<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

#114 Mr.Children「しるし」

b0024020_2114073.jpgMr.Children「しるし」

発売:2006/11/15
TOY'S FACTORY ¥1,200
(邦楽:ROCK)




この曲イイ!
てか、このシングルCD自体がイイ!!

珍しくシングルだ。
てか、あたくし「シングル」っていうものをけっこうバカにしていた。
多くの場合、カップリング曲ってなんとなくヘチョいし
オリジナルカラオケと来た日には
こんなんいらんわいって感じで
買うのにものすごい抵抗を感じていた。
ましてやアルバム買うんならなあ、って思い
中学生のときに買った、槇原敬之の「どんなときも。」以来
実はシングルCDってやつを買ったことがなかったのだ。
というわけで、のののぁんと15年ぶりくらいにシングルを買ったわたくし。

・・・あ、そういえば
昔ここで紹介した馬場俊英の「ボーイズオンザラン」は
シングルだったっけか・・・なんとなくミニアルバムっぽく思ってた。。。

まあいいでしょう。
気分的には15年ぶりなので、それでいいってことにしときましょ。
それほどの衝動に駆られるだけのチカラがこの曲にあったと言いたいだけだし。

このCDについて、書きたいことはたくさんある。
このCDも含めてミスチルの作品の方向についてはいろいろ意見があるけど
ミスチルはいつ聴いてもやっぱりミスチルだなあ、って自分は思ったこと。
あと、コンセプトを持ったシングルCDという「作品」としてのクオリティの高さ。
あとは、やっぱし「しるし」自体の持つ魅力。

高校大学の頃に聴いて、ココロ揺さぶられていたあの頃とは
また感覚や考え方も変わってきたけれど
このバンドの曲を聴くと、
感じるポイントはちょっと変われども
やっぱりあの頃と同じような感覚でココロ揺さぶられる。
そこに、ミスチルの「変わらない」部分があるんじゃないかな。
だから、こうやってどんどん変わっていくミスチルもいいなあ、と。
むしろ、そんなミスチルが好きだ。

とりわけ「しるし」はミスチルのいろんな曲のなかでも
初期の「抱きしめたい」などを思わせるくらいに超ストレートな楽曲。
けど、こっちの方がもっともっと普遍的なひびきがする。
まさに「いろんな角度」から眺めると、
いろんな色合いやストーリーが見えてくる詞。
聴く人それぞれによっていろんな解釈ができる歌だ。
それってものすごいことじゃないか?
そこに自分が激しく惹かれる理由のひとつがある。
音楽的にも好みかな。
イントロのピアノからしてやられる。
D♭の次にくるCm7-5→F7の「(自称)胸キュンコード進行」が、とっても効果的。
ストリングスのラインも高まる感情をかき立てる。
すごく小林武史のアレンジっぽい。
無音状態からイッキに転調する最後もステキ。
ある種相当ベタな感じのバラードだけども
そこが逆に歌詞の普遍性をとても引き立てていて、そこにくすぐられる。


シングルCDとしてのクオリティもかなり高いと思う。
自分的にはかなり好きな曲のひとつでもある「くるみ」ももちろんだが
2曲目の「ひびき」もなかなかのものだ。

 君が好きで 君が好きで 涙がこぼれるんだよ
 血生臭いニュース ひとまず引き出しにしまって
 風のように 川のように 君と歩いていく
 時に嵐に たまに流れに 飲み込まれそうになるけど

 喧嘩しても 仲直りして そうやって深まってけばいい
 幸せなんか そこら中いっぱい落ちてるから
 欲張らずに拾っていこう


どこかKANの価値観にも通じる部分があって、共感しやすいところがある。

「くるみ」もピアノとストリングス主体のアレンジでひと味違う感じ。
最後の転調部分で
いきなり元バージョンっぽく展開する部分は???って感じが拭えないんだが
(映画のタイムラインに合わせた展開なのかな??)
自分はこっちのバージョン、けっこう好きかも。

同じラブソングなんだけど、三者三様の景色を見せてくれる。
その辺にこのシングルの面白さがあるなーって思った。

チャートでバカ売れしてなかったとしても
いろんな評価があったとしても
これ、買って聴く価値あると思うなー。。。
[PR]
by satton07 | 2006-11-28 01:19 | ウチのCD棚 | Comments(0)

深いことは

あまり考えないようにしている今日この頃。

まあ、こういう人は
放っておいても勝手にいろんなこと考えちゃいますから。
つとめて、ね。
[PR]
by satton07 | 2006-11-27 20:46 | Diary | Comments(0)

買い物

バンドの練習がなくなったので
昼からりんくうのアウトレットへ買い物へ行った。
秋冬ものをドカ買い。
ジャケット2着にパンツ2着インナー1着に
シャツとニットを各1着。
たまに、こうやってアホみたいに買い物したくなる衝動に駆られる。

てか、この時期に着る服ってなぜか昔からウチには少ないので
だいぶその辺改善されたかもー。
[PR]
by satton07 | 2006-11-27 01:03 | Diary | Comments(0)

こんな休日もアリだと思う

今日は休日だったんだが、
前の職場でイベントがあったのでひさしぶりに顔を出す。
そのついでに、前の同僚と上司とプチ同窓会。

当然ながら以前の同僚にたくさん遭遇。
自分が担当していたボランティアスタッフや
4年間で顔見知りになった利用者さんともたくさん遭遇。
あうたびに「え、今日はお客さん?」
「はよ荷物置いてスタッフジャンパーつけといでー」などと。
こうやって声かけてもらえるのって、ありがたい話だねー。

こうやっていろんな人とつながり作りながら
楽しいものを作っていくことのできる今の仕事を、
ほんのちょっとだけだけど、誇りに思えた。

自分たちが種をまいて、いっしょに耕して
少しずつ、かたちになっていくのを見る嬉しさ。
あー、この仕事しててよかったかもーって思える瞬間。

あれ?自分ってそんなに仕事好きだったっけ??


夜はひたすら飲み食いしゃべる。
こんなゴキゲンな同僚や先輩と仕事ができて、自分は幸せ。。。なのかも。
[PR]
by satton07 | 2006-11-24 02:00 | Diary | Comments(0)

さらに、ひさしぶり!

何気なくFM802のSONIC STYLE聞いてたら
マーキーの声に混じって懐かしい声が。
うわっ、仁井聡子や!
めっちゃ好きやってん。この人。
キャラも声も。
大学生の頃クルマの中でよく流れていたFLOWER AFTERNOON(やったと思う)。
今となっては遠い昔のことのようです。

なんか、明日の特番で久々に802でDJするらしいよ。
ビバ!!!!
[PR]
by satton07 | 2006-11-23 02:05 | Diary | Comments(0)

きょうもつれづれ

なんだか最近アレっすねー。
なんちゅうかジンセイ系なblogになりつつあるので
ここらへんでちょっと軌道修正しないといかんかなあ、なんて思ってるんだが
やっぱり今日もそっち寄りな文章になりそうな感じ。。。


いや、ふっと思ったんだけども
世の中にはポジティブな人とネガティブな人がいるじゃないですか。
そりゃあ、まったくどちらかのみに属するというわけではなく
両面を持ち合わせているのが通常だと思うのですが。
けど、誰しも
根はどちらかに属するんじゃないでしょうかね。
根っこがポジティブな人、根っこがネガティブな人。
ちなみに自分は間違いなく根っからのネガティブ部類。
たまに、根っからのポジティブ人とかいるじゃないですか。
そういう人を自分のような根っこがネガティブな人から見ると
そのパワー自体を疎ましく感じ、同時に羨ましいとも感じてしまう。

けど、そういうことはどーでもいいなあ、と。
むしろ、根っこがネガティブである自分で別にいいんじゃないの、と。


ネガティブな人間の気持ちは
ネガティブな人にしかわからん、というのが自分の持論。
これまで出会ってきた中での話に過ぎないが、
基本的にポジティブな人って
後ろを振り返ることがほとんどないよなあって思う。
それがいい部分なのだけど
ネガティブな人をみたときに、なんで立ち止まっているかが理解されにくい。
だから、ポジティブな人に励まされても
その気持ちはありがたいとは思うものの
残念ながらココロに響くことってほとんどなかった。

ポイントは、ここ。
ネガティブな人がポジティブさを身につければ
きっと根がポジティブな人の強さと同じくらい
いや、それ以上に
バランスがとれて、奥行きのある人間になれるんじゃないの?って思う。
立ち止まった時点でおしまい、という危うさも併せもっているけど。

なので、同じポジティブでも
ネガティブさを併せもったポジティブさを身につけたいと願う今日この頃。


うーん相変わらずわけのわからない文章。。。
[PR]
by satton07 | 2006-11-22 00:48 | Comments(0)

つれづれなるままに

入ってた予定が流れたので
仕事終わって珍しく定時で帰宅。
こんなに夜に時間があるのもひさしぶり。
で、ごはん食べ終わって
テレビみながら寝転んで毛布にくるまってたら
急に睡魔が。。。
そのままオチる。

、、、で、ついさっき目覚める。


確かにゆうべ寝たのは相当遅かったんだが
それまでも、そこそこ寝てはいたつもりなんだが
知らない間に、けっこう疲れてたのかな。。。


なんとなく聴きたくなって、川村結花のベスト盤を。
もーすぐ12月。
もーすぐまたひとつ歳をとる。
[PR]
by satton07 | 2006-11-21 01:20 | Diary | Comments(0)

うわっ、ひさしぶり!

今日なんとなくTVつけてたら
ココアかなんかのCMで、不意に耳なじみの声とメロディが。

 さびしがり屋はいつも僕に笑ってくれた
 自分よりさびしい人がこれ以上増えないように
 そんなきみに少しも気がつけなかったけど
 一番伝えたいことばは「ごめん」じゃなくて「ありがとう」


槇原敬之の「素直」。
うわっ、懐かしい〜。

ちょうど10年前の歌。
なんか、気分的にヘコんでた時期によく聴いてて
癒されたり、元気づけられたアルバム「Such a lovely place」のなかの一曲。
当時は、この曲のインパクトそんなに強くなかったんだけど
いまこの曲と再び出会って
もう一度聴いてみたら、なんていい歌なんだー、って。

 なんだかわからないけど すごく胸が痛いよ
 同じように感じてるなら 慣れるまでがまんなんてもうさせない
 こんどまた僕から先に 話しだしたとしても
 口を手をふさいで きみのことばを逃がしてよ
 ことばにならなくても いいから


この人のことばの紡ぎ方ってホントもうなんというか
どうしようもなくココロにストライク。
[PR]
by satton07 | 2006-11-20 01:54 | Diary | Comments(2)

#113 コブクロ「ALL SINGLES BEST」

b0024020_155418.jpgコブクロ「ALL SINGLES BEST」

発売:2006/9/27
ワーナーミュージックジャパン ¥3,300
(邦楽:POPS)



ここのところのカーステレオにおけるヘビーローテーション。
安易かもしれないけど
コブクロってなかなかええ歌いっぱい作ってるやん、って
改めて感じさせてくれたベスト盤。

てゆっか
こんなに知ってる歌いっぱいあったんやあ、という驚きの方が多いかも。
ストレートなメッセージだけど、嫌みがないところがいい。
黒田くんの声も味があって好きだ。
小渕くんも、いいメロディ作るよなあ。

なんというか
こんな「歌」らしい「歌」をつくれるミュージシャンって
かなり数少ないんじゃないかな、、、って思うんですけど。

どの歌もそれぞれに好きだけど
所ジョージのカバーソングでもある「毎朝、ボクの横にいて」や
「轍」「永遠とともに」あたり、特に好き。

 ともに歩き ともに探し ともに笑い ともに誓い
 ともに感じ ともに選び ともに泣き ともに背負い
 ともに抱き ともに迷い ともに気づき ともに願い
 そんな日々を描きながら
                (「永遠とともに」)

迫りくるようなこの歌詞が、もーたまらなく泣けるのだー。
たとえば自分の結婚式なんぞで歌われた日にはもう、即ノックアウト。

だれかの結婚式なんかで弾き歌いでもしてみたい歌、かなー。


ちなみに、車内でひとりのときは
運転しながら「ここにしか咲かない花」を熱唱してる自分(笑)。
たぶん、外から見たら相当異様かも。。。
[PR]
by satton07 | 2006-11-18 01:55 | ウチのCD棚 | Comments(2)

人にやさしく。

ただただ、そうありたいと思う今日この頃。


いつも以上にしめっぽいぶっちゃけ話だから
読みたい人だけ読んでくれればそれでいい。
って、こう書きながらこうやってアップしてる時点で
読んでほしいから書いてるんじゃないのって感じだけど
自分自身のメモ帳代わりにってことで書いてるので
その辺はご了承願いたいな、と。

More
[PR]
by satton07 | 2006-11-17 01:31 | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧