師匠〜っ!

本日発売のキーボードマガジンを手に取り
「ああ、これ多分sattonはウハウハなんだろなー
しかもきっとblogでこのこと書くに違いないぞ」と思われた方。

よくわかっていらっしゃる!
書くよ。書きますよあたしゃ。

だってキーマガに出てくるべき人が
ようやく出てきてくれたんですから。

しかも。見開きくらいの扱いかと思いきや
なんと表紙飾るしアルバム全曲解説あるし
譜例つきの楽曲分析まであるし。
もぅたまりませんね。
本日発売のKANのベスト盤発売のインパクトも霞んでしまうくらいです。
(KANちゃん、ごめん)
本屋で思わず「うわっ」って声出てもうた(恥)。

槇原敬之の制作環境はこれまであまり公にされてなかったので
勝手に師と仰ぐ御大の機材についての記事は非常に興味深かったし。
彼の音の中でもぼくが非常に気になっていたのは、ドラムの音源。
おそらくソフトウェア音源を使用しているのではないかな、と思っていたら
やはりそうだったようで
Native InstrumentsのBattery3がメインのよう。
Battery3は自分も買いたいなあって思ってたソフトシンセのドラム。
「Green Days」のドラムに至っては、なんとアップルのJam Pack!
え、Jam Packって。なんて手の出しやすい音源。。。
おそらく音を加工して使用してるんだと思うけど
使っている素材は案外身近なものでした。
ぼくもいずれ使ってみようかと思います。

けど、何が一番驚いたかって
前作の「LIFE IN DOWNTOWN」のデモトラックは
アップルのGaragebandのみで作られたという事実。
わからない方のために補足すると
Garagebandは、Macを買うと標準でバンドルされてる音楽制作ソフト。
つまり、Mac買ったらタダでついてくるソフト。
自分も、曲のスケッチを描くのによく使うのですが
あれであのアルバム作ったんですかぁ!?と、ただただ驚愕。
レイハラカミがSC-88PROとiMacとVisionのみで
制作してるって聞いたときくらいにぶっ倒れました。
機材の善し悪しではないのです。
何をつくりたいのか、なのです。
持てる機材でいかに自分らしさを体現するか、なのです。

ちょっと思い上がった言い方かもしれませんが
それなりの機材と音楽的な知識があれば
プロっぽい音は、ちょっとがんばりゃあつくれるのです。
ということを、今回のコンテストでも改めて学んだわけですが
問題はそこにあるのではなく
いかにオリジナリティを出すことに意義があるのか、という考えを
おおきく補強してくれることとなりました。

ちなみに同じような内容で
アレンジコンテストの講評で課題曲をつくった早川大地氏もコメントしてたし。


と、ここまで書いて機材の話ですけど(笑)。
槇原氏の制作環境とぼくの制作環境はかなり酷似していることが判明。
マスターがYAMAHAのCP300で、あとはMOTIF XS7。
ちなみにウチはマスターがYAMAHAのP-200で、MOTIF RACK ES。
使用ソフト(Logic)やソフトシンセにいたってはまったく同じ。
キーボード類は槇原さん追っかけてこれ買ったんですけどね。
Logicやソフトシンセ類なんかはまったくの偶然。
自分が気に入った音がたまたまこれだっただけ。
ね、かなり見てる方向似てるでしょ。

その他の話もかなり面白い。
自分が考えていることと方向的にかなり似たコメントがたくさん。
自分が昨日書いた記事とほぼ同じような内容のコメントが載っていたのは
なかなか笑えましたけど。

それにしても
この人の楽曲制作法ってまさに「音で絵を描く」感じ。
こういうイメージがあるから、
こういう音で、とか、こういうジャンルの感じで、という思考過程があるようで。
あ、やっぱりそうなんだ、と。

まあとにかくファンであれば今月号は要チェックですね。

ちなみに今号はぼくも応募したアレンジコンテストの結果発表も。
こっちは少しこの熱が冷めてから
ゆっくり聴いてみようかと思います。
こっちもなんか凄そうです。
これ以上刺激受けたら当分復活できない(苦笑)。
[PR]
by satton07 | 2007-11-29 00:48 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧