ン年ぶりに出演!?  文化祭。

以前ここでも書いてたバンドの本番がおわった。
PAとの合わせがほとんどできず、結果シンセの音がほとんど聞こえないという
悲しい結末であったのだが
なかなか楽しい時間であった。

メンバーのひとりが通う定時制高校の文化祭に出演するという
ちょっとおもしろい企画だったので
ひさしぶりに「高校」というものにも触れることができた。
こんなことでもないと、こういう経験ってなかなかできないもんだし・・・。


全日制の子も学校にいたのだが
見かけの割にけっこう礼儀正しく、ちょっとアセってみた。
月並みだけど
これが最近の高校生なのねー、と思った。
で、定時制の方はというと
これもまたいろんな人がおっておもしろい、というかなんというか。
むしろこっちのほうがすごく興味惹かれた。

文化祭も、しゃーないから来てる、って生徒もけっこうおって
舞台のあいだずっと携帯でしゃべってる子もいた。
そんななか、ちゃんと聴いてる人もいる。
どこのコギャル(→死語?)やねん、と思うような子もいれば
60歳近くでここに通っているおばちゃんもいる。
文化祭の間ずっと携帯でテレビ見てるさめた子もいれば
「自分で歌をうたうんだ」と張り切るアツい子もいる。
そんなひとたちが同じ空間で同じ時間を過ごす。
なんか、そんな風景を見ながら
フツウにフツウに社会だなー、と思った。

いろんな生徒がいるので
ひとつの価値観とかやりかたにあてはめるなんてことは
当然ムリなお話だが
せめてここにいる3年間のうち
この先のジンセイでずっと心の中に残るようなことが
一つでも、二つでもいいから
見つかればいいのになあ、とふと思う。


全日制の高校に通っていたら
同じ年代で、似たような成績の生徒が集まってくるので
ある意味、特殊な社会といえるかもしれない。
単純な比較だけど
定時制ってすごくリアルな社会に近い場所だなーと思った。
そういう意味では公立の小中学校って、ホントに「一般社会」そのものやね。
そんな場所だからこそ知ることのできる、
大切なことってあるんじゃないかなーとふと感じたのでした。


ところであとから聞いたのだが、この学校では
生徒の数が卒業のころには
入学したときの3分の1くらいに減っているそうだ。
留年した生徒も含めての数なので
実際はもっと中退していっているらしい。

理由はさまざまだが
よく聞く理由「やる気を見いだせないままに辞めていく」生徒が
目の前にいる現実って
ちょっと悲しいなあ。
[PR]
by satton07 | 2004-11-07 01:32 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧