<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いちにち。

きょうは休み。
月曜寝れなかった分をしっかり寝た。
昼前に近くのカフェへ行った。
ブランチってやつですか。
平日なので空いている。まったりするには最適。

昼から郵便局へ不在配達の郵便を取りに行って
家に帰ってから、音楽をつくる。
すごいやってみたい曲があったんだけど
いいアレンジが思いつかなくてずっと眠らせていたまま。
ちょっといいアイデアが浮かんだのでピアノの前に向かって約3時間。
おお、でてきたでてきた。
アイデアをまとめるのにひと苦労。
とりあえずそれらしい感じにまでしあげて今日はお開き。
ちょっといつもと毛並みがちがう選曲だけど
ある意味とても自分っぽい作品に仕上がった、と思う・・・。
もう少し手直ししてから、公開しようかな。。。
[PR]
by satton07 | 2006-06-28 01:10 | Diary | Comments(0)

ここでつくる

なんとなく、紹介してみるか〜、ってことで
ウチの音楽工房をご紹介♪
ここ数年の間で徐々に買い足したりもらったりで
だいぶそれらしくなってきた、ように思う。

公開してる音楽はここで生み出されているわけです。はい。


b0024020_0385616.jpg←というわけでとりあえず工房全景。
基本的に、ポップスとかクラシックをやるので
それに合った形で機材もそろえている。
手前にあるのが工房の脳みそであるPowerMac G4(かなり値切って購入。最近ついに晴れて音楽専用機になった)。
Mac本体の上に、最近導入した音源、YAMAHA MOTIF RACK ES(中古で購入。とりあえずPSE対応機のため問題なし!)。
その上にキーボードとマウスを置いている。省スペースのため。
メイン鍵盤の上にディスプレイ。その横に簡単なミキサー(やはり中古)。



いまやウチのメイン音源。b0024020_0394483.jpg
YAMAHA MOTIF RACK ES。→
これからかなり使われていく予定。
ポップスをやるなら、これ1台あれば相当活用できる。
「うん」のピアノもチェロも、
この音源から。
ちなみに「チェリー」とか
「CLOSE TO YOU」のピアノの音は
Macに入れてあるサンプリング音源。
その中から、スタインウェイのピアノを使用。



b0024020_0403595.jpg←宅録やってて一番むかつくのは配線。
あの線がこれで、この線とその線がそこにつながって・・・
あ〜わけわからん。。。





b0024020_0412715.jpg ←正面からパチリ。
鍵盤はYAMAHA P-200。別にヤマハの回し者ではないんだけど。
もともとピアノな人なので、
弾いたタッチがいいヤツを選んでたらこれになった。
あと、槇原敬之の使ってる鍵盤が
こいつの兄貴分、P-300(既に廃盤)
というのも買った決め手のひとつ。


ちなみにボーカル録りのマイクは、ほんのつい最近ようやく
レコーディングじゃスタンダードなSM-58に変えた。
それまでずっと1750円のポータブルマイク。
(よくそれで録れてたもんだと思う)



b0024020_0423285.jpg←弾き心地は最高。
けど、ホンモノのピアノにはやはりかなわない。
いつかグランドピアノが欲しい。
誰か買って。









b0024020_0441870.jpg←ディスプレイには現在Logic pro 7.2が立ち上がってるとこ。
Logicでの作・編曲作業は
楽譜に音符を書いていく作業と
レコーダーに演奏を多重録音していく作業を
足して2で割ったような感じ。
こういうシステムは、
クラシック出身者に大変ありがたい。

自分で鍵盤を弾きながら、音符を記録していく。
音を差し替えることもできる。
トラックごとに音を録音していくことができるので
鍵盤を弾いたり、歌を歌ったりして、音をどんどん重ねていく。
ミックスやトラックダウンもこのソフトでできるスグレモノ。


b0024020_0445951.jpg←と、まあ。とにかくいろいろできるソフトなので
未知の機能もいっぱい。
というわけで、マニュアルは必携。分厚いんですけど。。。







まあ、そんな感じです。
宅録しないひとにはなんじゃそれって内容ですけど。
ああ、こんなとこで作ってるのね、ってことで。
ではでは♪
[PR]
by satton07 | 2006-06-27 00:45 | Comments(0)

おっ!

ねむれなーい、とか思って
プレ王の自分のページを見に行ったら

のぁんと、自分のアップした曲が
チャートの上位にランクインしてるではありまへんか!
無謀にも、槇原敬之の「うん」をやってみたんだが
ジャンル別とはいえ、なんと5位!
ちょっとびっくり。

幸運にも、プレ王のトップページの新着リストの目立つところに載ったってこととか
ジャンルをポップスにした、ということが大きく影響していると思われるが。。。

そういうわけで
来週のチャートからはきっと消えていると思われるので(苦笑)
確かめるなら、今のウチに。。。
てか、よければ一度こちらで聴いてみて〜♪
歌も、おそらく今までで一番マシだと思われる。
[PR]
by satton07 | 2006-06-26 05:15 | Diary | Comments(0)

ねむれなーい

なんだかよくわからないが
眠れなくなってしまい、ハマってしまった結果
結局こんな時間に。
空が明るくなってきた。めっさブルー。
原因がよくわからん。
昨日もそんなに寝過ぎてないし。

あー、もう少しで仕事いかなあかんのに〜。

このまま起きてようかしら。ってことで
パソコンひらいてみた。

ああ、今日一日眠い状態で過ごさないといけないのか、って思うと
今から微妙にブルーだ。

頼むから寝かせてくれ〜〜。
[PR]
by satton07 | 2006-06-26 04:35 | Diary | Comments(0)

♪MY BEST OF KAN

b0024020_15381899.jpg出ました久々の新カテゴリ。
愛用しているiPodのプレイリストを紹介してみようかと。
てか、自分の場合、プレイリストって頻繁に更新してるので
ちゃんと記録残しとこうかな、と思って作った次第。


というわけで、初回は、KAN様のお気に入り集を。
収録アルバムもついでに書いてみました。
ちなみに♪がついてるのは、ここでアルバム紹介したことのあるやつです。
なんだか気になるようでしたら、「うちのCD棚♪ブックマーク」のカテゴリから
勝手にCD探して読んでみてください。
ではでは・・・


★LIST★

1.Songwriter(「TIGERSONGWRITER」)♪
2.サンクト・ペテルブルク〜ダジャレ男の悲しきひとり旅〜(「TIGERSONGWRITER」)♪
3.君が好き胸が痛い(「何の変哲もないLove Songs」)♪
4.Happy Time Happy Song(「KREMLINMAN」)♪
5.めずらしい人生(「めずらしい人生」)♪
6.Regrets(「めずらしい人生」)♪
7.涙の夕焼け(「TOKYOMAN」)
8.永遠(「たまには風呂につかりたい」)
9.けやき通りがいろづく頃(「野球選手が夢だった。」)♪
10.今年もこうして二人でクリスマスを祝う(「Greem & Squeeze」)
11.ガラスの30代(「Greem & Squeeze」)
12.何の変哲もないLove Song(「何の変哲もないLove Songs」)♪
13.Solitude(「KREMLINMAN」)♪
14.月海(「TIGERSONGWRITER」)♪
15.秋、多摩川にて(「弱い男の固い意志」)

★★★

別にこの曲を選んでいたころに
なんかせつない出来事が続いたわけでもない(苦笑)。
ただ、好きな曲を選んでいたらなんだかしっとりした曲が多くなっただけだ。
好きで選んでるんので、基本的にどの曲も好きなんだが
特に、と聞かれたら1とか15かな。
しごと帰りの夕刻に聞いてたら、なんだか意味なく浸れます。
いえいえ、普通に聞いてもいい歌ですから。
訥々と語ってゆく歌詞が、好きだ。
ちなみに3は弾き語りアルバムのバージョンを選択。
気分的に、こっちのバージョンを聞きたくなったので・・・。
[PR]
by satton07 | 2006-06-25 15:37 | Comments(0)

#102 EPO「POPTRACKS」

b0024020_0574318.gifEPO「POPTRACKS」

発売:1990/9/21
ミディ ¥2,854 
(邦楽・ポップス)


さいきん、新しいCDを手に入れても
聴くのが追いついていないって感じ。
ってことで、懐かしめなやつで。
ポップス好きならはずしてはいけない(きっと)。EPO。
ちょっと渋めなカバーソングがメインのアルバム。


EPOとの出会いといえば、やはり「DOWN TOWN」。
「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマで聴いたのが最初。
小学生のころだったが、かっこいい曲やなあ、って思ってた記憶がある。
かのシュガーベイブのカバーだったってことも、当時は知らなかった。
「う、ふ、ふ、ふ」あたりは、きっと誰もが知ってるんかな・・・。
当時は、CMソング歌いまくってたしねえ。
これとは別にベスト盤持ってるんだけど
タイトル知らないけど、聞いたことある歌がけっこう多いかも。


最初にも書いたけれど
このアルバムに収録されてる曲の大半はカバー曲。
サザンの「いとしのエリー」とか、ユーミンの「12月の雨」、
大貫妙子の「横顔」など。
めっちゃEPO色になっていておもしろい。
クリアーなシンセのサウンドも、いかにも80年代っぽくてよい。

珍しいところだと、
昔浅野ゆう子が歌ってヒットした「セクシーバスストップ」なんかもいい。
歌謡曲やったっけ、この曲って。
アレンジがPOPで、聞いてて気持ちいい。

カバーアルバムって
アーティストの音楽的背景が特によくみえてくるので、好きだ。
[PR]
by satton07 | 2006-06-25 00:58 | ウチのCD棚 | Comments(0)

どうも。

ここんとこ更新が途絶えているのは
プライベートの時間のほとんどを音楽制作に費やしているから。

数年前、DTMを始めた頃、自分で作品を創った際
あまりの音楽的バックグラウンドの薄さに辟易して以来
ここ2、3年は音楽を聴くことに力を入れていたが
今年に入ってから、いろいろきっかけもあって
そろそろ音楽を創ってみるか、と思い
創ることに力を注いでいる毎日。

仕事以外で、寝てるか食事してる以外は
おそらくほぼすべて音楽作ってる毎日。
自分、エンジンかかるまで時間かかるんですけど
エンジンかかったら、夜中だろうが平日だろうが関係ナシ。
そんな具合なので、朝に寝不足で後悔することもしばしば。

創ってるときは「おお、いい感じや〜ん」とか思ってるんだが
一晩経って聞き直してみたら「あれ?」って感じ。
「夜書いた手紙は朝読み返せ」っていうあれと似ている。
で、そのギャップを埋め合わせるべく作業を繰り返すんだが
なかなか納得のいく作品はできないもんで。

いざ、できあがってみても
まだまだ反省点もたくさん見つけてしまう。
曲がひとつひとつ仕上がるたびに
耳はだんだん肥えていくので
前回以上のクオリティを求めてしまうし。。。
なんて書いてるけど、まだまだだなあ。自分。

言い訳がましいが
とりあえずは、自分が「イイ」と思える作品を創るのが目標。
当面は、コピーとかアレンジでチカラをつけていこう。そうしよう。
なんか、オリジナル創るだけのモチベーションに
至っていない、というのもあるんだが。。。

というわけで、今回は自分のお里でもある、バリバリのポップスにチャレンジ。
アーンド、敬愛するあの人のあの曲をオリジナルのアレンジで。
明日明後日くらいにここのぞいてみてください。聞けると思います。
お楽しみに(って思われていればいいんだが・・・)。

ではでは♪
[PR]
by satton07 | 2006-06-22 00:30 | Diary | Comments(2)

アウトドア

前の職場の人たちとバーベキューへいってきた。
近郊へいくか、ということで、河内長野の滝畑ダムへ。
中学生だか高校生のとき以来なので、もんすごい久しぶり。
途中小雨が降ったり、
ビールが川に流されたり(涙)と、ハプニングもあったが
とりあえずは腹一杯食べた。
片づけて、帰りは車で和歌山方面をぐるりと回って堺へ帰ってきた。

かなり行き当たりばったり感満開な一日だったんだが
かなりダラダラ感満開のゆるい休日で
自分的には非常にいい感じの一日。


少し時期はずれだが
引っ越しのお祝いにダーツセットをもらった。
春に異動する直前あたりから、
同じ係だった同僚と係長の3人の間で
ダーツが流行りだしていた。
職場がバラバラになってからはあまり行ってないので
再戦を申し込み、今日はお開きに。
さて。ヤミ練ヤミ練、と。


b0024020_12083.jpg←けっこうしっかりした素材。意外と安い(らしい)。
 これで日々練習に励まねば。
[PR]
by satton07 | 2006-06-19 01:02 | Diary | Comments(0)

#101 奥田民生「股旅」

b0024020_23584411.jpg奥田民生「股旅」

発売:1998/3/18
Sony Entertainment ¥3,059
(邦楽・Rock)



おひさしぶりです。
100の位のスタートはこのCDから。
意外でしょうか。どうなんだろ。
昔はほとんど興味ナシだったんだけども
ここ最近でひじょうに好きになってきたアーティストだ。



なんだかんだ言ってる間にもうすぐ30だし。
かといって、20歳からの10年間、
何かが大きく変わったのか、といえば
それほど大きく変わったような気もしないし
たいした苦労をしてきたようにもあまり思わないのが正直なところ。
(てか、生まれてこの方、そんなに苦労してきたとも思わないんだが)

けど、歳を重ねることで
可能性というものはちょっとづつ狭まっている。
ってことを、20歳前後の人々と話していたときにふと思った。
何かを始めようとすると
できないことはないけれど、
無茶をするにはちょっと躊躇するかな、とでもいおうか。
20歳前後の時って
かなり向こう見ずだったし
それなりに無茶なことをやっても
若さゆえで許してもらえることも多かったけど
それで乗り切るにはそろそろ、てか
もう限界かしら、なんて思うようにもなったりする今日この頃。

なんてことを考えてたときに
このCDを聴いて、なんか肩の荷が下りた。
そういう現実は現実として
まだまだこれからじゃん、って思った。

 人影見当たらぬ終列車 一人飛び乗った
 海の波の続きを見ていたら こうなった

 さすらいもしないで このまま死なねえぞ

「さすらい」は名曲ですな。
こういうマインド、忘れずにいようとおもう。

てなわけで
僭越ながら奥田民生のコピーしてみました。
「さすらい」同様、好きな歌。
アルバムとはバージョン違いですけども
さあ、ヘッドフォンのご用意はよろしいですか?
こちらへどーぞ。

ではでは♪
[PR]
by satton07 | 2006-06-14 23:59 | ウチのCD棚 | Comments(1)

W杯

なんだか日本、逆転負けでえらい盛り下がってるみたいですね。

って、なぜにこんなヒトゴトかよって感じの書きっぷりですけど
世間的にはえらい盛り上がってますけど
自分のなかではそれほど盛り上がってもいない、ってゆーか
むしろほとんど興味なし!って勢い。

雑談なんかじゃ
それなりに相づちうってみたり話題合わせたりするけれど
その本心たるや、なんともまあ
あ〜、別の話題にならんかのう、ってずっと思ってたりする。
(ごめん。マジでわからんので)

そもそもあたくし、サッカーというスポーツが大嫌いなの。
いや、むしろサッカーに対する偏見がどうしても抜けないの。
なんだか上手く蹴れないし
もともとトロいので、
ボールもらっても次にどこに送るべきかを読めないし
そんなこともありあまり得意ではなかったんだが
からだを動かすことはそこまで嫌いでなかったので
積極的にやる、ってほどでもなかったが
中学生の頃まではそんなに嫌いではなかった。
が、高校になったとき
高校時代のサッカー部の連中が
なんというか、態度でかいなあ、っていうか
明らかにサッカーできないやつらをバカにしていたことに
大いにカチンと来て以来
サッカーやってる人種に対して
どうしても胡散臭いものを勝手に妄想するようになってしまったのだ。
他にも運動部はたくさんあれど
そういうことを言うのはなぜかいつも不思議とサッカー部。
その辺から、自分の偏見は始まったとみえる。

こうやって書いてみたら実にくだらない理由。。。
なんですけどね。

もちろん、そんな人ばかりではないってわかってるし
事実、もんすごいいい人もたくさん知っている。
それがサッカーとなんのつながりもないということもアタマではわかる。
んが、しかし。
なんか、もひとつサッカーを好きになれない。
もはや理屈なんかじゃないね、これは。

誰かこの妄想を取り払ってくれ、てゆーか
それを超える魅力というモノを
見せれるもんなら見せてみやがれ、って感じだ。

そゆわけで
友達の友達が宮本くんだと言われても
ふーん、ってくらいに
興味ナシ夫くんの今日この頃。

すんませんねえ、世間的に逆行するトーンで。。。
だって、どうしても。ねえ。だめなんで。。。
[PR]
by satton07 | 2006-06-14 00:39 | Diary | Comments(2)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧