縁とは不思議なり☆

水曜の午後から、blogで知り合ったお友達の
まつこふさんいずるさんにお会いしました。
関東在住のまつこふさん。ちょうど去年の今頃でしたか。
キーボードマガジンのアレンジコンテストで、
ともに一次突破したご縁で知り合いまして
「Yokohama Date」など、ネット上でコラボ作品作ったり
音楽の情報交換なんかで交流していたのですが
実家が関西ということで、帰省されているこの期間に
会いましょうよ、てなお話になりました。
せっかく会うんですし、やっぱり音楽の縁でお会いした方ですから
なにか音楽で交流を深めたいよなあ、なんて思ってたので
セッションしませんか?とお誘いしたところ、ぜひ!と快諾してくださって
僕が昔お世話になったピアノサロンで
ピアノ2台のセッションをすることになりました。

そして、やはり関西在住で
ぼくのblogにマッキー/川村結花さんネタで
大きく反応してくださって以来、ここでつながっておりまして
そのうえ、今回まつこふさんと作った「Yokohama Date」を
いたく気に入ってくださり
出張のテーマソングにまでしてくださったという(感謝感激)
いずるさんをお誘いして、blogつながりの縁で今回の逢瀬となったわけです。

web上で交流してる人とリアルに会うことって
初めてではないんですが
今回は、なんかやたらと緊張しました。
けれど、実際にお会いして思った感想は
なんだか初めてお会いした感じがしなかったんですよね。
それだけ、感じるところや感性のツボが
似ている方々だったってことなのかな、と思っています。

午後にまつこふさんと合流してピアノサロンへ。
さすがに最初の1時間半くらいはなんかぎこちない感じだったのですが
途中でいずるさんがやってきてからは
いい感じに盛り上がってきました。
演奏をずっと聴いててくださったんですけど(ホンマにありがとう〜☆)
やっぱり、聴いてくれてる方がいるってのは
演奏する方にとっては最高の贅沢であり刺激でもあるわけです。
「Yokohama Date」の2台ピアノバージョンを披露させていただきました。
演奏してて、もぅゾクッと来ました。
なんつったって、これまでは
web上でのデータのやり取りとメールのみでの通信でしたから
こうやってナマで向かい合わせになって
その場の雰囲気で一曲やるってのは
めまいのするほど嬉しいことなのです。
ああ、ついにこの曲を作った人と同じ空間で演奏ができた!って気持ち。
いずるさんが、わたくしと同じく川村結花さんのファンっつうことて
「夜空ノムコウ」を演奏したんですけど
これもなかなかよかった!
1番と2番でメロディ/伴奏をお互いに入れ替えたんですけど
おもしろいほどにお互いの個性がにじみ出て
うわ、同じ曲なのにこんなにアプローチが違うんや!って
演奏しながら、感動の嵐☆
まつこふさんは、感覚でピアノを弾ける人なんですよね。
聴いた音をピアノできちんと再現しはる方なのです。
根っからのジャズ/フュージョン好きな方なんだ、って思いました。
自分は、なんだかんだといってベースはクラシックピアノなので
やはりクラシック的なアプローチを好むタイプです。
そんなふたりのコラボは
なんかものすごくおもしろかったです。
同じメロディに、こんな和声づけをするのか〜、とか
同じメロディなのに、弾き方がこうも違うか〜、とか
そんなことをずっと思ってました。

いくつかリクエストをいただいた曲もやったんですけど
ぶっつけ本番だったのに、ちょっと詰まりつつも
結局できちゃったところが、自分でも意外でした。
あ、そうだそうだ。
いずるさんがお好きだという(てゆっか、自分も大好き♪)、
Carole Kingの「You've got a friend.」をやったのですが
弾いてるとどこかから鼻歌が!
おー、歌ってくれてはる〜、ってこっちにも感激してました。
思わず鼻歌を口ずさんでもらえるほどに
いい空間がつくれたのかな、と
すごくいい気持ちになれました。
ありがとう☆

そうそう、あとあと(って、子どもみたいな勢いですよね。笑)
のぁんとまつこふさんが
ぼくの「ここから」をピアノソロバージョンで弾いてくださりました☆☆☆
これはぜひいろんな方に聴いてほしいっ!
自分の曲を客観的に聴くということで
どこかくすぐったいような気分でもあったのですが
正直、え、これってオレの曲???と(笑)。
自分の表現したいイメージを
まつこふさん的に解釈してくれはって、表現されていて
うわ、すげ!と。
てゆっかですね、この曲つくってホントによかった。
この曲作らなければ
今日この場のこの演奏はないわけですからね。

至福の時間はあっという間。
この他にも、
ピアノ2台なら、ぜったいやってみたい!って思ってた曲のひとつでもある
ピンクレディの「UFO」や「ペッパー警部」をジャズアレンジでやったり
(これ、かなりおもしろかったんですけど。。。)
自分の新曲も披露させていただきました。
すんません。私信で恐縮ですが
演奏するときにお伝えしなかったこと
これ、実はこの日のために作った曲です。
いろんな意味で、Hometown的な場所でお会いするにあたって
やはりここは音で「おかえりなさい」あるいは「ようこそ」という心持ちを
表現しようではないか、という衝動に駆られ
スクーリングのあいまに、
大学のピアノ練習室でコソコソつくっておりました(笑)。
自分の価値観そのものでもあります。
お耳に合いましたでしょうか(笑)。
こっ恥ずかしくてよう言いませんでしたけど。
と言いつつ、ここに書くってさらにこっ恥ずかしい、か。
ま、いいか。

と、こんな感じで過ごした後
近くのお店で飲み会〜。
話せば話すほど、いろんな共通点が。
価値観的に似た部分もあるし、違う部分もあるし
けど、それもひっくるめて
じぇんじぇんOK!というような
そんな気分でした。
あと5時間くらい延長したい気分でした。自分的には(笑)。

それにしても、webの力って、ほんとにすごいですね。
普段の生活やつながりの中では
決して出会うきっかけのないような人たちをつないでしまうわけですから。
普通に暮らしてたら、きっと出会うことはないと思うのです。

一方で
インターネットの危険な部分ばかりがクローズアップされて
すごく腫れ物に触る雰囲気とか
どこか「怪しい」イメージが強いですが
使い方ひとつだよなあ、って。
活かすも殺すも自分自身。

普段顔を合わせてるつもりで
ネット上でもおつきあいすることが大事なのかなって思いました。
顔が見えないからこそ
相手の思いや考えに想像力をめぐらせて
良心を信じあう、というスタンスが
とても大切なのではないかと感じたのでした。
ま、自戒も込めてなんですけどね。。

そういう意味でも、今後ともこのblogよろしくです。
webワールドをスマートかつのんびりと巡ることにしよう(笑)。

また会いましょうと約束してお別れしました。
ぜひぜひ。これも、いわゆるひとつのなにかの縁☆
[PR]
by satton07 | 2008-08-15 00:58 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧