<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

#142 Oasis「(What's the story)Morning Glory?」

b0024020_151523.jpgOasis「(What's the story)Morning Glory?」


発売:1995/10/3
Sony



ひさびさにCD棚再開。
今後はどっちかっつうと
メモ帳的トーンで展開させていきますが
そこはどうぞお許しを。。。
適宜書き足していこうかな、くらいの軽さです。あえて。
自分はどんなCDでどんな印象を受けたかっつう記録を
重視したいのです。

というわけでさっそく洋楽もの。
おうぇいすぃす。

これまたベタなところからかよ!とか言わないっ。
以前借りてiTunesのなかに放置していたのを発見。
これはいかん!ということで急遽救出。
洋楽知らない〜、とか言いつつ
実際来てみたら案外聴いたことある曲が。。。
1995年発売。
そか。
それはきっと
学生の頃クルマから流れてたFMと
自分の部屋で空気のように流れていた音楽のかけらだ。

美メロだ。
なんだかレノンっぽい。
リアムとノエルがビートルズに傾倒していたのもなんだか頷ける。
高校生の頃、ビートルズに一時期ハマっていた時期があり
おそらくそのころの記憶がある影響かな。
ふしぎと違和感なく聴ける。

ミドルだけど疾走感のある声とぶ厚いサウンド。
オシャレというよりは、どっちかというと泥臭い感じ。
こういう泥臭さ、自分にはあんまりない、というか
表に出てこない感覚だけど
なんだか聴いてて気持ちがいいのはなぜだろう。

ブリットポップの代表格。だそうで。
それ系のアーティスト調べてたら。ふむふむ。
へぇ、CHARLATANSもTRAVISもSUADEもそーなんだ。
クーラシェイカーもそうなのね。
へぇ、イギリスの90年代のロックシーンってそういう系譜なのね。
・・・というくらいに、知らないの。ロックのこと。
けど、ロック系のアーティストって
USよかUKのほうが自分にしっくりきそうな感じがする。
知らんけど。なんとなく。

さすが傑作と評されるだけある。
どの曲をとってもシングルになりそうなインパクト。
90年代を代表する名盤と聞く。納得。
ポップスでいうと
Carole Kingの「Tapestry」みたいなアルバムなのかな。
どの曲にも
誰かがカバーしても充分いけそうな普遍性を感じる。


ちなみに
とくに気になったトラックは
「Wonder Wall」「Cast No Shadow」「She's Electric」あたり。
[PR]
by satton07 | 2007-08-31 01:05 | ウチのCD棚 | Comments(0)

そうさ世界は

おんがくつくってる日記帳、別ブログにうつしました。
気になるならそちらをー。
いや、なんだかここで書くのもなんだかなあ、って感じだし
それに本来そういう目的でやってるBLOGあるんだし(放置だけど)
ということで
そっちに移し替えちゃいました。

以後そっちで書きます。それ関係は。

ところで
今回コンテストに出してみるか、って思ったのには
実はちょっと別の目的があったの。
極端な話、コンテストの結果がどーのっつうわけじゃないんす。
おいおいもう負け惜しみかよ、という声はさらっと流して
ようは、本気になれるきっかけが欲しかったのでござんす。
本気にならないとわからないことって、あるじゃないですか。
自分に足りないものとか、可能性とか
どうにもならない現実感とか。いろいろ。

こうやって音楽作ってるのも適当にストレス発散というわけでもなく
いちお、目標というかやりたいことがあるのです。
あえてここでは書きませんけどね。
その目標が現実になるかどうかはわからないけど
やってみたいな、と思うなら
やりきってみようよ、というのが今のスタンス。

今回つくってみて少なくとも、音楽的なことに関して言えば
自分には、音楽の引き出しの量が絶対的に少なすぎる、って思った。
少ない、というより極端に偏っているという方が正しいかもしれない。
元来持つ自分の枠組みからはずれない程度の嗜好に偏ってるな、という点。
そうかな、とは感じてたけど、やっぱりそうだったみたい。
10代をのんびり過ごしすぎてしまったため
その頃にもっといろんな音楽を聴いていればよかったよ。
10代の頃のこころの柔らかさと勢い、時間的余裕はないけど
あの頃よりもじっくり考える引き出しが増えた分
ひとつひとつを丁寧に聴けるだけの耳にはなってると思うし
そっち方面で時間の許す限りいろんな音楽を吸収しよう、って思った次第。
けど、聴き漁りますよ。せっかくだからね。
洋楽、とりわけロックやブルース。
最近音楽を聴いたりいろんな人と話したりするなかで
なんとなく、自分の精神的方向性に
より近いものがあるんじゃないかなって気がしている。直感ですけど。

けど、そんなことよりも、もっと大事なこと。

More(長いよ。ごめん)
[PR]
by satton07 | 2007-08-30 01:16 | Comments(0)

家族式電算装置

辞書好きなことは前にどこかで書いたけど
ネット上の辞書も例に漏れず。
ひまなとき、
Wikiipediaもけっこうおもしろくて好き。
ここで文章書くときに気になって調べることも多いんだが
目的もなしに、適当に気になったことばの意味を調べてみて
それからリンクを辿って別のことばを調べて、などしていると
気づけばこんなに時間が。。。というのも珍しくない。

そんなふうにして適当にことばを辿っていくうちに
懐かしいことばにぶつかった。
「ファミコン」。。。おぉ。
まさにファミコン世代な自分。
小学4年くらいのときだったか、親をさんざん説得して買ってもらったおぼえが。
はじめて買ったソフトはF1レースとクルクルランド。
な、懐かすぃ。。。
そこそこにハマッていたが
寝ても覚めても、という感じではなかった記憶。
が、小6のころだったか。とあるゲームに出会ってしまったことで
その後しばらくの生活は一変してしまうことになる。

More
[PR]
by satton07 | 2007-08-28 22:42 | Diary | Comments(0)

まったり

今夜は、DVDみたりCD聴いたりしてすごした。
こうやってゆっくり過ごすのはひさしぶり。
とか書きつつ、無意識のうちに
30分くらいピアノの前に座って
ヘッドフォンつけてつらつら弾いてる始末。。。
われながら、好きなんだな、としみじみ。

今日見たDVDはなかなか圧巻。
もう少し見てからここで印象を書き残しておくことにしよう。


つくりこんだ音楽もぼちぼちと聴いてみる。
3日めだけど。うん。まだ飽きないぞ。
記録達成中だ(笑)。
今回のアレンジは、内面的にも技術的にも
いろんな意味で印象に残ったり思いを強めたことが多かったので
あらためて記録を残しておくこととしよう。そうしよう。

そうそう。
この音源、聴いてみません??
これだけ調子に乗ってる自分のアタマを冷やすコメントをください(苦笑)。
できたらちょっとやさしめに。

締切が終わっているとはいえ一応コンテストに出している都合上
無防備に公開しちゃうのもなにかとややこしいので
ぜひ聴いてやろうじゃないかという
それはそれはありがたい方がおられましたら
連絡先書いてここに非公開コメントのこしていただくか
横にあるメールのとこからご連絡いただければ
ファイルのアクセスポイントをお送りしますので。
ただ、すみませぬが初めて来られた方はお断りさせていただきますです。
何処の誰かもわからない方に
今の段階でお送りするのはちょっと勇気がいりますので。おたがいに。
すみません。。。

そんなかんじです。
[PR]
by satton07 | 2007-08-22 01:02 | Diary | Comments(0)

Masterpiece

木曜に仕上げた楽曲を、きのうから今日にかけて最終仕上げ。
できあがったとか湧いていたものの
どこかクリアーにならない場所がやっぱりあって
音源を聴いてもらっていた友達に手伝ってもらいながらゆうべから作業。
ゆうべの夕方から始めて
作業終了は今日の午前9時。よくがんばった。わたしたち。
その足で発送。
その作業内容云々は改めて書くこととして
ものすごく濃い内容だった。
少なくとも、自分が表現したかった世界が形になった!

大した修正はかけてないんだけど
いらない音を取ったり、入れ替えたり
ちょっとしたSEをいれることで
全体がキュッとまとまる。
隠れたストーリーや描きたかった世界もくっきりとみえてきたし。

自分でいうのも何ですが
アレンジ・ミックス・録音ともに
これまで作ってきた作品の中では群を抜いて完成度が高い。
できあがって夕方まで寝て他の音楽を聴いたうえで
できあがった曲を聴いても、嫌気がささない。
てか、これ以上の技術はもうだせない。
これでだめなら、自分の力や経験の足りなさであると
すなおに納得ができる。
あえてここで書ききる勇気があるほどに(笑)
今回はやれる限りのことはやり尽くした。
ホントに自分が完成させた音楽なのか??と思うほどに
よくできていると思う。
これで「あんまり好きじゃないかな」って言われても、もうしかたないよ。
だって、これしか作れないわけですし。

独りよがりといわれようがどうでもよろしい。
だって、自分のなかの審査員がOK!って言ってるんですから(笑)。

自分のつくりたい音楽のコンセプトを
理解してくれている人に手伝ってもらったので
おもしろいくらいにはかどった。
というか、客観的な耳も交えてすすめたから
1たす1が3にも4にもなっていく。
こんな経験ははじめてだー。
これを機に、ちょっと新たな活動始めることで合意。
楽しみ☆


とりあえず一段落ついたし
借りてたけど
聴いたり観たりする時間のなかったCDやDVDをじっくり味わうこととします。

そんなこんなで、夏休み終了。
明日から仕事。。。せつないです。
[PR]
by satton07 | 2007-08-20 01:16 | Diary | Comments(0)

ちょっとびわ湖まで

かなりひさしぶり?このカテゴリ更新。

とりあえず、水と緑と空がたくさんあるところへ、ということで。
今回はびわ湖へ。
ちょっとどころか、びわ湖1周してきました。

びわ湖といえば、どっちかっつうと湖西のほうへ行くことばかりだったので
今回は東側へ行ってみることに。
というわけで、名神をひた走り瀬田まで。
草津から湖岸道路を北へ北へ。
いや、なかなかどうしていいじゃないですか、湖東も。
西側って山が近くまで迫っていて
それはそれで好きなのだけど
東側は見渡す限りの水田が広がっていて
その延長に湖がある感じ。
水平線と地平線が同時に見られるようなイメージ、かな。
これがかなりツボにはまった。
なんといっても、空が広いぃ!!

びわ湖を北の端まで走って、海津大崎をまわってマキノへ。
湖を楽しんだら、山も楽しまなければ。
それがバランスというもの。
というわけで、マキノから山へ。
鯖街道を南へ下って堅田へ出て
ふたたびびわ湖大橋を渡って瀬田まで出て帰ってまいりました。
ほぼ丸1周ですね。

というわけで。お写真など。

More
[PR]
by satton07 | 2007-08-18 00:50 | Comments(0)

んふ♪

できたー!!


ようやくですよー。
もう別に入賞とかそんなんどーでもいいです。
この充実感だけでもう充分。

とりあえず
今回はバンドでも使ってたKORGのM1とか
DTM始めた頃に買って、今となってはほとんど使ってなかった
RolandのSC-8850などが
まだまだ使えるってことがわかりました。
脇役で大活躍。
売らなくてよかったです。ほんと。
とくにM1は、これからもずっと使い続けたい機材だ。
M1の音が、妙にレトロな感じでお気に入りだ。
どうせ多くのひとに聞かれることにはきっとならないでしょうし(笑)
それではこの曲も自分もかわいそうでしかたないので
出品した後に
制作秘話とともにこそっとここで公開いたします。
お・た・の・し・み♪


耳を冷ますのも兼ねて
一晩寝かせて、土曜にでもCDをつくることとしよう。

とりあえず、これまでの作業経過をずっと音にしていたんだけど
目に見えて(いや、耳に聞こえてか)
みるみる音が変わっているのがわかる。
もちろん、アレンジを修正していったのもあるが
おなじフレーズでも
音色を差し替えたり、聞こえ方を変えたりしているので
MIXの影響はものすごいものなのだなあ、と改めて認識。


というわけで、明日はどこかへでかけてこようかしら☆
[PR]
by satton07 | 2007-08-16 18:02 | Diary | Comments(0)

いろいろと

今日から日曜まで夏休み。
音楽作るのも大詰め。
週末には完パケにまで持ち込まないといけない〜。
いま、最終の微調整してるのだが
なんだスパイスの抜けた料理って感じが拭えなかい。
そんな最後の最後で、音楽の神様が舞い降りていらっしゃいました。
そうか。この音が足りなかったのか。。。♪
ずいぶんと音楽が生き生きしてきたぞ。

あとちょっとあとちょっと。。。

More
[PR]
by satton07 | 2007-08-16 02:23 | Diary | Comments(0)

#141 槇原敬之「GREEN DAYS/どんなときも'07」


b0024020_1402222.jpg槇原敬之「GREEN DAYS/どんなときも'07」


発売:2007/8/15
AVEX ENTERTAINMENT ¥1,260



本日発売。
ドラマの主題歌になってるようだけど
あえて今日まで聴かないようにしていました。
(というか、聴く時間あんまりなかったのだけど)

ひさびさの槇原節全開だ。
C/Wに入ってる「どんなときも。」の頃の
初期の槇原敬之を思わせるポップなナンバー。
そうだねえ。あえて挙げるなら
「ひまわり」や「CALLIN'」のようなコード進行とメロディライン。
「どんなときも。」のようなシンプルなバンド編成の8BEATアレンジ。
「もう恋なんてしない」のようなサウンドの厚み。
けど、クリアーだけどふんわりとした輪郭の
MIXとかマスタリングの質感は今のほうが好き♪
最近の曲で曲調はまったく違うけど「濡れひよこ」みたいなテンポ感も好きだ。
ちょっと懐かしい気分になりました。

2曲目の「どんなときも。」もいいよぉ。
なんつったって、自分の中ではダントツで突き抜けたrespect songなので。
これ、関東ではCMで流れてるそうだけど
関西では聴けないので、音源化されて嬉しいことかぎりなし。
てか、自分がアレンジしたやつと、似てる!!!
この曲の全容を知らないままにアレンジしてたので
決してパクリじゃありません。
使った音や構成がなんとなく似てるじゃん。
槇原さんと掴む方向が似てたのか、と思うとなんだか悔しいじゃないか。
このアレンジで一番驚いたのは
アコギが打ち込みだということ。。。
うそ!?これどう聞いても生ギターに聞こえる、よ!?
しかし、この曲のアクセントになってるシンセ音。
どこから思いつくんだろう??


好きな人なら気づいてるかも知れないけど
聴きながら「君は誰と幸せなあくびをしますか。」を思い出した。
そう。あの頃の真っ直ぐな世界観があるのですよ。このシングルには。
昔からの槇原ファンなら、きっと気に入るんじゃないかな。
昔から好きな人、ぜひ買うべし。
[PR]
by satton07 | 2007-08-15 01:44 | ウチのCD棚 | Comments(0)

いくらあきらめても あらがっても

ゆうべはバンドの練習。
練習終わってだべりながら
槇原敬之の「彗星」をつらつら弾いてたら
仲間に「優しい音やなぁ」って言われる。
音楽とかアートに対する感覚がするどい人々にそう言われたので
けっこう、嬉しかったりする。
けど、こころが穏やかなときに優しい音を出すのは簡単。
苦しいときにこそ、同じような音が出せるような人になりたいな。
これ、けっこう自分のなかの大きなテーマのひとつだったりする。


そんなこんなで
ゆうべは午前2時頃まで仲間の家の軒先でだべっていた。
で、空をぼーっと見あげていたら
流れ星!それも4つくらい!
大阪の夜空にも、星が流れるんだねえ。
ただそれだけのことだけど、嬉しい。

家に着いたのは3時半過ぎ。
というわけで今日の仕事はかなりヤバかった。
体力的にはかなりきつかったものの
気持ち的には不思議と元気であったので
なんか変な感じだ。

仕上げつつある曲を少しいじって
今日は早く寝ようかな。
慢性的に寝付きが悪いけど
今日はよく寝られそう。
[PR]
by satton07 | 2007-08-13 19:56 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧