<   2004年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ホワイト・オオミソカ

何年ぶり??雪のおおみそか。
網戸昨日洗っておいてよかった~。


あっとゆー間に2004年が過ぎ去りました。
来年も仲良くしてくださいまし。

とゆーわけで、今年1月1日に立てた目標を検証。

・週に2度は弁当をつくる。(うぐっ!いきなりつらっ)
→残念ながら夕食すら週に1回作るか作らないかだった。

・食費は月15000円におさえる(できるんか?ほんまに)
→「12月のテーマ」がその不可能ぶりを露呈しています。

・そして貯金するぞっ!(この先のためにね)
→これはなぜか意外と達成。
CD買う量を減らしたのが功を奏した模様。

・我が家にスリッパを買う(明日でもできるやん)
→あ、忘れてた。

・うちで植物を栽培する(これも明日からでもできるね)。
→知人にもらった鉢植えを、見事に枯らしました。ごめん。

・体調不良で年休を消費しないようにする(健康がイチバンですものね)
→旅行したりボランティアしたり、ことしはけっこう有効に使ったつもりなんだが。
 いまどき年休をしっかり使える職場って、幸せなんだろーな。

・支払伝票を貯めない(業者さん、ごめん。今年はがんばる)
→ことしはがんばったぞ。

・「お詫び」を出さないといけないような校正ミスをしない
→お詫びどころか回収もありました。
 おかげで「失敗に学ぶ」という言葉の意味をいやほど学びました。
でもねー。
シゴトではほんとにいろんなことを学んださ、てゆーか気づいたさ。今年は。
 誰のため、なんのためのシゴトなんかなあ、ってことをいろいろ考えた。

・いろんな意味で、全体的にはじける
→はじけたんかなあ、どうやろ。

・いろんなお友達をふやす(人脈増やしたいのよね〜)
→これは◎!!いろんなジャンルのいろんなお友だちと出会えました。
 これからが楽しみ!

・ちょっとは本を読む(アタマが最近堅くなってる気がするねん)
→結局あまり読めなかったなあ。

・路上ライブを敢行できる程度にアコーディオンを上達する
→路上ライブは無理でも、1曲披露!くらいはできるようになりました。

・ハノンとツェルニーを週3回は弾くようにする(飽きるのよねー)
→秋くらいまではがんばったんだけどなあ。

・音楽療法のボランティア活動を始動するぞっ(去年からあっためてたの)。
→春からちゃんと実行したぞい。ニクタラしくもかわいらしい子どもたちと
 たくさん出会いました。

・20曲くらいつくる(なにを!?音楽を、ですよ)。
→結局ことしは2.5曲くらい。でも、作った1曲が会心の出来!
 おかげで楽しい出会いがたくさん待っていました。


・・・というわけですが、教訓。


「無理な課題は出すもんじゃありません」


・・・。

いやいや、ちょっと待ってくれ。
同じ日記に、こんなことが書いてあった。


>ぼくにとっての「ライフワーク」は
>正直まだよくわからんことが多すぎるのです。
>だから、少なくとも今年は(てゆーか去年からだけど)
>しごともしゅみも
>自分が興味を持ったことについては、とことんかじってみようかと。
>かじりまくるには時間がなさ過ぎるのがツライのだが。

>その中に、いろんなヒントが隠れていて
>そのヒントを拾い集めていったら、これから目指すべき方向が、
>見えてくるような気がしているのです。

>今年は、そんな1年になればいいなー、と。
>ひっそり(もうひっそりじゃないか)考えておるのです。


昨日も書いたけど
なんだかんだ言って、ここに書いてあることはしっかりできてるやん、と
勝手にポジティブに解釈してみたりしてるんですが。
だから、今年の目標ほとんど全滅でも
今年はとってもイケてる年でした。
来年は、少しは現実に即して目標設定をしてみたいと思いますです。

ではでは、よいお年を。
来年も楽しい一年になりますように。

来年もよろしくね。
[PR]
by satton07 | 2004-12-31 23:50 | Diary | Comments(0)

今年もあと1日・・・

・・・だ。

なんだかあっとゆー間の1年間だった。
いや、ホントに。

あらためて今年を振り返ってみたら
うーん、ホントに出会いの多い1年間だったように思う。

シゴトの関係でもいろんな人と知り合ったが
シゴト以外のところでも、たくさんの人たちと知り合えた。
とくに、音楽の関係ではとてもいろんな人と知り合えた。
てゆーか、音楽があったから
いろんな気づきに出会うことができたと思う。
ビバ音楽。

「これからもずっと、つながっていたいなあ」と思える人にも何人も出会えた。
これはとても幸運なことだと思う。
とてもありがたいことだ。
「出会えた」ということよりも
「出会いたいなあ」という気持ちで過ごせた自分自身にも感謝。


あたらしい出会いだけでなくて
今まで自分の身の回りにいた人たちとの関係を
違う角度から見直すという機会にも恵まれたように思う。
家族や友だちや先輩、同僚とか。
いままでは「結局は自分だけでなんとかなるさー」、とか
実はそんな風に物事を考えていたんだが
いろんな悩みとかキッツイ現実に直面したとき
支えになってくれたり
思いつかないような提案をしてくれたのは
そんなたくさんの身の回りにいる人たちだった。
そのありがたみもいろんな場面で感じさせてくれた1年。

大切なことや、かなえたい自分の願いなんてものは
自分から見ようとしなければ見えてこないし
自分で発信していかないとだれも気づかないんだ、という
とても当たり前のことにもたくさん気づかされた。

そう、書き始めるとキリがないのだが
そのひとつひとつが、それぞれ自分にとって意味があり
結果、来年以降自分が進んでいくべき道の
大切な道しるべになったような気がする。

来年は、そんな気持ちを具体化させようと思っている。
まあ道は険しいが。


年の初めに立てた目標はことごとく砕け散っているが
具体的には明日にも検証してみようと思う。
まあでも、コンセプト的には外れていないのでよしとしたいんだが・・・。
[PR]
by satton07 | 2004-12-31 02:27 | Diary | Comments(0)

年賀状できた!

ほぼ一日中年賀状作り。
この1月に住所録のデータがイッキに吹っ飛んだため
その復旧作業からはじめる。
過去の年賀状を引っ張り出してきて
年賀状をより分ける。
友だち関係は大体固定しているのでそんなに苦労しないんだが
シゴト関係がけっこう困ったりする。
もう出さなくてもいいかなあ、なんて送るのをやめてみたら
しっかり1日に来たりするし。

どうにかより分けてから
きのう作っておいた年賀状をプリント。
今年はけっこうシンプル。
いつもシンプルなんだが
いつも以上にシンプル。
手抜きじゃないですよ。
もう一回言いますけど
手抜きじゃありません。
くどいようですが
手抜きじゃありません。
けっこう、カワイイんだから。

ところで、今年はメールで送るのはやめました。
理由は、住所録と一緒においておいたメールのデータも飛んだため。
復旧するのが面倒なんだも〜ん。
意外と好評だったんですが、期待してくれていた
一部のコアなファンのみなさんすみません。
かわりに、お正月早々になんか一曲つくります。
ネタはあるんだが時間がない!!
[PR]
by satton07 | 2004-12-27 22:30 | Diary | Comments(0)

ちょっと変わった忘年会

秋から参加してるバンドとその関係者が集まって忘年会。
練習所として使っているメンバーの自宅兼スタジオ(!)で
お母さんの手作り料理を食べる。
これがまたウマいのだ。
練習に行くたびごちそうになってるのだが
ホントなんでこんなにおいしいのか、というくらいにイケてる。
そんな料理を食べながら
盛り上がってきた頃に、それぞれ持ってきた楽器が登場。
たのしい即興セッションのお時間です。
即興ゆうてもやったことのある曲が中心だが。
今回はエレキはアコギに。ドラムはジャンベに。
アンプラグドなセッションである。

ちなみにエレキはエレキギター、アコギはアコースティックギター、
けっして「あくどい」なんて意味ではござんせん。
ジャンベはアフリカの打楽器。ボンゴみたいなもんです。
アンプラグドとはコードがつながれていない、つまり
ナマ音のみのアンサンブルという意味、かな。
以上解説おわり。


かくいう自分もキーボードを引っ張り出してきて、ピアノで参戦。
アドリブソロもぶいぶいかました。
久々に弾いたので指がもつれてしかたなかったんだが
楽しいんだな〜これが。

だいたいみんなある程度音楽をやってる人ばかりなので
誰かが弾き始めたら、耳とギターのコードポジションを頼りに、
それにどんどん乗っかっていく。
楽器持ってない人も
そこいらにあるマラカスやスズで入ってくる。
いつのまにやらアンサンブルのできあがり、みたいな感じ。
音楽が好きだ〜という空気で満ちあふれていてサイコー。
なんとなくこころがほっこりするのだ。
こういう時間って、ほんとに貴重だなーと思う。
いや〜音楽ってほんといいもんですねえ。

けっこう出来がよかったので
来年、ひょっとしたらこのバージョンで本番ができるかもしれない。
これまたいいねえいいねえ。
来年も楽しみだなあ。
[PR]
by satton07 | 2004-12-27 01:56 | Diary | Comments(0)

クリスマスプレゼント

今朝、大学時代のとある親友からメールが届く。
8月、彼に女の子が生まれたので
その少し遅いお祝いを贈ったお礼だった。
遅いお祝いなら、ということで
クリスマスプレゼントにひっかけて
24日に届くように贈ってもらったのである。
われながらニクいね〜このやろ。
こーゆーの好きなんですってば。そういうキャラでもないけど。
というわけで、今回はおもちゃを贈ることにした。
まだ遊ぶには少し早いかなーと思ったのだが
「多分これを買うまで気が回っていないだろう」ということと
「どうせ贈るなら、なにかのきっかけになるようなものを」という二つをコンセプトに
いかにも自分らしいセレクトをしてみようと思い立ったのである。
しかも、「わかるやつにしかわからない」セレクトにしてみたかった。

ちなみに何にしたかと言えば、サカナの形をした木琴。
ある意味まさにキャラ通りのセレクトなんですけど。

「どーかなあ」などと少し気になっていたのだが
「おまえらしいプレゼントでうれしかったよ〜」と、ありがたい返事をもらえたので
それだけでハッピー。
このオモチャがきっかけで音楽はじめて
プロミュージシャンなぞになった折りにはぜひ
「きっかけは、出産祝いにもらった父の親友からオモチャなんです」とか言ってください。
そんな種を蒔いてみたさ。出るかは知らんけど。

ところで、「プレゼント」のそんな側面って、けっこう好きだ。
送り手が「そこからどんな芽が出るのだろう」と、
受け手が「どんな思いでこれを選んだんだろう」などと想像をめぐらすことで
よりいっそう送り手と受け手の思いが深まっていく感じ。
そんな雰囲気がとても好きだ。
そこに何かの意味を見いだしていくというのが好きなんだと思う。
それが、なんか生きていくエネルギーみたいなもんになる。
想像をめぐらすことって、人間を豊かにするのですね。ってことを体感。

そんなウレシイ気持ちで昼から出勤。
クリスマスに人から何かもらうなんてここ何年もなかったんだが
クリスマスも終わりか、というギリギリ最後に
ことしはめずらしくプレゼントをいくつかいただいた。
それはモノであったり気持ちであったりするのだが
年が明けてこれから先、生きていくにあたって
自分にとってなんだかプラスになっていくような、大切なもののような気がする。
あくまで「気がする」だけだが
「感覚」や「勘」を人生の選択において重要な決定要素としている自分にとっては
けっこうポイントなのである。

・・・と、そんな想像をめぐらせているのである。

雪でも降ればさらにクリスマスぽいんだが
あいにく外は寒いだけ。おぉ寒。
[PR]
by satton07 | 2004-12-26 02:48 | Comments(0)

サイパン

月曜の夜から、「南の島に行きたい」という母の発案のもと
サイパン島へ家族旅行へ行ってきた。
しっかし家族旅行なんて何年ぶりだろう。
けど、なかなかに楽しい旅行であった。

実は自分も、この歳になって南の島へ行くのは初めてだったので
けっこうわくわくしていた。

b0024020_228554.jpg絵に描いたような青い空と白い雲と
エメラルドグリーンの海。
沖縄の海はもっとキレイらしいが
見たことないので自分的にはイチバンの景色。

短い滞在だったけど
かなーりリフレッシュさせてもらった。
持っていったiPodで音楽聴きながら
ビーチで寝そべったり
シュノーケリングして熱帯魚見たり
船で晩ごはんを食べて知らない外国人と騒いだり
それはそれはフツウに幸せな時間をすごした。

いい歳した母と父が
シーカヤックを漕ぎながらキャッキャ騒いでいるのを浜辺でみながら
こうやって平和な毎日を過ごせることを
とても感謝したい気持ちになった。

ホテルのチェックインやら店員とのやりとりやら一切は
妹と自分がやっていたんだが
それを後ろで挙動不審に立って見ている親の姿が
なんとなくかわいらしいのだが
同時に「ああ、歳とったんだなあ」とも思えてちょっと切なかったりもした。

そんなうちのオトンは
朝食バイキングでお皿に山盛りの肉と
山盛りのご飯とキムチを
あっという間にたいらげて
「はあ、コーヒー欲しい」と余裕な表情をみせていた。
てゆーかどんだけ食うねん。
そんな父は64歳。
ところでその横にいたアメリカ人らしき割腹の良いおっさんもすごかった。
「イェッホーィ」とか大笑いしながら
父に負けじと大盛りの皿を3回くらいオカワリしていた。
なかなかそれもまたすごい光景であったが。


そんなサイパンでいちばん笑えたのは
地元のお店で買い物をしたとき
「Excuse me?」とちょっとネイティブちっくに聞いてみたら
あっさり「ニホンゴデイイヨ」と返されたこと。
アホか、自分。

b0024020_227638.jpgせっかくなのでもう一枚写真を貼っておこう。
船から眺めたサイパンの日没。
もっと晴れてたら
太陽の光と海の色が混ざって
太陽が一瞬グリーンになるらしい。
見たかったなー。
[PR]
by satton07 | 2004-12-23 17:15 | Diary | Comments(0)

#013 大貫妙子「note」

b0024020_158674.jpgうーんいいねえ。ほんといい。
ウチのCD棚でも、特にオススメな名盤デス。
シンプルな言葉でいろんな想像を呼び起こすような、詞の世界。
誰のこころにも気軽に届いて行きそうな、シンプルなメロディ。
ポップスの真髄がここにあるのだなあ、と
聴くたびにいつも感じる。



すごく奥深くて芯の強い思いがあって
それを決して気負わずにわかりやすく、自然に語りかけられるのは
やっぱり「歳」のなせるわざなんだろう。
大貫妙子さんの曲を聴いていると
歳をとることって
すごい楽しいことなのかもしれないなーと感じてしまうのである。
こういう人でありたいなーと願いながら
ついついラクをしたがるいやらしいあたくし・・・。
このCDを聴いて、えりをただすのです。

ところでこのアルバム最高〜!とか言っているのは
自分の好きなミュージシャンがたくさん参加していることも
手伝っていると思われます。
ギターは山弦、ピアノにフェビアン・レザ・パネ森俊之
コーラスではマッキーも参加。
マッキー以外はみんなスタジオ系のミュージシャン様なので
知ってる人のほうが少ないんだろーなあ。
知らない人はぜひチェック。
この人たち無くして今の日本のポピュラー音楽業界は
成り立たないんとちがうかなあ。
[PR]
by satton07 | 2004-12-19 22:00 | ウチのCD棚 | Comments(2)

ながーい一日

ゆうべ、天満で某忘年会の後
そのまま2次会に突入。
これからさきのジンセイなんぞについて
熱い議論がかわされる。
しこたま飲んだ結果、帰れなくなったので
ジャンカラでとりあえず朝まで過ごし、始発を待って家に帰った。
こんなんひさびさ。
5時間ほど寝て身の回りの支度をして
昼からは大学時代の先輩の結婚式があったので再び梅田へでる。
なんとなく変な感覚・・・。

みんなでギター弾きながらウルフルズをうたった。
もう何年も使っていなかったので
すっかりほこりまみれになっていたギター。
ひさしぶりにやってみたら、けっこうおもしろかった。
けれどやっぱりピアノがいちばん扱いやすいなー・・・って、あたりまえか。
[PR]
by satton07 | 2004-12-18 23:33 | Diary | Comments(0)

宴会終了・・・

11人の宴会、つつがなく終了。
どやねんとか思いながらも
やってみたらそれはそれでけっこう楽しくすごせた。
そういうもんなのか、自分よ・・・。
来てくれた人のおかげ、って感じである。
ありがたいありがたい。

今日も宴会に来てはったのだが
このシゴトをやってて、けっこう尊敬している先輩がいる。
ふだんからいろいろと助けてもらったり、
困ったときは適切なアドバイスをくれる。
自分の経験したことを惜しげもなく自分に提供してくれる。
後輩を育てようとしてくれているなーというスタンスが
何よりもうれしいしありがたいと思う。
そういう人と出会えるのは、とても貴重だなーと思う。
だからこそ、
こういう人とともにシゴトができるのは 
とても幸せなことだと思う。
そういうオトナになりたいなーと、素直にそう思う。
いや、もうオトナやちゅうに。
30歳も近いのに。
[PR]
by satton07 | 2004-12-17 01:15 | Diary | Comments(0)

空気読めコノヤロー

あの人「罪」だなーと思うようなことがいろいろあるが
「悪気のない」人こそが、いちばん「罪」だなー、とよく思う。
てゆーか、とっても「困ったちゃん」なんだが。

「おいおい横の女の子、ひいてるよ・・・」と
ビミョーな空気になっていることに気づかず
寒いギャグをとばしまくるオヤジとか。
かさばるリュックを平気でしょったまま満員電車に乗り込んでくるやつとか。
そういう人にかぎって、後ろにいる人がそのリュックに押されて
何とも言えないくねっとした体勢になっているのにまったく気づかず
さらに左右に動いてみせたりする。

罪の意識がないのもイタいけど
空気読めないってのはもっとイタい。
さらにそれを指摘しても
まったく空気を読もうとしないのはさらにイタい。
できなくてもから、せめての努力もみせないのは究極にイタい。

そういうシチュエーションが比較的よく目に入ってくる性分なので
ついついそういう光景を目にするたび
「ああ、やっちゃったよーあの人」とか思ってしまう。
と同時に
「自分もあんなことしてるのかなー」と思って
たまにブルーになったりする。
そう思えるだけ、まだ大丈夫ってことなのか・・・??

てゆーか、そういう性格なんで
もうどうしようもないんですけど。

こんな文章書くつもりじゃなかったんだが
なんとなくこんな文章になってしまった・・・。

ちなみに明日はシゴト関係の某忘年会。
幹事に当たってしまった。
対象者数130人。
大体来るだろう人数40人で予約。
周知が遅れたことと、年末で忙しいんだか
はたまたあまりやる気もないのか
実際に確定した数11人。
どうなんでしょうこの宴会。
え、幹事の力不足?
ちなみに別の人が幹事でやった同じ宴会。
去年も20人ちょっとやったらしい。
意味あるんかなあ、この宴会。
せっかくのカニとエビなので
しっかり残りのメンバーで食べてきますけど。
[PR]
by satton07 | 2004-12-16 01:59 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧