<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

よかったら

今夜は気分いいからもういっちょう。
って、こんなことするから寝不足になるのに〜・・・まあいいか。

自分がよく見に行くサイトの一つに
FM802のDJ、ヒロ寺平さんのサイトがあるんですが
ここの日記がかなりおもしろい。
てか、ものすごい共感できるんよね。
自分とはキャラこそ違えど、こういうトシの重ね方をしたいなあと思える人のひとりだ。

そんな氏の日記で紹介されていた本。
藤原正彦の「国家の品格」。
ベストセラーってやつらしいので読んでる人も多いのかもしれませんが
これ一読の価値あり。
バリバリの数学者が書いた本です。
けど、わかりやすい文章です。
なんつっても、めったに読書しない(反省)わたくしでも読みやすい文章なので。
タイトルだけだとなんだか「そっち系(って、どっち系?)」な感じがするが
内容はじぇんじぇんそうではございません。
かなりどぎついな〜と感じる表現も多いので賛否両論あるとは思いますが
自分は、それはちょっとなあ、という部分もあるにはあったが
共感できる部分がかなり多かった。
「最も重要なことは、論理では説明できない」とか
「情緒に欠けて論理力が抜群な人」のイタさを論じてるあたり、
なかなかツボをついてるなあ、と。
ああ、そやねんそやねん。そういうことが言いたいねん、ってことが
わかりやすく書いてます。
どうしようもない現実にことごとく叩きのめされるけど
その中で自分ができることって、なんなのかなあ、なんてことを考えるきっかけになるかも。
頭を上手に使うのももちろん大切だけど
それはどっちかというと割合的には3割くらいなのかも。
それよりも
いろんな人とふれあい、いろんな考えを受け入れ
いろんなことに想像をめぐらせ、美しいものにふれ、
感動できる心を育てていくことのほうがもっと大切なことだと思う。
今さら何をいうか、って感じでしょうか。
けど、自分の立ち位置って、そういう経験の上にできあがるものなんよなあ、ってことを
改めて気づかせてくれましたねこれは。

たぶん、ウチのblogに来て
なんかようわからんけど共感できる部分がある方なら
読んでみる価値あるかもしれません。
本の帯はなんとなく気に入らないが・・・。

薄っぺらい価値観がまかり通ってて
怪しい理屈に気を抜いたらまやかされてしまいそうな世の中。
「ほんまもんを見抜く眼」って、これからもっともっと大切になるのかもしれませんなあ。
なーんてことを考えさせられる本でした。
「日本人論」がテーマなようだけど
自分自身に向けられているような感じがして、おもしろかった。

「小学校で英語が必修化」なんてトピックを読みながら
何を寝ぼけたことを、なんて思ってたときにこの本を読んだので
そういう意味でもなかなかタイムリー。
英語ペラペラ君=国際人という図式が
なかなかイタいよね。なんて。
[PR]
by satton07 | 2006-03-31 01:04 | Diary | Comments(2)

Oh,Sing it to me♪

今日は夕方(というより夜か)からバンドの練習だった。
楽しいことなら、いくら仕事が忙しくても何とかして時間を作るほうなのかもしれない。
本番が9日なので、せっせと練習。

数曲やる中で、ラブサイケデリコの「YOUR SONG」をするんだが、
ドラムとギターのタイム感とでもいうんやろか、それがもんすごいいい感じだった。
練習終わってから、お茶しながら音楽トーク。
好きな音楽の話でもりあがる。
話してたらメンバーそれぞれの音楽的ルーツが見え隠れしておもしろい。
にしても、ホントに音楽好きの集まったバンドやなあ、と。
メンバーにロック系人間が多いなかで
自分は数少ないポップス系。
それでも一緒にやるとこれがなかなか面白いのさ。
自分でいうのもなんだが、楽譜なし即興でこれだけできるバンドも結構すごいと思う。
めちゃウマバンド、ってわけじゃないが
あったかみがある、といいましょうか。
音楽だけじゃなくて、メンバーそれぞれの人柄、というか個性がとにかく好きなので
こんな人らと一緒にプレイできるのはとてもシアワセ。
そりゃ堺から吹田のはずれまで通っちゃいますってば。
というわけで、練習の終わった帰り道
え、もう桜吹雪??などと思ってたらホンマに雪だった。
3月の雪。思わず槇原敬之を思い出すじゃないですか。
[PR]
by satton07 | 2006-03-31 00:27 | Diary | Comments(2)

年度末

年度末ということで、なにかとバタバタしている。
仕事をやってもやっても次の仕事がやってくるって感じ。
人事異動があるまで、なにかと落ち着かない日々が続きそう・・・。

てか、本とかCDとかその他もろもろ書きたいネタはけっこうあるんですけど
時間がなくて追いつかないのであ〜る。

そんな中でも
明日は仕事の後バンドの練習なのであ〜る。
ま、間に合うんだろうか・・・。
[PR]
by satton07 | 2006-03-30 00:53 | Diary | Comments(0)

本日モ晴天ナリ

いわゆる休日出勤とかいうやつの後、夕方からバンドの練習。
Let it beをレゲエ風にやることになり、けっこう練習。
けっこう、ゴキゲンな感じで好き。いいね〜♪
ドラムのAちゃん、かなり苦労?
てか、リズムが覚えられずに、クセになって叩いてるリズムの方が相当難しそうなのに・・・。

練習終わって、メンバーのひとりMさん家によった。
微妙に傾いてたけどめちゃいい感じ。
ウチとは違った感じでなかなか、いい。
じつは吹田移住をことあるごとに持ちかけられている。
う〜ん、今の家も住んで(てか引っ越して)間もないし
今住んでるとこもけっこう好きなので、当分はここかなあ、なんて思いつつ
通ってるボランティア先も実は吹田だし
なにかと縁、というかネットワークもできつつある町なのだ。実はね。
確かに通うと片道1時間強かかるのも微妙になんだかなあ、なんて思ったりもしている。
自分の中で、あとふた押しくらいのインパクトがあったら、わからんけど(笑)。
とりあえず、4月から堺は政令市になるらしいので
しばらくは「区民」と呼ばれるプチ都会感を味わってみようかなと。
なんの話や。

とか書いてたらもうこんな時間。明日は仕事だってへのに。
なのにまたまた2時じゃないですか〜。いかん!寝な!!
[PR]
by satton07 | 2006-03-27 01:28 | Diary | Comments(0)

本日ハ晴天ナリ

今日はホントいい天気!!の大阪でありました。
朝から洗濯したりふとん干したり
買い物いったりして
なんだかものすごく充実した一日であったような気がする。

夕方からは一路八尾へ。
バンドの仲間のひとりが働いているカフェへ行ってきた。
バンド仲間4人でわいわいやった。
てか、このメンバーでこうやってわいわいするのって初めて。
なんか、ものすごく楽しかったんですけど〜。
価値観とかはそれぞれ同じモノがあったりまったく違う部分もあったりするんだけど
なんか、向いてる方向ってゆうんですかね。
そういうのは、なんか似てるような気がしたので
もんすごくここちよい空間だったのでした。

なんか、最近よく感じるんだが
やっぱり自分って感覚で動く人間なのかなあ、と。
心で感じることを価値判断で一番優先してしまうタイプなんだと思うし
そういう人に心惹かれるんだなあ、と。
どんなに筋の通った理屈を押し通されても
やっぱり、どこかすっきりしないなあって感じることだってあるし
そういうことほど、後になって振り返ってみたら
自分の中では間違ってなかったんよなあ、なんて思う。
仕事でこれを前面に押し出したら
あんまり理解を得られないことの方が多いんだが。
だって、ねえ。
根拠は?って言われて
「勘です」なんてなかなか言えないしね。
けど、それが意外と真実やったりすると思うねんけどなあ。

とはいえ、やっぱり
誰がなんと言おうが
いやなものはいや、でいいし
好きなものは好き、でいいんだと思う。
それをうがったり見下したりすることなく
「あ、そうなんや」って言える人になりたいなあ、と思うし
そういう価値観を持った人とこそ、仲良くしたいなあ、と思う。

まあ、世間一般で暮らして行くには
その辺とうまく折り合いをつけないといけないってのも
頭の中ではわかっちゃいるんだが
最後の最後には、この価値観は譲りたくないなあ、なんて思っている今日この頃。
ああ、なんとなく意味のわからん文章だ。
酒が入っておりますのでお許しを・・・。

で、明日は休日出勤だ〜い。
なのにもうすぐ2時じゃないですか〜。いかん!寝な!!
[PR]
by satton07 | 2006-03-26 01:40 | Diary | Comments(2)

まじかよ

この前書いたPSE法のからみでさっきニュースを見たんだが
電子楽器はビンテージものに限って条件が緩和されたらしいが
そうでない楽器は結局同じで、売買できなくなるらしい。
てか、微妙に気になってたんだが
ビンテージものかそうでないかって、どうやって判断するんだろう??
なんだか、まだまだ安心するにはちょっと待った方がよさそうな感じ。

それにしても、意味がよくわからない法律だ・・・。
[PR]
by satton07 | 2006-03-23 22:47 | Diary | Comments(0)

だらだら

仕事で夕方から打ち合わせがあったり
その他のことやってたら結局時計は8時をこえていた。
今日は早く帰ってメシでも作るか、などと思っていたんだが
途中電車が事故だかなんだかで足止めくらったりして
最寄り駅まで着いたら結局スーパーも閉まってた(涙)。
せっかく、やる気になってたってへのに・・・。

ところで、家の郵便受けをのぞくと、地域のミニコミ誌「泉北コミュニティ」が。
そうだ、ここは泉北であった。
ここでも触れましたが、地元にいたころ、愛読していたミニコミ誌ので
ナマで読めるのはひじょうに喜ばしい。
てか、仕事柄ミニコミ誌をよく読むんだが
ミニコミ誌って、その地域地域のカラーがよくわかっておもしろい。
ちなみにコミュニティは、公共施設がない・交通の便が悪い・お風呂がない・など
泉北の不便さを解消しよう、という市民運動がもとになってできたミニコミ誌らしい。
なので、そのカラーを引き継いでいるせいか
行政当局に対する痛烈な批判なんかも多い。
けど、もともとの理念なんかには共感できるものがあるので
自分はけっこう好きである。
久々に発行日にナマの誌面を読めて、ちょっとうれしい。
地元ネタ満載。
お花見スポットの紹介があったので
4月になったら、チャリンコこいで近くの公園に桜でも見に行ってこようかな、とか思う。
桜の季節はすぐそこだというのに、まだまだ寒い。。。
[PR]
by satton07 | 2006-03-23 00:17 | Diary | Comments(0)

いまさらだけど

突然なんですけど(ほんまに突然やな)
一軒、おいしいお店を紹介してよろしいでしょうか。
前住んでいた、中百舌鳥にある洋食屋さん。
中百舌鳥暮らしも終盤にさしかかった昨年夏ごろからよく利用してたんですけど
手頃な値段でけっこう美味しいのですよ。

なにがいいかって
店員さんがもんすごい感じいいのですよ。
もんすごい細やかで、明るい店員さん。
自分、食事はサウスポーなんですけど
大体お店に入ると、右利き仕様で配膳されているのが普通じゃないですか。
このお店も、はじめて入ったときは
やはり右利き仕様でお箸やらお皿を置いてたんですけど
2,3回行くウチに、どうやら顔をおぼえてくれたみたいで
ある日何気なく店に入ったら、
きちんと左利き仕様で配膳してくれたんですよ。
しかも何も言わず。(←ここポイント)
これ、サウスポー的にはかなりポイント高いっすよ。
昔ほどではないけど、左利きって、何かと不便も多いんですよ。
自動改札口とか、ハサミとか。飲み会の座席のポジションとか。
なんで、こういう気遣いを受けると
必要以上にものすごい琴線にふれるんですよねえ。

そんな店員さんでかなり印象度アップな上に
味の方がこれまたいけるのですよ。
自分のお気に入りはハンバーグとフライのランチ。
ハンバーグが手作りで、デミグラスソースもコクがあってなかなかいける。
サラダにかかっているリンゴのドレッシングもこれまた美味。
あーなんかごっつ食べたくなってきた。
前ほど気軽に行くことは少なくなりそうだけど
機会があったら、また食べにいきたいなと。

ちなみにお店の名前は「アシェット」。
大阪府立大学・白鷺門の目の前。
日祝はお休みなのでご注意。
近くに来ることがあればぜひお立ち寄りを。
感じいい店員さんが待ってます。

詳細はこちらを。
[PR]
by satton07 | 2006-03-22 00:20 | Comments(2)

#082 ハミングキッチン「虹色ソーダ」

b0024020_1464545.jpgココロなごむ音楽をもうひとつ。
こちらは湘南発のサウンド。
いつかここで紹介したいなあ、なんて思っていたCDのひとつ。
よくのぞきに行かせてもらっているmiwa-soulfunkさんとこのblogで
この人たちの存在を知り、ちょっと聴いてみるかなんて思い、
買ったCD。


関西圏のタワレコでは店頭販売していないそうで(2006年1月現在)
自分はアマゾンで購入しました。
なので、特に関西圏の方は知らない人の方が多いのかも知れません。
自分なりにちょいと補足説明してみると
イシイモモコ(vo)、眞中やす(g)のふたりからなるアコースティックデュオ。
現在は、横浜や湘南を拠点に活動しているようです。
ちなみに、HPはこちら

聴いてると、とにかくいろんな音楽が聞こえてくるなあ、と。
単純にポップスとかジャズとか
そんな感じでジャンル分けできない音だなあ、と思った。
クラシックやジャズ、ボサノバ、ポップスとか
いろんな音楽の影響をすなおに受けている印象。
で、それらをじょうずに自分たちのスタイルとして表現してはる。
いかにも、って感じがしないなあ、と。
・・・などと理屈をこねてても、なんだかなあ。
あのねー、なんか「あったかみ」のある音楽だ。
なにかに左右されることもなく
自分たちはこの音楽が好きで、楽しくてやっているんだという
意気込みが伝わってくるのがいいねえ。
意気込みだけじゃなくて、それが実力として表れてるのがすばらしいなあ、と。

ドラマーの林立夫さんとか、元デラルスの大儀見元さんとも共演してるみたいですね。
クレフィンでおなじみのYANCYがゲストでこのアルバムに参加してたりと
さりげなく「おおっ」と、びびりましたが。

ちなみに自分は「夕焼けステイション」と「夕立」がお気に入り。
聴いてて景色の見えてくる歌って、けっこう好きかも。

あんまり関西では目立って表に出てこない感じのするオトだけど
自分は好きですね〜、こーゆう音。
[PR]
by satton07 | 2006-03-21 14:08 | ウチのCD棚 | Comments(2)

#081 ベベチオ「JAPANESE SPOON」

b0024020_0192592.jpgもうすぐ、本格的に春到来ですね〜。
仕事的には最もバタバタする季節。
けど、気候的には最もゆる〜い季節。
てなわけで、ゆる〜い休日に心のスイッチをオフにできそうな感じの
CDを何枚かご紹介したいなと。
で、ひとつめはいつぞやの日記で書いた、ベベチオ。


ベベチオはベースとボーカル兼ギターのユニット。
関西を中心に活動してたんですけど
ここ最近は関東にも進出してるみたいっすね。
初めて彼らの音楽を聴いたのはFM802・ヒロ寺平のモーニングジャム。
寝起きにタイマーをかけてるんだが
ある朝の目覚ましタイマーでかかってたのが彼らの「チヨコレイト」という歌。
あまりのゆるさに、思わず二度寝しそうになった一曲。

で、このアルバム。
すべてスイッチオフ!って感じのゆるい音楽ばかりでもないが
かなり独特な世界つくってます。
詞の世界、とくに言葉の選び方がおもしろい。
謎解きのような感じ。
理論的な仮面をかぶりつつ、実はものすごく感覚的なのでは、と思わせるとことか。
キリンジとか、スピッツとかあの辺に近いかも。
けど、もうちょっとわかりやすいように思う。
ほどよく打ち込み系なサウンドも、遊びがあって楽しい。

いわゆるものすごいインパクトはないんだけど
「じわじわくるぞ」系で、自分的にはけっこう好きかも、こういう音って。

4月のNEW BREEZE(@大阪城野外音楽堂)にも出演が決定。
これからが楽しみなアーティストのひとりだ。
[PR]
by satton07 | 2006-03-21 00:19 | ウチのCD棚 | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧