聴き終わりました。

マッキー、すげえよ。
てか、歌うまいよ。うらやましいよぉ(笑)。
この人の歌って
自分の思いとか体験をもって
相手にメッセージとして伝える力がずば抜けてますよね。
自分はまだまだ、自分のことしか歌にできまへん。

アルバム聴いてからまたやる気がでました。
あと3、4曲くらい書こう。
しごともがんばろう。週末は久しぶりに掃除しよう(笑)。


と、閑話休題。
「アオイソラ」に、たくさんの感想を寄せてくださって、ありがとうございます。
聴いていただいている方は、決して多い人数ではないのですが
ひとつひとつの感想の濃さに、マジで感激しております。
たとえ聴いてもらえる方が少なくても
ちょっとでもこころに引っかかるような、聴いた人に大切にしてもらえるような
そういう音楽を作りたいと思ってます。一応はね。
けど、ちょっと贅沢な願いをするならば
ひとりでもたくさんの人に聴いてほしいなあ、と思ったりもするんですけども。
とりあえずは、「知る人ぞ知る」路線で当面は行ってみようと思います(笑)。

ところで自分の場合は
詞と曲とアレンジ、どれが一番好きかと言われれば
そりゃもう間違いなくアレンジです。
これはもう昔からそうなんですけど
自分にとって音楽を作るという作業は
日記をつけるような感覚です。
子どもの頃は、ピアノの前でろくに練習もせずに
その日感じたこととかいややったこととか
嬉しかったこととか、温度感とかにおいとか雰囲気を
感じたままに即興で適当に弾いてるのが好きでした。
自分の曲作り、というかとりわけアレンジの原点はその辺です。
絵を描くのが苦手だったので、その辺を音楽に求めてた感じ。
アレンジって、いろんな材料を使ってひとつの形を作る作業。
自分の思い描いた景色、におい、温度感などなどのイメージを
自分なりの形にする手段として、
これほど適した表現手段はなかったというわけです。
なので、槇原敬之の音楽に初めて触れたとき
そりゃもうその衝撃は尋常ではなかったです。
自分の場合は、一番始め、この人の詞よりも曲よりも
その卓越したアレンジセンスに打ちのめされてハマったタチです。

今回のシングルは、自分のイメージした色彩感を
いかに音、あるいは音と音の隙間で表現できるか、ということを
アタマの片隅でちょこっと考えながらつくってました。
「アオイソラ」しかり「ゆうやけ」しかり。
なので、音を聴いて
ちょっとでもなにか色彩がイメージされたとしたら
今回の目標は達成、ということでしょうか。。。

「Strange Chameleon」は、ボーカルがよかったという声が嬉しかったっす。
てゆっか、この曲のウケが予想外によかったのがびっくりでした。
でも、確かに自分で作っていて
「意外とハマり曲かも」という感触はありましたが(笑)。

今回の(というか最近の)テーマのひとつに
「ボーカルをどないかする」ということがあったので
これはちょっと(いやかなり)嬉しかった☆
具体的には、発声のしかたを変えました。
通ってた声楽のレッスンが思わぬところで活きました(笑)。
あと、今のアルバム作りから一部分で始めたのですが
メロディをちゃんと譜面にして、確かめながら歌う。
これはかなり有効。
とくに、入り口がクラシックだった人間の自分にとっては、かなり。

これから聴く方もおられますよね。
あ、こいつぜったいにマッキー好きやろなあ、っていう
サウンドに仕上がってます(笑)。
おったのしみに☆
[PR]
by satton07 | 2008-11-20 00:07 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧