく必要がないよね、っていうことで広辞苑に決定。
・・・というプロセスで一応悩む用意はしていたんですけど
実際は選択の余地もなく広辞苑オンリー。
てゆっか、最初から広辞苑買うつもりだったんだけどー。
そのまんまでなく、それでいてあからさまに
自分の名前を明示してくれているというのに
ここで広辞苑を買わないでどうする、という
半ば脅迫めいた、内なるささやきに誘われるまま
購入にいたったというわけであります。ほほ。


広辞苑の魅力については
KANちゃんも自身のサイトでめいっぱい語っていて
今回自分も購入に至った影響を存分に及ぼしてくれたわけですが
すごーくわかるよぉ。

確かにことばを調べるだけの目的なら
インターネットやら電子辞書のほうがはるかに便利なのです。
だからきっと、今後も必要に応じて使い続けることでしょう。
けど、そこにはムダな「あそび」がないのだよ。
たとえばさ。
知らないことばを調べようとして
その横に載ってることばに「へえ、こんな意味だったのね」と納得して
そしたらこのことばってどんな意味なんだろ、とか思って
そこからことばの意味しりとり状態になっていったり、
そもそも知らないことばを調べようとして
そういえばあのことばの意味は?って思い出して
なかなか本題のことばの意味にたどりつかなかったり。
なんつうか、そういう「ムダ」が好きなの。
仕事上時間がなく
結果を求めることを一番に考えないといけないときにはムダなんだけど
こころを耕すにはムダどころかかなり有用なので
買ってきて、さっそく「ことばの旅」を楽しんでおります。
こうやって調べまくったことばも
3日くらい経ったら忘れちゃってるってのもまた一興(笑)。

けど、あらためてことばと向き合ってみたら
日常なにげなく使っていても
「そういやこのことばの意味は?」って気になることばが
たくさんあるものですねえ。
だって、いまこうやって文章書いてる中でも
既に数回辞書引いちゃってますもの(笑)。
「有用」とか「一興」とか「あからさまに」とか。


辞書の旅、なかなかおもしろくってよ。
日本語って豊かな言語だなあって、なんとなく再認識できます。

それにしても。
ことばのことを書いてるのに
なんだかこの文章、文法的にはツッコミ放題だよね(苦笑)。
ま、いいけどぉ。
[PR]
by satton07 | 2007-08-04 14:15 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧