カテゴリ:Diary( 1075 )

あけましておめでとうございます

新年明けますとともに、ふたたびこちらからの更新にきりかえました。

FacebookやTwitterなど、いろいろやってみながら

良い面もあれば、blogのときのように書きにくいこともあったりもして

そういうことを考えていたら、なんか書きたいことも書けない感じになっちゃいまして

ちょっと原点に戻りたいなーと思っています。



京都の生活にも慣れてきて、仕事での環境の変化にもちょっとだけ慣れてきて

ちょっとづつだけど、以前のように、これからのこと、音楽のこと、、

いろいろとそんなことも考える気持ちにもなってきました。

ここでも、ちょっとづつ、そんなおもいを

整理していけたらな、と思っています。


というわけで、ことしのはじめは

知恩寺で除夜の鐘を聞き、お参りをして

毎年恒例の、年の初めはさだまさしをみているところ。

京都での年越しはこれが初めて。

なんか、古き良き日本の年越しがまだ色濃く残る場所だなあ、と感じています。

こういう空気、大切にしていきたいなあ、と。。


さて、明日は初詣。それから実家へ帰ります。


ことしもどうぞよろしくお願いしますね。
[PR]
by satton07 | 2014-01-01 01:16 | Diary

懐かしい時刻表!


b0024020_00234132.jpg

百万遍知恩寺の古本市をのぞきに行ってきました。
鉄道関係の本がいろいろあったなかで
1986年当時の国鉄時刻表を発見!
いまは乗ることもできない列車がたくさん載ってて
思わず懐かしくなり買ってしまった。。。
ただの時刻表ですが、古本屋では500円。
マニアックなファンにはそれなりの需要があるんですよねえ。。
自分もそのひとりか。。。

写真は予讃線と今はなき宇高航路のページ。
高松と松山を結んでいた急行「いよ」もまだ残っております。
当時小学生だったわたくし。
母方の田舎が香川県の丸亀市だったもので
親につれられて、宇高航路に乗ってよく四国へ渡ったものです。
新幹線(もちろん当時は0系)に乗り岡山へ出て
岡山で宇野線に乗り換え。今はもう懐かしい域にさしかかっている113系の湘南色。
宇野駅は当時広大な留置線があって
夜の出発を待つ東京行きの寝台列車が留まっているのを
寝台列車を普段みることのない自分は、わくわくしながら見たものでした。
連絡船からは、はるか遠くに
まだ建設中で橋脚だけの状態だった瀬戸大橋が見えたりして。
高松から丸亀までは、これまた今はなきキハ57の急行「いよ」。
四国もまだまったく電化されてなかった時代。
宇多津の海岸は、塩田の埋め立てが終わって、
瀬戸大橋とつながる高架橋の工事が始まってたような記憶があります。
丸亀の駅も高架化されておらずに、のどかなローカル線の駅って感じでしたし。
とにかく、いまとはまったく違った風景がひろがっていました。
不便ながらも、変化に富んだ景色で
列車に乗ってる時間は、退屈しない、楽しい時間でした。

当時は大阪から丸亀まで5時間くらいかかったと思いますが
今となってはクルマで四国に渡れますし
大阪からなら3時間もあれば着きますしね。
便利になったものです。

この当時は、瀬戸大橋も青函トンネルもまだできてない時代。
上野発の夜行列車もそうだし
大阪・新大阪発の夜行列車もバカスカ走っていた頃。
気動車も全国各地でまだまだ走ってたし
今を思えば、それなりにのんびりしたいい時代だったのかなーと思います。

残り少ないブルートレインの「あけぼの」も廃止になってしまうらしいですし
どんどん、「昭和」の名残が消えていくのですね。。。
[PR]
by satton07 | 2013-11-15 22:26 | Diary

下鴨神社の古本まつり




今日から夏休みです。
1日目は、ちょっとゆっくりめに起きました。
千本丸太町方面に用事があったので、朝から自転車で出かけて
その流れで、下鴨神社の古本まつりをのぞいてきました。
ちょうど、今日までだったので。。。

なかなか楽しいイベントで
この前行った骨董市と同じような感じで
古本屋さんがズラリ勢揃いしてました。
思わずじっくり見て回って、立ち読みしたり買ってみたり。



おもろい本がいろいろありましたよー。



↑鉄道の本がとにかくやたらといろんな本屋さんにありました。
かなり懐かしい本も。買おうかどうかかなり悩んだんですが、やっぱりやめました。。
鉄道ジャーナル。こどものころ、図書館で借りまくってました。。。




↑明治時代だかの相当古い本も。
研究資料とかに使うんでしょうか。昔の教科書なんかも売ってました。




↑児童書コーナーの横ではこんなイベントも。
外国人が子どもと英語で歌ったり踊ったりしてました。
ゆるい感じでとてもよいです




↑学生時代が懐かしい。。。マニアックな専門書もいろいろ。
この本屋さんは生物学の本がたくさんありました。
これ、研究室に置いてた図鑑ですやん。なっつかしー。




↑まさかこんなところにあるとは。。
地域でしか出回ってないような本やと思うねんけど。けっこうびっくりしました。




↑個人的にかなり惹かれましたが、多いし高いので買うのはやめました。。
けど、うわあ、めっちゃ欲しい。。。
こういう事典系、大好きなのです。




↑楽譜なんかもちらほら見かけました。
お気に入りにはめぐり会えずでしたが。。。




↑川べりに本が山積み。。


ぐるぐる回って、1冊本を購入。
帰りみち、柳月堂によって、音楽聴きながらじっくり読ませてもらいました。

秋にも、今度は知恩寺で古本まつりがあるそうです。
また行ってみようと思いますです。

[PR]
by satton07 | 2013-08-17 23:04 | Diary

おいしい朝食と庭と古書店と


日曜日。
すこし早起きして、自転車に乗ってモーニングを食べにいきました。
堀川今出川近くの、ラインペック。
パンケーキで有名なお店。

朝9時前でしたが、すでにお客さんがけっこうおりまして。。




お店の中は、町家を改装した和風なつくり。




シンプルなパンケーキとアイスコーヒー。
メープルシロップがほどよく甘くて、ふわふわのパンケーキによく合います。



☆カフェ ラインペック
 上京区大宮通中立売上る石薬師町692
 075-451-1208
 morning:8時〜10時 cafe:10時〜18時
 月・火曜休


朝食のあと、自転車に乗って北へ。
西陣のまちをふらりゆきます。
日曜日ということでいつにも増してゆるーい雰囲気。

で、次に来ましたのは大徳寺。
庭園がなかなかにきれいな高桐院へやってきました。
細川三斎により建立された、大徳寺塔頭のひとつ。
千利休ともゆかりのある場所だとか。



入り口。静かです。。。



緑がきれいないい季節です。




しばし建物を探索。。








静かなお庭です。




縁側でしばしぼーっとしておりました。

風が吹けば、竹の鳴る音がして

空を見上げれば、雲がゆっくりとながれていきます。





あわただしい大阪での平日から一転、ゆったりとした時間の京都の週末。

こういう時間を過ごしたくて、引っ越して来たのです。



そのあとは、大徳寺から少し南へ。

古書店である「世界文庫」へ。
ちいさなお店ですが、アーティストさんが所蔵している古書を直接販売しているのです。
お店をされているのは、アーティストの古賀鈴鳴さん。
サニーデイサービスのジャケットデザインとか、
くるりのイベントグッズなんかも手がけておられます。
古賀さんみずからが店頭に立たれておられるのです。
お店に行ったのは2回目。顔を憶えてくださったみたいでした。
今回は買うことはなかったのですが
またおもしろい音楽の本仕入れるので、来てくださいね〜、とのこと。
また訪ねてみようとおもいます。
(こちらのブログの写真に、しれーっと自分が写ってました。笑)



昼ごはんは、その近く。
東鞍馬口通にある「スガマチ食堂」へ。
ここ、自然食材の美味しいお店で、ここ界隈ではお気に入りのお店。






スガマチ食堂
 北区紫野南船岡町71
 075-441-2808
 11時30分〜20時30分 月・火曜休


帰りは、東鞍馬口通を東へ。
とちゅう、観たことのある建物。
こちら、映画「マザーウォーター」で、小林聡美がやっていたバーのロケ地。
映画では、駐車場の部分に壁があったりしたのですが
たしかに、映画でみたまんまのお店でした。





帰りに渡った賀茂川にて。






青い空。いよいよ夏ですねえ。

[PR]
by satton07 | 2013-07-09 23:13 | Diary

下鴨神社の手づくり市




土曜の午前中。下鴨神社の手づくり市に出かけてきました。
歩いてでも行ける距離ですが、気持ちもいいので自転車で出かけました。
外は蒸し暑い一日でしたが、糺の森は涼しくて、とてもいい感じ!

午前中だというのに、けっこう人が来てました。



お店が150店以上は出てたと思います。
いろいろ覗いてみました。。。






似顔絵コーナーとかもあるし。



ミニコンサートなんかもやってたし。。




お昼ごはんは、タイカレーとイベリコ豚のチャーシュー丼andハニージンジャー。




こんなのもあったので、食べてみることにしました。





ブルーベリーみたいな味ですが、けっこうさっぱりした味わい。
冷たくて美味しかったです。




掘り出し物で、お皿と、ガーデニングの雑貨なんかを買ってみました。

この土日に開催されて、次は秋にあるらしいですよ。

ぜひぜひ〜☆

[PR]
by satton07 | 2013-07-06 23:13 | Diary

6月ですよ

この週末は、ひさしぶりにゆったりと過ごせました。
このところ、毎週末のようになにかしらあったので
土日はお家でゆっくりしてました。
ひさしぶりに、ピアノもゆっくり弾けましたし☆
まだ、電子ピアノなのですが、新しい部屋で
思う存分弾いてみましたが、なかなかに気持ちもいいです。

ちょうど梅雨の中休み。
近所でホタルが観られるということで
金曜の夜と、きょう(日曜)の夜に、観に行ってきました。
ウチから10分弱ほど自転車で走ったところ。
疏水のところに、たくさんおりましたよ〜。
橋の欄干から観てたのですが
ちょうど川の上に、ホタルが舞っていて
ほんまに天の川のような風景。
大阪ではこんな風景、なかなか観られなかったので
近所でこんな場所があるなんて、なかなかに感動です。
季節を感じながら過ごすことができるのが、なによりHAPPYなことでして。
自転車で夜の銀閣寺界隈をうろうろするのも
住んでるからこそできること。
小さなことですが、いちいち嬉しいです(笑)。
家で過ごすのもいいですが
せっかく京都に来たんだし、外に出るのがいい時期には
進んでウロウロしてみたいとおもいます。
それにしても、京都、しかも左京区のエリアは
物思いにふけるには最適な場所ですね。
たそがれるのが好きな自分にとっては、この上なく環境の整った場所(笑)。
[PR]
by satton07 | 2013-06-02 23:21 | Diary

お引越しまでカウントダウン

引越しまでいよいよ10日を切りました。
三十数年住んだ堺を離れて
いよいよ京都での暮らしが始まるわけでございます。
今回いろんな流れやらご縁がかさなって、京都に移住することになったわけですが
まさか堺を離れて京都に行くことになろうとは
数年前の自分からすれば、考えもつかなかったことです。
そもそも、勤めは大阪市内なのですが
仕事についてからも、一人暮らしをはじめることになったときも
なぜか、住むなら堺がいいなと思い
堺市内で住み続けておりました。
なじみがある、というのもあるのですが
なんだかんだといって、この土地柄とか空気が好きだったのが大きいと思います。
都会すぎず、適度に緩く
便利さを求めるなら、ちょっと足を伸ばして大阪市内に出ればいいし
緑が適度にあって、
市内でも北部は自転車で行動しやすいのも魅力。
旧市街地あたりに出ると、路面電車が通ってたり
まばらやけども、古い町並みも残ってたり
おいしい和菓子屋さんも多いし、、、
というわけで、なにか大きなきっかけでもなければ
堺を出て別のところに住もうとは思ってもみませんでした。

そんな自分が、
堺以外で住んでみたいなと思った場所がいくつかありまして。
いくつかの住んでみたいポイントがあって
・都会すぎず、適度にゆるい
・便利すぎず、不便すぎず
・緑や自然が多い
・自転車で行動しやすい
・歴史のあるまち(寺社仏閣とか古い建物とか)
・和菓子屋と渋い居酒屋と隠れ家的なカフェが点在している

といったポイントをほぼ満たすまちとして
これまで行った町で「ググッ」と来たのは、、、

・京都
・奈良
・鎌倉
・倉敷
・松本
・金沢
・高松

あたりでしょうか。
とくに、上から3つの都市は、かなりいい感じでした。
自分が首都圏在住なら、たぶん鎌倉に移住してるとおもう。
奈良も密かにポイント大ですよ。
「月曜から夜ふかし」じゃ、さんざん「奈良問題」とか言われて、
その微妙な不便さが挙がってましたが(確かに当たっている)。。
意外と、高松もよかったんですよね。
昭和の香りがそこかしこに残ってたりして。
あと、うどんが好きなもので。。。

なかでも、京都はやっぱり群を抜いてました。
そんな京都ですが、自分のなかでは
近畿地方の都市のなかでも、
京都に対してもともとそんなに積極的ではなく
むしろかなり消極的で、そもそも用事がないってことで
ほとんど行ったことがなかったのです。
たまたま、つれあいが京都に住んでたってことから
京都に行かざるを得ない状況の中(笑)、通い始めたという感じ。
観光気分というよりは
そこに生活してる視点で、自転車に乗って遊びにいったり
うろうろすることが多かったというのが大きかったように思います。
そういう目線で見てみると、あれ、案外っていうか
けっこういいやん、ここ、となっていったわけです。
堺と同じ条件を満たしながら、それ以上のポテンシャルがあるし
住んでみると意外と楽しそうかも、と思い始めたわけです。
そこで、あ、ここに住みたい、という決定的な出来事があって
(それはまた今度ゆっくり書くことにしますが)
結果として、京都に移住することを
本格的に考え始めることになったのでした。

馴れ親しんだ堺を離れるのはやはりどこか寂しいもんですが
まあ、ゆうても実家はこちらですし
逆に、「そと」から見た堺ってどう見えるのかな、とも思いますし
微妙に離れた故郷を愛でながら
あたらしい土地で、その土地のいいとこもそうでないとこも見つつ
せっかくなんで、じっくり腰を据えて楽しんでみたいと思います。


リアル上でもお引越しですが
このブログもそれにあわせてお引越し。
そちらもぼちぼちと準備を整えてますよ〜。
新しいブログは、京都のくらしとか
かたや、ふるさととなります堺のこととか
思いを込めて(笑)
つらつら書くような感じでいこうかと思いますので
引き続き、よろしうお願いします☆
[PR]
by satton07 | 2013-05-03 01:01 | Diary

連休前半

連休前半も終わりです。
この3連休はというと、、、
(1日め)
前日から実家泊。クルマ屋によって洗車して京都へ→京都で家の下見
→下鴨茶寮で義母・妻とまったり食事→京都国立博物館で狩野山楽・山雪展鑑賞
→堺へ帰宅。
(2日め)
朝から引越しの荷物詰め→午後から鶴橋へ。eトコ5周年イベントへ
→そのまま難波へ。ソフマップで不要になった家電の下取り
→堺へ帰宅。

(3日め)
朝からやはり引越し荷物詰め→午後遅くから自転車屋へ。その足で堺市街へ。
かん袋でくるみ餅食べて、自転車で周辺を流して帰宅
→岸和田へ。昨夜の下取り額が意外と高かったので、そのお金で焼肉ディナー!
→堺へ帰宅。そして今。

てな具合でした。
引越し準備も順調で、意外とさくさく進みます。
今日は、古道具の無料回収にきてもらったのですが
売りようもないジャンク品のシンセを引き取ってもらおうとしたら
来てくれた兄ちゃんがえらい食いつきはるので、なんでかなと思ったら
仕事の傍らミュージシャンやってる人であることが判明。
その後、今日やってる、京都のくるりのイベントにいくそうで
これまた意気投合。
その流れで、引き取ってもらう予定でなかったけど
どうするかなあと思ってた家電や家具などを引き取ってくれることになり
こちらとしてはものすごい助かるわけでして。

ちなみに、この機会に
僕がDTMを始めたときに最初に買った機材、RolandのSC-8850も
引退してお蔵入りになってたので、こちらはお店で下取ってもらいました。
バンドを始めたときに中古で買ったKORGのM1も、今回を機に自分の手を離れることに。
自分の中でのいち時代が終わっていく感があって
なんとなく、寂しかったりもするんですが
これからは、新しい生活が始まるわけですから
そこは気分一新、といきたいところです。

で、その下取ったお金で
妻とふたりで、おいしい夕食を食べまして
そこはおたがいの血となり骨となるということで
ありがたく使わせてもらうことにしたわけでした。

今日は、午後からぽっかり時間ができたので
自転車にのって、堺市街に出てきました。
久しぶりに行っておきたかった、「かん袋」でくるみ餅を食べて
ちょびっとサイクリングして帰ってきました。
懐かしいスポットをいくつか巡ってきましたが
堺を自転車でうろうろできるのもあとわずか。
ってゆうか、生まれ育ってこの方堺を出たことがないわけで
京都に行っちゃうと、今ほどは来れることも少なくなるだろうし
そういうわけで、次の連休は、妻とふたりで
堺ツアーを敢行することになりました。
しっかり思い出巡りでもしてこようかと思います。


とはいえ、今日もちょこっと巡ってきたんですけどね。


b0024020_2394635.jpg


こちらは、旧堺燈台。今の家からだとチャリで30分弱。
堺の北部は平地なので、自転車があるととても便利なのです。
そこそこ雰囲気があって、なおかつ人が少ないので
ちょっとした穴場スポットやと思います。
高校生のころは、たまに嫌な授業をさぼって、
体調が悪いとウソをついて早引きして(汗)
そのまま家に帰ると怪しまれるので、ここに来て、ぼーっとしたりしてました。
(もう時効ですよね。誰にもゆうたことなかったのでここでカミングアウト。笑)
物思いにふけるにはとてもいい場所です。
当時とあまり景色は変わっておりません。


b0024020_2395010.jpg


何の変哲もない、寂しい商店街ですが
コブクロファンなら「あれ?」っと思うのでは。
コブクロの「ALL COVERS BEST」の内ジャケットの写真が
ちょうどこの辺。
こちらは堺の銀座通り商店街。コブクロがインディーズ時代に
路上ライブやってた場所です。
当時、えらい背の高いイカつい兄ちゃんがギター担いで
泉北高速線に乗ってるのをよく見かけたんですが
今思えば、たぶんあの人、黒田くんと違うやろか。。。



堺の懐かしいもんツアー、行ってきたら
またアップしようかと思います♪
[PR]
by satton07 | 2013-04-29 23:22 | Diary

Before After

GW前半、いい天気がつづいてますね。
GW1日目は、例によってお家の打ち合わせでした。
いよいよ引越しも近づいてきて、家の方も急ピッチでどんどん出来上がっていきます。
今日は、この3ヶ月の記録をちょっと振り返ってみて
プチ「ビフォーアフター」を味わっていただければと(笑)

ではでは。。

なんということでしょう〜♪

               [before]
b0024020_2231670.jpg

               
b0024020_22311015.jpg

               
b0024020_22311243.jpg

               
               [after]
b0024020_22311639.jpg



               [before]
b0024020_22333038.jpg

           
b0024020_22333313.jpg

           
b0024020_22333723.jpg

           
               [after]
b0024020_22334172.jpg




               [before;1]
b0024020_22335664.jpg


               [before;2]
b0024020_2234099.jpg


           

b0024020_2234385.jpg


               [after]
b0024020_2234739.jpg




[before]
b0024020_22361465.jpg

           
[after]
b0024020_22361888.jpg



1階は完全に間取りが変わったので
リノベ前の姿からみると、ほんまに劇的に変化してます。
ちなみにこのリノベの図面は、妻のお母さんが書いたもの。
自分たちの数々のリクエストを、みごとに再現してくれはりました。
リノベーションって、もとある素材を活かして新たに再構築する作業が
どこか音楽作り(とりわけアレンジ)に似ているところがあって
なんとなく、共感できるところがあります。
完成まであともう一歩です!
[PR]
by satton07 | 2013-04-28 22:46 | Diary

いよいよ佳境に!

お家の打ち合わせも佳境に。
入居引越しまで1ヶ月を切りました。引越しの準備もぼちぼちと始めつつ
昨日は打ち合わせでした。

外装のサイディングの準備も着々とすすんでいます。

b0024020_21575439.jpg




玄関スペースも着実に。手前側がピアノのあるオープンスペース側。
プライベートスペースへは、左側から通じています。

b0024020_21575978.jpg



せっかくなので、before/afterを。
こちらは、そのオープンスペース。


(before)
b0024020_2158912.jpg



(after)
b0024020_21581119.jpg




キッチンとダイニングはこんな感じに

(before)
b0024020_2158162.jpg



(after)
b0024020_21581473.jpg



はじめの間取りがガラリと変わっていきます。
足を運ぶたびにどんどん進んでいるので
これはなかなかおもしろいですよ〜。
来週いっぱいで基礎工事はほぼ終了。
内装工事も入ってくると、いよいよ家らしくなってくるんでしょうね。
[PR]
by satton07 | 2013-04-21 22:06 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧