<   2007年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

え、えらいこっちゃー

先月出してたキーマガのアレンジコンテスト
のぁんと。



一次審査、通っちゃってました。



・・・うそでしょぉ??

こーゆーのって、はじめてだ。


昨日、友だちからメール。
本屋で立ち読みしてたキーマガに自分の名前を見つけて卒倒したと。
またまたぁ、とか思って
さっき本屋でキーマガ買ったら

・・・ホントだ。


うそだと思うなら
ぜひ最新のキーボードマガジン175ページ参照。
本名ですのでわかる人しかわからないか。
けど、このblogよく読んでる方ならわかるかも(笑)

とはいえ
ちょっと状況があまり理解できておりません。
ほんまにー!?

審査通ってた喜びより
音源が無事到着して
なおかつCD−Rの音がきちんと鳴ってくれてたのね、ということに
胸をなでおろしたのが先(汗)。


たかが一次。されど一次。
とりあえず当初の目標は達成されたので
これで70%くらい満足です。はい。
相当ハイレベルみたいだし
さすがに横浜にはいけないだろうけど(涙)。

二次審査はプロのミュージシャンとか
キーマガで連載してる人たちが審査員だとか。
てことは、てことはですよ。
ひょっとしたら
森俊之さんとか小川文明さんとかリクオさんとか
篠田元一さんとか三柴理さんとかが
聞いてくれたりするかもしれないってことですか??
あぁそんなことを妄想するだけで鳥肌が。。。
もぅそれだけですべて満たされる。。。うぅ。


反省点は多々ありますが
これまでつくってきた作品の中では
気に入っている作品ではあります。
せっかくここで公開して聞いてもらおうかと思ったのにぃ。
もちっとお待ち下さい。待ってる人がいるとするならば。

ちゃんとした総括は
結果がわかってからにしましょっかね♪
[PR]
by satton07 | 2007-09-29 15:02 | Diary | Comments(6)

東京など。


b0024020_0441551.jpg


More
[PR]
by satton07 | 2007-09-29 01:01 | Diary | Comments(0)

横浜散歩。

b0024020_015715.jpg


More
[PR]
by satton07 | 2007-09-29 00:30 | Diary | Comments(2)

Re:ありがとう

宛先、ちがってたかな?
ま、いいや。そゆことにしとこ。


はじめの一歩は自分から。
嬉しいことは自分でつくりだすものです。
大局的な見地からはこれに限らずでしょうが
とりあえずいま必要なことです。

ひとに頼ってはいけない、なんて思ってるわりに
実際はひどく他力本願で。
愛されたいのに、笑われるのが怖いとはそういうことです。
それを不器用などという言葉でごまかしてはいけません。
ひとの気遣いを感謝しながらも、ひとに頼ることなく。


いつもこころに手鏡を。


ていねいなことばで、自分を語り
相手を思うきもちは、ことばに頼ることなく
ことばに逃げ込むことなどないように。




それでも言わせて欲しいんですけど。


いつもありがとう。


末永いおつきあいを、なんて言いません。
しょうもない人間になっちゃったら
遠慮なく放り投げてくださいね。
[PR]
by satton07 | 2007-09-26 20:21 | Diary | Comments(2)

とりあえず

この連休。
土曜の夜飲み会の後、夜行バスで東京と横浜へいってきた。
で、今日帰宅。
急遽行くことにしたんだけど
短いながらかなり濃い2日間。

ま、お写真なぞ交えて改めて書くこととしよう。

業務連絡。
「見参!アルチュン」DVD楽しませていただいております。
謝謝。

でわでわ。
[PR]
by satton07 | 2007-09-25 01:17 | Diary | Comments(0)

めも。

ホンネとタテマエ。
そこを読みとってバカになりつつ
けど自分の考えも持ちつつ。

刺激のない生活は息苦しい。

まとめ。
相手の顔色気にするまえに
どんどんいっちゃえ。
とにかく出しちゃえ。

どー思われても今の背丈は変えることもできないんだし。

気にするヒマなんて今の自分にはありません。
[PR]
by satton07 | 2007-09-20 00:51 | Diary | Comments(0)

#146 i am robot and proud「the electricity in your house wants to sing」

b0024020_11478.jpgi am robot and proud「the electricity in your house wants to sing」


Darla records ¥1,609
発売:2005/11/29


もういっぱーつ!
レイ・ハラカミ買ったときに
久々のジャケ買い。
店頭の「ポップ系エレクトロニカなら避けて通れない」のコメントに
どうやらそっち系に自分の求めている音楽の
なんだかよくわかんないけど重要な要素があるんじゃないかと
暗中模索していたわたくしは
即購入を決意。
なかなかどうしていいアルバムでした。
ジャケットの可愛さに相応しい音楽世界だ。
レイ・ハラカミ系なサウンドだけど
パルス系ウェーブ音のフレーズで
どことなくアジア臭さを感じるところに
なんとなくYMO寄りな感じがする。
つくってる人はカナダ在住の中国人なんだそうです。
どこかメロウなサウンドがちょっとせつなかったりもする。
ループ音って、かなり抵抗あったんだけど
これかなり填ります。ひとをせつなくさせる何かがある。

こういう音楽って
リズムセクションと
バックでゆらーり流れている浮遊的なパッド音やシンセリード音が
かなり重要な要素になっているのかしら。
ふと感じたこと。

テクノによくあるドラムセットにも最近惹かれている。
RolandのTR808(使用例:槇原敬之「Star Ferry」なぞ)じゃなくて。
YMOの「TAISO」とか
槇原敬之の「雷が鳴る前に」で使ってるようなドラムセット。
あれ使ってみたい。自分のつくる作品にも。
とかいろいろ思う。
[PR]
by satton07 | 2007-09-18 01:14 | ウチのCD棚 | Comments(0)

#145 rei harakami「[lust]」

b0024020_0514265.jpgrei harakami「[lust]」


Sublime Records ¥2,625
発売:2005/5/25


連続更新。
weathertunes聴いた流れで。
ヤノカミを聴こうかなと思ってたんだけど
その前に、やはりレイ・ハラカミの音を聴いてからのほうが
いいんじゃないのか?と思ったので先にこっちを聴くことに。
てゆっか、エレクトロニカ聴くなら
ぜったいこの人の音楽を聴いてみたいな、って
なんとなく思ってもいたんだけど。

ひさしぶりに音楽聴いて「おぉっこれは!」って思った。
探していた音楽のほぼストライクゾーン。
そう。こういうふうにやってみたいんだよね。
ココロザシ的にだけど。

受けたイメージ。
自分の暮らしのすぐ隣にあるような音楽だ。
どこか日記的。
コロコロとしたサウンドが可愛らしくもあり
なにげない、ふつうの生活っぷりが浮かんでくるような音だ。

音の余韻の処理がとても繊細。
これが、デジタルな音にアナログな質感と暖かみをつけているように思う。
自然や生活の中にあるリズムと
うまくシンクロしているように思う。

音楽の構成や、縦のラインの作り方が
どこかクラシック的だなと思った。

こんな表情豊かな音楽の使用音源が
RolandのSC88Pro2台のみだというから驚きだ。
なにでつくるかではなくて
どんなものをつくるのか、が大切だということを見せつけられる。

リズムトラックの作り方から
音のアプローチからなにから新鮮。
ポップスにこういう要素を混ぜたら
おもしろそう。

インストがメインの中T-5「owari no kisetsu」は歌モノ。
細野晴臣のカバーなんだって。
これがいちばん衝撃的だった。
ころころしたサウンドにぴったりマッチしたゆるいボーカル
デモテイクを録音したヤツがよかったから使ったと
どこかで聞いたが
声もオケも含めてひとつの世界を作り上げているという世界。
地味にすげえって思った。

ジャケット写真もお気に入り。
「どこにでもある風景」をテーマにしているらしい。
日常風景というのは、
自分もけっこうたいせつにしているテーマなので
そういう意味でも興味深さをおぼえたアルバム。
別の作品も聴いてみたい。
[PR]
by satton07 | 2007-09-18 00:52 | ウチのCD棚 | Comments(0)

#144 Weathertunes「Characters」

b0024020_0124928.jpgWeathertunes「Characters」


Pealo ¥2,625
発売:


縁ありまして、このCDがエレクトロへの入り口に。
アコースティックギターをフィーチャーしたサウンド。
ゆったりとした穏やかなサウンドで統一されている。
聴き方によっては退屈と取られるのかもしれないが
自分は案外好きです。こういうゆるさ。

Weathertunesは
ドイツのエレクトロニカシーンの第一線で活躍するアーティストだそう。
兄弟ユニットで
クラシックやジャズのピアノをルーツにしているとのこと。
音を聴いていると、風景が浮かんできて美しい。
深い森の中を歩いているような、そんな感覚がする音。
デジタルな音なのに、そう感じさせるのはなぜなんだろ。
なんて思っていたら
実際、環境音楽などにも携わっているそうで
このアルバムも、自分たちが住んでいたドイツの町の
自然をイメージしてつくったと知り
なるほどねーと。

なんだか山弦と質感が似ているように思った。
ギターだから、というわけでなく
音楽全体に流れている空気感が。

ループするリズムと
バックで流れている浮遊するようなシンセ音。
メロディらしきものがなく
いくつかのユニットで曲が構成されているところ。
自分の発想にはない世界だ。

こういう方向の音をつくってみたいよねーなんて思ったりもする。
エレクトロニカと呼ばれる音楽の全容はまだまだよくわからないが
少なくとも、このCDを聴いて感じたことは
既成の音楽をすべて包み込んだり
接着できるようなちからがあるんじゃないのかな、と思った。
そんなふしぎな魅力を感じる。
なんだかどのジャンルになるのかわからんけど
いい音楽だよねー、というイメージ。
[PR]
by satton07 | 2007-09-18 00:16 | ウチのCD棚 | Comments(0)

精神年齢21歳だそうです。

精神年齢鑑定。
よかったらここから。

ぼくは、「もう少しで大人」らしいです。
まだまだ若者らしさがあり、青春を謳歌してる年頃だそうで。
社会的には、ある程度人と接する術を知っていて、
普通に暮らすことはできます。だって。

「周りに頼りすぎてませんか?
小学校低学年並みの幼稚さ(ほっとけよ)。
友だちとケンカしても泣かないくらいの勇気を持ちましょう。」と。

「なかなかの大人です。冷静さもあり精神的にも発達してきています。」と。

「ほんの少し、おじいちゃんっ気があるのでご注意。」と。


なかなかいいとこ突いてきてます。
痛いけど。


友だちになれそうな(芸能)人は
モー娘。と岡村隆史とドラえもんだそうです。
ああなんとなくわかる気がする。

More
[PR]
by satton07 | 2007-09-17 15:51 | Comments(2)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧