スクーリング

夏のスクーリングがスタート。
この夏に、合唱と教科教育法、ピアノ声楽のスクーリングを受ける予定。
というわけで、目下通学中。
いまは合唱の授業を受けています。
朝から授業受けて学食で昼食べて昼からまた授業。
久々に学生に戻った気分。ああ現実逃避(笑)。

合唱の授業は、前半後半のふたつ。
前半は、ミサ曲からオペラ、近現代、邦人作品まで
10曲くらい課題が出て、ひたすら歌い続ける。
混声四部合唱。自分はバスでした。
実はこっちの方が合うんですよね。音域的には。

さすが芸大の授業というか
渡された譜面を順に取りだして
音取りでもするのかな、と思ったら
いきなり初見で全員で合わせるところから。な、なに〜!?
しかも、みんなけっこうさらりと歌ってるし(汗)。
さすが、音楽の先生になろうという人ばかり。
自分はというと、音取りは得意な方ではありませんので
最初はついていくのに必死。
けど、さすがに連日こんな感じでやってるとちょっとずつ慣れてきた。

後半はバッハ、モーツァルトのコラールと
小林秀雄の「落葉松」、あとベートーベンの第9をやってます。
将来指導する立場に立つことを想定して
先生もサウンドの作り方のアドバイスをくれるので、けっこう役に立ちそう。
というか、自分自身の演奏に役立ちそう。
バロック、古典派それぞれの時代背景とか
それに応じた演奏方法があるということとか
その辺の話がとても参考になります。
それぞれの作曲家の意図に合った演奏のしかたがあるんですよね。
なんとなく、聴いたことはあっても
具体的にどう弾けばいいかってあまり勉強したことがなかったので
非常に有用なヒントをもらえたように思います。

と、いろんなテクニックについてのアドバイスをくれますが
どの先生も口を揃えて言うのは「一番大事なのは何を表現したいかです」と。
感じるこころが一番大切。
これ、意外と忘れがちだな、って思う。
自分は、とくにクラシックなんかは
好きな曲だから好きなように弾いて「ああ、いい曲やなあ」って
すっきりするような弾き方だったんですけど
そうじゃなくて、
この曲はこんなイメージの曲で、こんな感じがするから
ここはこういう弾き方で弾いてみよう、とか
ここの記譜って、こういう意味なのかな、とか
そういう、当たり前のことが案外できていないなあ、と思いますね。
ポピュラーをやるときでも
ついついディテールに凝ってしまいがちなんですけど
それより前にもう少し大事なことがあるよな、と
ハッとさせられることがずいぶんありました。

指揮の体験なんかもさせてもらったのですが
自分は、自分の表現に対して自信がもててないな、ってことも
よくわかりました(苦笑)。
これって、誰かになにかを教えたりするにあたって
一番大切なことですよね。
いままでいろんな人に言われてきたけど、
音楽やってるなかで改めてそう感じましたね。

これからは、自分のモットーのなかに
亡きギャグマンガ界の巨匠の名言にあやかって
「これでいいのだ。」を加えておきたいとおもいます。マジで。

これ、スクーリングもふくめて、
これからの自分の最も大切なキーワードになりそうです。


というわけで
提出課題をこれから仕上げようとおもいます。

ではでは☆
[PR]
by satton07 | 2008-08-09 20:34 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧