<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

だらだら。

今日は文章書く時間ができた♪
いや、書きたいだけなんだけど。

なーんだかんだと思うことがいろいろとあるのですが
最近仕事の関係で
説明責任をとかコンプライアンス遵守をとかいろいろいわれることが多い。
ま、確かにその通りっちゃあその通り。
けど、そんなに決まりごとたくさんつくって
なんでもかんでも代理人ですませてしまおうとする社会って
ほんとに安心で安全で住みよいのかなーって気持ちが、どこかぬぐえない。
そりゃ、決まりをつくればそれを守るか守らないかがはっきりするし
物事の判断はしやすくなるんだろうけど
そんなことで全部が割り切れるわけないじゃーん。
真摯な気持ちとか、誠実なやりかた、っていうのが
妙な決まりの霧で覆われて
なんだかやだなあ、って思ったりもする。
別に、アメリカみたいな訴訟社会をつくろうとしなくたっていいじゃーん。
そんなのいらねー。

せめて自分は
「ごめんなさい」と「ありがとう」ぐらいは
きちんと伝えられるような人でありたいな。


そうだ。全然関係ないけど
今日仕事の帰り、iPodで音楽聴いてたんだけど
以前借りておきながら全然聴いてなかったニルヴァーナをかけてみたら
あんがいすんなりと聴くことができた。
あれ?なんで??
こういう音楽、むしろ拒否してたのに。
高校大学の頃は受け付けなかったコード進行が
心地よい、というか感性を刺激する。
なぜか自分のこころの奥の方をえぐる感じ。
ねじれたこころの奥を蹴っ飛ばすような感じだ。
ポップスばかり聴いてきた自分には、あまりなじみのない感覚だ。
けど、なんだか快感だ。
なんだか自分に足りないものがたくさんつまっている。
Kさん、ようやく自分もこういう音楽を受け入れる気になってきましたよ。

あしたもしごとだ。
[PR]
by satton07 | 2007-07-31 01:15 | Diary

こんばんは。

ひさびさに更新しにきました。
いや、更新したかったんですけど
そこまでおよばなかったんです。
読みたい本も、観たいDVDも、聴きたいCDもいろいろあるんだけど
ここ最近はそれもおあずけで
先日の記事にも書いたけど、家にいて暇さえあれば部屋にこもって音作り。

この前偶然立ち寄った楽器屋で立ち読みしてたキーボードマガジンに
誌面企画でアレンジコンテストがあるのをみつけて
夏の思い出にいっちょやってみるか、と。

ふだんは適当な音楽垂れ流してますけど
きちんとやってみたらいったいどんなもんができるのであろうか、と
気になっていたけどなんだかそこまでモチベーションもあがらなくて。。。
今までの生活のなかで、アタマもココロも総動員して真剣にがんばったことといえば
大学受験くらいというのもなんだか悲しいし。

というわけで、久しぶりに気合いれてやってみてるわけです。
いつもは、ある意味場当たり的かつ雰囲気で作っていき
細かいことはあんまり気にしないで作るんですけど
今回は、きちんとどんなイメージでどんな構成で
そのためにはこの音とこの音を使って、とか
勢いではなく
感覚で受け止めたイメージをアタマで考え
組み立てていくことで具現化する、つう感じでやってみている。


対象がなんであれ、真剣に物事にとりくむと
なんだかいろんなことを確認できますね。
とりあえず、自分のイメージ力の貧弱さに打ちひしがれてしまいます。
どんなにアタマで考えて作ったものでも
そこに作り手の確かなイメージや意志、
洞察がないものはなんの面白みもない。
ああ、自分に足りないのはそこだよね、とか。
イメージを拡げるという視点で
もっと本を読んだり、絵を観たりして
感覚を磨かないといけません。
考えてみたらわかることなのかもしれないけど
実感が伴ってこそ、はじめて一歩進めることができそうな感じ。

とはいえ、けっこう楽しいものです。
まだまだ作業の途中だけど。
時間がかかるし、思い通りにならないし
なんども投げ出したくなるけど
距離を置いてみたり、それでもしつこく気長に向き合ってるうち
案外面白いフレーズを思いついたりするもんなのです。
人を納得させられるかどうかといえば、到底まだまだだけど。

とりあえずようやくアレンジの作業を8割方終えて
ミックスダウンの作業を始めたところ。
あんまり読むことのなかった解説本を読みつつ
目から鱗がおちまくっている。
いままで、ミックスダウンというと
なんとなく音の聞こえ方の整理、みたいなイメージがあって
どういうイメージを具体化したいのかというところを
まったく考えていなかったなあ。。。
それを具体化するために
当然、基礎的なテクニックや理論というものがあるわけです。
ただがむしゃらに雰囲気で作っていても
そこでアタマを使わないと何の意味もなさないのだ。

イメージなしにアタマを使っても意味をなさないし
イメージだけでもやっぱり何もできない。
なんだか、この辺に
生き方の基本原則をそこはかとなく感じるのは
自分だけなのかねえ。。。


まだできあがってもないけど
結果はさておき
どんなアレンジにしあがるか、自分でも案外楽しみだったりする。
ふふふ。


けど、改めてそう思ったが
区切りのある具体的目標がないとがんばらない性格は
今も昔も変わらないらしい。。。
そんなものなのかな。んー、わからない。
[PR]
by satton07 | 2007-07-29 02:15 | Diary

Logic。

完全シュミな記事ですまそん。

ぼくがいま使っている音楽制作ツール。
最近Macを買い換えて、もっっっっそい快適に動くようになった。
ここ何日かは、わけあって
いつになく真剣に音楽を作っている。
公開は、、、んー、なぜか微妙なんですけど
まあ、公開できるときが来たら聞いてもらえたらいいかな。。。

いまのバージョンは7.3(だったっけ)。



b0024020_1291060.jpg


↑メイン画面。
楽譜で言うとスコアみたいなものかな。
画面上で縦に並んでるのがそれぞれのパート。
パート毎の四角い帯のボックスが、楽譜で言う音符にあたる。
鍵盤を弾くと小節(拍)単位で録音(書き込み)ができる。
こえやギターなんかも
録音すると同じような感じでこのボックスができていく。

ちなみにこの曲は
リズムパートを6つに分けて打ち込んでいる。
後でミックスして各楽器にエフェクトをかけたり
パン(位相)を整える際に便利なのです。
ヘッドフォンで聴いたとき、シンバルが左から聞こえて
タムが左から右へ広がって聞こえたり、というのは
こういう仕掛けになっておるわけですな。
ここまで分けたのは実は初めて(汗)。
リズムパートは緻密にすればするほど
かなり質が上がるようです。あたりまえか。


b0024020_201528.jpg

↑マトリックスエディタ。
上半分は、五線譜を記号化して縦に並べたもの。
横軸は時間になる。
楽譜に慣れてると最初は相当戸惑うが
慣れてしまうと、こっちの方が相当便利。
色の付いたのが各音符。
横の長さの違いは、音符の長さの違い。
微妙な音符の長さの修正や、ノリを遅らせたり突っ込ませたりするときは
ここを使って音符の棒を横にいじったり長さを変えたりして編集する。






b0024020_1454526.jpg


↑一応、楽譜の表示機能もついてます。
実際はあんまり使っていない。。。
けど、見た目がひじょうに美しいっっ!
Logicは楽譜作成機能がかなり充実していて
クラシック系から宅録に入った人には
けっこうありがたかったりもする。
ただ、楽譜画面からデータの編集するのは相当面倒なので
滅多にやらないけど。


b0024020_142588.jpg


↑トラックミキサー
いわゆるミキサー卓。
データの入力が仕上がったら
実際に聴きながらここのフェーダーを調節してミックスする。
リバーブやコーラスなんかのエフェクトもここで調整できる。
トラックダウンする機能もついている。
マウスで操作するってのが、なんとなく物足りないけど
まあそれはしかたない。



買った当初はバージョンが4.8だったが
現在は7.3(だったはず)。
6.0だかその辺でWindows版を廃止して
Macintosh版一本にしたんですよ。
あえてこう踏み切った心意気が、好きだったりする。
てか、当初作ってた会社がAppleの傘下になったのがきっかけだったはず。。。
というわけで、現在はAppleの純正ソフト。
Appkeの製品になってから、デザインもよりスタイリッシュになった。
環境設定もラクチンになったし〜♪
なにより、ちゃんとした日本語マニュアルがあるのが嬉しい☆
(ちなみにこのソフト、もともとドイツ製)
買った当初は、マジでヘボヘボ翻訳マニュアルだったんですよ。
びっくりするような文法で溢れかえってたし。
[PR]
by satton07 | 2007-07-20 01:13 | Diary

いいかんじ

きのうの昼から、友だちの家に行ってて
その日のうちに帰るつもりだったんだが
時間を忘れて話してて気がつけば午前4時だった。。。
こういう感覚ははじめてかもしれない。

てか、自分史上ふたりめの感覚適合者発見してしまった。
思考やら嗜好やら、ことごとく同じなのですよ。
とにかくなんぼ話していても飽きがこないし、しんどくならない。
なんなんだこれはー。
感覚が似た人ってたまに会うけれど
ここまで同じような人はそうそうお目にかからない。
せっかくだし
いろいろ一緒にやってみるかー、なんて話したりしつつ。
とにかく。縁とは奇なるもの。


いろいろと話をするなかで、あらためて
あらゆるものを受け止めて、過ごしていきたいなと思った。
ちょっと前に田口ランディのエッセイを読んでですね。
とにかくいいことも悪いことも、やってきたものはいったん自分で受け止めて
自分の言葉でかみ砕いて、真正面からぶつかってみて
それでいらなかったりあわないと思ったら捨てていけばいいんだ、みたいなことが
書いてあったんですよ。
なんだか腑に落ちたというか、なるほどなあって思った。
来るものを拒まない、という精神だ。
単に右から左へ受け流しているだけでは、得るものがないのです。
とにかく、やってきたもの、出会ったものに対して
自分なりに丁寧に向き合ってみるということが大切であろう、と。
そしたら、これまた新しい道がどんどん開けていくものなのかな、と。

というわけでまずは
いっぱい借りてるCDを聞き流さずにじっくり聴いて
今日薦められて買った本をじっくり読んでみようかなと思うのです。
時間がかかっても、丁寧にかみ砕くことが大事なのだと、思うのです。

ここ1年くらい、電池が切れかけていた自分のなかのスイッチを
じっくり充電していこうかな、と思っている。
[PR]
by satton07 | 2007-07-16 01:26

あめざあざあ

なんだか台風がやってきているようで。。。

apbank fes、中止になったみたい。
行こうかどうか考えていたんだが
結果的に、チケット買わなくてよかったのかも。
とはいえ、残念だねえ。
環境を考えるイベントが皮肉なことに
異常気象につぶされるとは。。。
んー、なんだかなぁ。

明日から連休というわけで
お外に出かけるにもこんな天気だし
ゆっくり触る機会のなかった新しいMacを
じっくり使ってみるかー。
[PR]
by satton07 | 2007-07-14 01:28 | Diary

ここ2,3日

週末以降、書きたいことがたまってるけど
書きまくってたら寝る時間なくなるので簡単にふりかえってみる。

7(土)
たなぼた。もとい。たなばた。
京都・東寺で「Live Earth」。
ホントならライブレポで書きたいところだが
とりあえずこれで勘弁してください。(と、自分にあやまる)
YMO再結成の初ライブっつうことで
客の平均年齢もちょっと高い。
オープニングのリップスライムは、
いつものファンとは違う勝手でかなり大変だったことであろう。
「失礼します」「すんませんー」って連発していた。。。
UAが軽く2曲歌った後、Bonny Pink登場。
実は大学の先輩。入れ替わりだけど。
なんだかすごい人がいたってうわさだけは聞いたことがある。
けっこう長いこと演奏していた。
この人の歌、きちんと聴いたことなかったけど
なかなかいいじゃん。
声がこころにひっかかった。
最新の曲をやってくれたけど
昔の曲のほうがなんとなくこころに残った。
初期のアルバムとかきいてみよっかな、と思った。
で、マイケル・ナイマン。
なんでこの人なんだろう、って気はしたけど
聴いてみたいなあって思ってたのでよかった。
「ピアノレッスン」や「ナヴィの恋」の音楽作った人ですな。
演奏途中、外で暴走するバイクの爆音が。
演奏しながら「なんじゃこれ?」って感じで振り向いていた。
そこでムキになったのかどうかは知らないが
一度立ってお辞儀して終わりかと思いきや
さらに数曲弾いてのけたのはおもしろかった。
最後は御大登場。
新曲を含めて4曲演奏。
あんまり詳しい方ではないが
「RYDEEN」をナマで聞けたのはやっぱり嬉しかった。
しかしすげえや。60歳も近いおっさんが
センスのいいエレクトロニカとか演奏してるわけですから。
なんだか憧れる。
しかし、いいライブであった♪
Y氏、チケット取ってくれてありがと☆

8(日)
夕方からバンドの練習に行った。
メンバーのひとりが事故にあって静養中ということで
練習が終わってから家へお見舞いに。
なんだか、自分と似た感覚を持っている人だなあ、と思う。
自分よりは年下だが
どこかシンクロニシティを感じる、つうか
波長あうよなあ、って感じだ。
もちろん、自分とはまったくちがう部分も持っていたりするんだけど
それはそれでとても刺激になるので
しゃべったりだべったりしてても、なかなかおもしろい。
てか、そういうメンバーだからこそ
一緒に音楽やれるんだと思ったりもする。
仮に彼が女なら、きっと惚れていただろう。
(いや、べつに変な意味はまったくありませんけど)
そういう女子を我所望す。
ま、そんなことも思いつつ。
はよ元気になってねぇ。

9(月)
昼から出張&会議。そして夕方から飲みに。あー疲れた。
そうそう。
前の職場で企画したイベントが
部署は変われど、今年もやる方向で動いていると聞いた。
なにが嬉しいかって
自分たちが蒔いた種を引き継いでくれて
「またやってみようよ」と言ってもらえたことが
なにより嬉しい。
厳密には種を蒔いたというよりは
蒔いた種を枯らさないようにしてたって感じの役割だが
いろいろと奔走してたことも、ムダにはならないのかも。。。

そんな感じの3日間・・・。
この週末は連休だ。
音楽作ったりもするだろうけど
ちょっと気持ちも一段落してきたし
今後のことをゆっくり考える時間でもつくろうかな、と思う。
[PR]
by satton07 | 2007-07-11 02:03 | Diary

夏になるとなぜか聴きたくなる曲

槇原敬之の「pool」と、Natural highの「夏の夜空」。

ちょっと涼しげで、しっとりとした夏って感じの曲。
後者はあんまり知られてないかもしれないが
温度感や風景、匂いも伝わってきて
この季節になると、いつもふと聴きたくなる。


 夕暮れ間近の街を抜け出し 二人の秘密の場所へ急ぐ
 見せたい眺めがあるから早くと手を引いた
 あなたに会える気がして
 何年ぶりに登る坂道 突然響く音に振り返る

 夏の夜空を彩る花火が 闇をつらぬき あの日を呼び醒ます
 八月のこの日は二人一緒に 毎年ここで花火を見ようねと誓った

 夏の夜空を彩る花火が 闇をつらぬき あの日を呼び醒ます
 この場所で二人で見た見た花火を 忘れはしない
 あなたは幸せでいますか

 変わりゆく時の中で変わらないものなど何ひとつないのね
 
 この場所で二人でみた花火を 忘れはしない
 忘れない 忘れない

                         (「夏の夜空」)



 プールの監視員が よそ見をしている
 本当の夏は そっちの方に見えますか

 誘う水に誰も見向きもしない
 まるで水着を濡らさないように してるみたい

 準備体操もろくにしないまま
 誰よりも先に飛び込んだ 16のときのガールフレンド

 君にもう一度 会いたいな
 氷いちごの真っ赤な舌で笑ってた
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

 指をさしながら 笑った後で
 ちゃんと僕に泳ぎ方を教えてくれた

 おもちゃ屋の軒先に 並ぶ花火
 こづかいが足りなくて諦めたやつも 今は買えるくらいにはなった

 君にもう一度 会いたいな
 案外違う苗字になっていたりして
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

 はやくおいでよって笑う声と水音が
 あわてて脱いだシャツに集まったんだ
 時間が止まればいいと思った

 君にもう一度 会いたいな
 氷いちごの真っ赤な舌で笑ってた
 君にもう一度 会いたいな
 毎年 僕の夏に咲いてた ひまわり

                     (「pool」)

「pool」は、詞の展開のしかたが好きだ。
言葉とともに、ふわっと昔の記憶の世界へ導かれていくような感覚。
言葉の選び方も、いいよね。
「氷いちご」とか「こづかいが足りなくて」とか

あと、言葉の端々に感じる、おとなとしての「陰」の部分。
いいおとなになったものの、これでいいのかな、と感じる
自信のなさ、とでも言うのかな。
「買えるくらいにはなった」とか、特にそうだよねって
この曲を聴いたバンドの友だちと話していた。

「はやくおいでよ」から「時間が止まれば」のくだりは
一番好きなフレーズだ。
こんなにきゅっとくる表現はそうそう書けないよねー。


そんな魅力を「夏の夜空」にも感じるのですよ。
こっちはかなりシンプルな詞だけど
想像をめぐらせるだけのすき間のある表現。
昔のことを思い出している、という前提でもって
「毎年ここで花火を見ようねと誓った」って書いてくるあたりが、もう。。。


べつに寂しいとかそういうわけじゃないんだけど
こういう夏も、嫌いじゃないなあ、って。
[PR]
by satton07 | 2007-07-07 01:31 | Diary

つらつら。

午後から休みを取って、古いMacを売りにいった。
売値は買値の半額以下。
技術が進んでいくスピードは、ものすごく早いんだなあ、って。
あの、最新機種買っておいてこんなこと書くのもおこがましいですが
あまり成長しすぎるのもどうかなあ、なんて思ったりもするわけです。

確かに、できることは倍以上増えたし
ものすごく、便利になってるんだけど。
うーん、なんというか。
限界のないものはないというか、そんな感じ。
今回買ったやつは、将来メモリ増やしたりHD増やしたりはするだろうけど
長いつきあいになるだろうな、という感じはしている。

今日はなんとなし、書くネタはあるんだけど
何からどう書こうかな、といった感じ。
あ、先週ライブにいったのだった。
リクオが出てたイベントなんですけどね。
いやーあれはよかった。
明日はちょっと珍しい、スティールパンのライブ。
で、土曜はYMO♪
いつかまとめてレポ書きますです。

ほなほな。
[PR]
by satton07 | 2007-07-05 01:12 | Diary

Sadistic or Mazohistic

寝不足だ。
というか、夜更かしすることが多い。。。

ほら、今日もこんな時間じゃございませんか。

昨日の飲み会でのぼった話題。
自分たちはSなのかMなのかという議論。
ドSだ。ややSだ。などと盛り上がるさまは
きっとかなり痛い集団に映っていたに違いない。
あらためて自分はどうなの、と聞かれたら
さあ、どっちだ、と案外考えてしまう。
んー、でもどっちかというとM側だな。
でもいわゆるドMじゃない気がする。
どっちかっつうとやられる側にまわる方が気持ち的に楽だったり
自分で自分を追いつめてなんとかさせていこうとする一面があるんだが
これが意外にS的な一面もあり
やられっぱなしだとちょっとやっつけてみたくなったりもするわけです。
だれの指示も受けずに
思い通りに操りたい欲求もあったり。
音楽つくるのが好き、なんてところはこの辺から来てるように思うのですが。
とか言いつつベースはMなので
もっとなじって〜、といったスタンスのイメージです。
あくまで、イメージですけど。


勢いにまかせて何を書いてるんだか、という感じですが
プレ王でようやく新しい曲が公開されたようです。
きわどい話題書いてて
もっそいさわやかなこの曲との落差にげんなりするかもしれませんが
ゆるくて攻撃的でもないこのサウンドはどっちかっつうとM系ですね。
よくわかりませんが、なんとなく、そんな感じです。
こちらからどーぞ。
[PR]
by satton07 | 2007-07-04 01:49 | Diary

夏が来た!

ついさっき、終電逃したので
一番もよりのJRの駅からタクシーで帰ってきたんですけどね。
タクシー降りて、ふと息を吸ったら夏のにおいが。
んー、どんな匂いなのかと言われたらすごく説明が難しいんですけど。
実際匂ってみたら「ああ、そうかもね」って感じなので
ここは各人のイメージにおまかせすることとして
もう7月ですよ。
夏ですよ、本格的に。

きょうは友だちの家に遊びに行ったんだけども
ついでに、髪を短くした。夏モード。
今回はついでにちょっとカラーも。
今様な感じでちょっと明るめ。
あんまり軽すぎない程度で遊ぶことにした。
だって、夏ですもの☆
髪の毛あるウチにいろいろ試しとかないとね。
だって、ハゲ家系ですもの、ウチ。

なんてことは置いといて
ま、別に今回の日記はなんのコンセプトめいたものもなく
勢いにまかせてダラダラ書いてるだけなんですけど
この週末はとりあえず飲み会続きでした。
金曜の夜から土曜の朝にかけて泊まりで飲み
土曜の夜に飲み
そして今日は今日でやっぱり飲み。
・・・なんて書くとものすごく酒好きの様相を呈してますが
じっさいのわたくしは、そんなに飲める方じゃござんせん。
いかに矢継ぎ早にやって来る「まあ一杯」をうまくかわしつつごまかしつつ
「あ、なんとなくお酒飲んでるんだあ」というイメージでもって
なんだかよくわからん感じで煙に巻き
ともに盛り上がるというのがテーマ、といいますか
社会人になって身につけた、身のこなし方、とでもいいますかそんな感じです。
そこまでしてなにも無理に飲み会に行かなくてもいいじゃん、という
考え方も確かにあるにはありますが
そこに行けば出てくる裏ネタであったりとか
裏ネタを通じてなんだかよくわからんが仲良くなって
仕事上非常に役立つという、いかにも日本人的メリットもあるし
なによりも
飲み会特有のあの「なんだかよくわからないけどおもしろい感」が好きなので
ついついいろんなところに行ってしまったりするわけです。
酒が好きなのではなく
酒を飲んでいる人々を見るのが好きなのかもしれません。
人は酒を飲むとなぜあんなにおもしろくなるのでしょう。

ちょっと話がそれましたけどね。
金曜から土曜にかけてはなかなかなもんでした。
夜は適当にかわしつつ、なんとか乗り切ったが
油断したら、最後の最後、朝から大量のビールと日本酒を飲む羽目に。。。
前の晩はけっこう寝たので、激しく酔っぱらうことはなかったものの
それでもなんとなく気持ち悪い。
家に帰ってシャワー浴びて汗をかく。
その日の夜も約束があったので、ちょっと寝る。
そしたら意外と回復するもんなのですね。
その日の夜も飲めたのはびっくりしたんですけど。
とはいえ、土曜の夜はもっそい眠くなったので
今日はしっかり寝てから行きましたけど。
で、今日は飲んだくれる、というよりは
ちびちびやりながらいろいろ話すのがメインだったので
そんなに気を遣う、というものでもなかったんですけども。
なので、終電逃してる割にはまずまず元気。


来週も飲み会が何個か控えている。
早速、明日も。
けど、明日はちょっといい感じの集まりなので
いまから楽しみなのでありますだおかだ。
[PR]
by satton07 | 2007-07-02 01:14 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧