<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おせわになりました。

というわけで、おくれてアップですけど。
2007年もあっという間に終わりました。

2007年は、仕事よりもどっちかというと
好きで続けてた音楽の方が充実しつつあった一年でした。
8月に、人生初のコンテスト参戦とか。
結果は残念ながら2次敗退でしたが
今後への大きなステップになったのではないかと思っております。
これがきっかけになって
秋以降は、ずーっとオリジナルの楽曲を書きためていました。
本格的に楽曲作りを再開したのは、中学生以来かもしれません。
ぼちぼち発表してたりもするのですが
2008年は、もうすこしいろんなひとに
知ってもらえるよう努力してみようかしら、なんて思っているところです。

このblogもはじめてから3年が経ちました。
こちらでも新しい出会いがありましたよねー。
いろいろなコメントをくださったり、トラバくださったり
ありがとうございました。
今後もまた、デスクトップ上からですが
仲良くしてくださいね。


と、しめっぽい文章もなんですし
2007年に聞いた印象的なCDを5つ。
てゆっか、あんまりCD紹介できなかったっすね。。。
2008年はもう少し紹介できれば、と思いますです。

☆i am robot and proud「the electricity in your house wants to sing」
2007年は自分的にはエレクトロ元年、ってくらいに
そっち系の音をよく聞いてました。
YMOに始まり、坂本龍一、WEATHERTUNES、rei harakami、Small sails、
聴きかけですけどフェネスやSun Pauloなんかもいいですよね。
7月に行ったLive Earthでは、YMOにも会えたし♪
自分の音作りのなかにおいても、これは避けて通ることのできないジャンルではないか、という脅迫的観念もあり、聴くようになりましたが、聴き始めると見事にはまってしまいました。
今後の活動において、非常に重要なジャンルとなることは間違いない。

☆Todd Rundgren「Something/Anything?」
ここでは紹介できませんでしたけど、昔の欧米のポップスもよく聴いてました。
ちょっとずれますけどイーグルスとか、カントリー系な作品もよく聴いてました。
すきなんですよね。こういうアプローチ。
なかでもこちらは白眉の作品。てゆうか、宅録やってる自分からすると、
このCDは非常に参考になる、っちゅうか
それ以前にいちリスナーとしてもハマる作品となりました。
実を言うとですね。
いつも読んでは参考にさせていただいてる240_8さんのBLOG
紹介されてるのを読んで、
買ったという秘話もございます(ありがとうございます♪)

☆Oasis「(What's the story)Morning Glory?」
Rockも比較的よく聴いてた一年でした。現在参加しているバンドの影響を多分に受けているとも言えますが、Rock好きな友人にも恵まれたこともあり、いろんな音源を紹介してもらいました。
もらったり借りたりで所有していたものの、なかなか聴けずにいた音源も改めていろいろと聴いてみました。Oasisもなかなか私的には好みですが、ちょっとテクノ的なニオイもするCHARLATANSもけっこうシュミです。ベタですけどね。
いくつか聴いてみて思ったのですが、Rockに関してはどうやらUSよりUKが好みなようです。音の作り的に。あのちょっと陰があって、すこし冷めたような感じがして、それが性に合っているようです。というか、高校生の頃やたらThe Beatles聴き込んでたから、その影響があるのかもしれませんが。


☆槇原敬之「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」
そりゃあ、やっぱりそうでしょ(笑)。
avexへ移籍しての第1弾。セールス的にも伸びたし、
何よりレーベルの戦略でしょうか。
2007年はかなりメディアでも露出してましたよね。
極端なショービジネス色が見えたりすると逆に冷めたりするところですが
とりあえずファンとしてはうれしい限り。
サウンド的にも、ここ数年の活動が円熟したような仕上がりで、
何度聴いても飽きないです。
やっぱりすごいですよこの人。
きっとこの人、ビーチボーイズとかカルチャークラブとかマットビアンコとか、
往年のアメリカンポップスがものすごい好きなんだろうなあ。
ちなみに自分も大好きですよ。その辺の音楽。
洋楽ポップスが好きな方なら、一聴の価値あり、って感じ。


☆リクオ「セツナウタ」
2007年はじめの日記にも載せましたけど、やっぱりリクオっしょ。
予想に反して?大ブレイクという感じではなかったですが、
きっとこれから徐々に浸透していくと思いますよ。
このアルバムの「同じ月を見ている」は、撃沈です。
馬場俊英がついにブレイクしましたけど
この人の名前も憶えておいた方がいいっすよぉ。
2007年は、6月の大阪うたの日のライブで生リクオ。
この人の魅力は、絶対ライブです。
未体験の方は、ぜひ♪


このほかにも、Mr.children「HOME」や、つい最近他界された
オスカーピーターソンの「We get request」やら
紹介したいくらいに印象に残ったCDはいろいろとありますが
とりあえずは、この辺で。。。

2008年も、いろんな音楽に出会いつつ
いろんな刺激を受けられればと思う今日このごろ。
来年も、印象深い一年にしていけたらいいですね。

ではでは♪
[PR]
by satton07 | 2007-12-31 23:00 | Diary | Comments(0)

イブの夜は

ここ数年、明石家サンタ。
はい。今年もみてますよ♪
このバカバカしさが好きで
ついつい見てしまうのだが。

。。。

ゆうべは今年最後のバンド練習と忘年会。。
楽しかったでございます。
[PR]
by satton07 | 2007-12-25 01:24 | Diary | Comments(0)

クリスマスですから。その2

昨日、なんちゃってで一曲アップしましたが
気分転換に一曲けっこう真剣にアレンジしてみました。

今回のお題は「Santa Claus is comin' to town(サンタが街にやってくる)」。

数あるクリスマスソングで
これは昔からかなり好きな曲。

日頃ここへいらっしゃるみなさまへ
感謝もこめまして
ささやかながらプレゼント☆
ここからダウンロードできます。

どことなしわたくしの大好きな
70年代くらいのアメリカンポップスぽいアレンジ。
ドラムはカーペンターズっぽいアプローチ。
全体的な構成はジャクソン5のバージョンをイメージしております。

ブラスアレンジがなかなか気に入ってます。
いちおう、もとブラスバンドですからね。
ちょいとこだわりを見せてみました。

本日昼過ぎから作り始めて
ついさっきできたところ。
だいぶ短い時間で精度の高いものを作れるようになってきました。

聞いたついでに感想なんてくれたら
とってもうれしゅうございます☆
[PR]
by satton07 | 2007-12-23 03:38 | Diary | Comments(0)

May all your christmases be happy!

いま制作中の音楽があるのですが
なかなか出来ず、いわゆるひとつの行き詰まりで
どうしようもないので
ひさびさに弾き語りなんてしちゃったのでした。
こういう時期ですし、やっぱりこういう曲をやってみたいなという
ベタな欲求もありまして。

ピアノも歌も一発録り。
一発録りな割にはよく出来たので
こっちでアップしておきます。

こちらからどうぞ♪


すこしはやいですけど、めりくり。
ちなみにあたくしは
電飾キラキラ街はワイワイよりも
小さい頃の記憶にかすかに残っております
石油ストーブのにおいがする狭い部屋で
こたつを囲み、小さなケーキにろうそくを立てて
静かに過ごすクリスマスの方が、なんか好みです。
ここ数年は飲み会で酔いつぶれて、っつうパターンがほとんどだが。
夢のないクリスマスですこと。
[PR]
by satton07 | 2007-12-22 02:46 | Diary | Comments(0)

ジャムセッションはどきどきします。

土曜日、バンドのメンバーのひとりが働くカフェで
これまでウチのバンドが
ライブするときなんかに一緒に出てたり
なにかとお世話になっているプロのギタリストさんのライブがあるので行ってきた。
ライブ後、楽器を持ち寄って
適当にセッションしましょう、という流れと聞いたので
愛用のX50さまを持ってお店へ。

道が混んでたこともあって、ちょっと遅れてしまったんだけど
なかなかいい時間を過ごせた。
「絵とのセッション」という、ちょっとユニークな試みが。
目の前にかけた絵を見ながら
即興でその絵に音楽をつけていくというもの。
こういうアプローチ、個人的にはかなりシュミなので
なかなかおもしろい、というか
こころに来るものを感じた。

知的障害をもつ方で
まっすぐな線を描くことが困難だそうなんですが
それでも何かを表現しようとして描いた
一本一本の線や色づかいに
自分にはとても見えない世界を突きつけられているような気がして
それを音でみごとに盛り立てるさまに
ひさびさに倒れました。

帰り際、ギタリスト
知的障害を持つ人たちは、
聞こえる耳でもなく、感じるこころでもなく、そのもっと奥の部分で
音を聞いたり何かを感じているんじゃないかと思うんですよね。
ポップか難解かなんて、あまり関係ないような気がします、と。
その言葉がとても印象にのこった。
言葉ではわかるけど、まだ腑に落ちない感じ。
けどなんとなく、ニュアンスは伝わる。

自分たちは、ドラム叩いてるAちゃんのことをどんだけ理解してるのかなーと
そんなことをふと考えてしまった。

ゆたかな気分になるために
あるいは、ゆたかな感情をもとめて
彼らはアートに触れたり表現をしているのではないような気はする。
それがすべてとも思わないけれど。
知的障害をもつ彼らは
彼らのいろんな表現に接する中で
健常者にはみえない(感じられない)世界を見ているんじゃないかな、と
思うことはある。
彼らの絵を見ると、なんだかこころがざわざわーっとするわけです。

なんだか感じたままにつらつらと買いてしまったので
若干意味不明ですが(苦笑)。


と、そんなことを思いつつ
後半はジャムセッションつうことで
自分も鍵盤で参加させてもらった。
ギター3人とボンゴに鍵盤。
ブルースっぽい曲を即興でセッション。
さすがプロのギタリストさんだよぉ。
すげえ、どんどん仕掛けてきはるし。
なにより、こっちの音を全部聞いてはるし。
こっちはまだまだ気を抜くと自分の音しか聴けてなかったりで
精一杯やったりもするのですが
そこはうまく導いてくれたり突き放してくれたりで(笑)
けど、こっちが仕掛けたら
よっしゃ、って感じでノリが変わったりで
ひさびさにもえた。てか、汗だく(笑)。。。
ジャムセッションって、最高の人間関係トレーニングかも。
あ、そか。
ふだんの人間関係もジャムセッションって思えば
ちょっと楽しくなるかも♪
何曲かさせてもらって
ライブで何曲か歌ったフィリピン人のプロの歌い手さん(かなり美人)の
伴奏とかさせてもらったり
なにげにかなり貴重な体験させてもらったのかも。
あー、でも自分の英語力かなり低下してました。
使わないと、やっぱしだめっす。ちょっと勉強しなおさないとねえ。

そうそう。
帰りしな、ギタリストの人に
企画モノでつくったバンドでキーボードが抜けるから
よかったら一緒にやらへん?と。

え??

なにげにその日一番の衝撃・・・。

え、こんなシロウトでいいんですか??って聴いたら
「いいんちゃう?」と軽い返事。
メンバーに聞いてみとくわ、とのこと。
どっちにしても、ほんまにそうなったらそんな嬉しい話はないっすけどね。
期待せずに待ってます。
[PR]
by satton07 | 2007-12-17 00:06 | Diary | Comments(2)

またもこんな時間だ〜

一日家で過ごす。ま、いろいろと。

なんだかんだとやりつつ
つくりかけの曲を仕上げてたらこんな時間に。。。
どうやら
前に完成させた曲を境に、「あれ?」ってくらいにパワーアップしている。
いや、ほんとにほんとに。
アレンジのイメージを形にする力がちょっとついてきた手応えがある。
ミックスのしかたも、随分ぶれないようになってきたかも。
だいぶ機械を手なずけられるようになってきたかも〜。

けど、一番目に見えて変化したのはボーカルかもしれない。
いや、特にまだなんにもしてないんだけど。。。
音程の取り方を変えたのと
歌うときの口の開け方と目線の置き方を変えただけ。
なのに、えらく声が変わったのですけど。
そんなもんなのでしょうか。。。
こりゃ、ちゃんとレッスン受けたら
けっこう、つうかかなり変わるのでしょうか。
ずいぶん聴きやすくなりました。
そんなオリジナルの数々。
こちらこちらから、どうぞ♪

今日できたやつは、もう少し叩いてから公開するつもり。

機材を増強したので
音が良くなったのも一因かな。

オリジナリティっつうのものが出てるのかどうかはまだわかりませんが
歌をつくるコツが少しつかめてきた。
自分のスタイルがちょっとづつだができつつある。
ちいさくしあわせ。
[PR]
by satton07 | 2007-12-09 03:29 | Diary | Comments(0)

31 years+3 hours

現在、31年と3時間生きていることになります。
実年齢はともかく
精神年齢も一緒に歳をとることができたのでしょうか。
だとすれば22歳。

高校の恩師に出会ったときとおんなじ歳になりました。
んー。こんなに頼りなかったっけかな。。。

今年は、というかこの一年は
いろいろな意味で
やりたいことで結果を出す。ということに
目標なぞにしてみようかと思います、
大きく出たなあ、という感じ。

ちょうどいい具合に
きょう、あたらしい曲ができました。
神様がなかなか楽しいプレゼントを贈呈してくださったようで。
仕事持って帰ってきたってえのに
こんなことしてる場合じゃないんだけど、ついつい。
これで飯食えたら、どれだけの中途半端な課題が解決することか(笑)。
ま、それはさておき。
こうやって意図的にこころに耳をすましてみると
自分の中には意外といろんな音をもっているものだなあ、と気づく。
なるべくたくさんのイメージを形にしておきたいなと。
それが何の役に立つのかなんて、決して聞いてはいけません。
[PR]
by satton07 | 2007-12-08 03:08 | Diary | Comments(0)

師匠期待してます。

わがこころの師匠、槇原敬之御大が紅白出場だそうです。
あの、いまさら書くのもなんですが
なんだか今年はこの人紅白に出るんじゃないかな、って気がしていた。
ここ最近の彼の活動やらコメントをよく聞いてると
そう思ってたのはきっと自分だけではないはず。

いずれにせよ、嬉しいねー。
前回出たのは、彼を初めて知って
直視できないくらいに衝撃を受けた1991年。
ぜひ、あえて「どんなときも。」を聞きたいものです。

同じくらいに嬉しいのは、やはり馬場俊英。
てゆっか。ここ2年くらいの変化は凄まじい。
90年代後半の「センチメンタルシティマラソン」の頃の彼を思うと
なんだか感無量。


これだけはぜひみよう。ぜったいみよう。
[PR]
by satton07 | 2007-12-06 00:12 | Diary | Comments(2)

ソフト増強

昼から心斎橋のアップルストアへ。

Logicを7から8にアップグレード。大幅にユーザインタフェースが向上してるし、欲しかった音源やソフトが標準でバンドルされてるし、なによりこの半年で飛躍的にソフトを使いこなせるようになってきたし☆
価格面でもかなりリーズナブルになったし、ということで。
ついでにOSもLeopardにアップ。とはいえウチのMacにwindows導入の予定はまったくなしだけど。。
詳しい操作報告は後日またということで、さてさてインストールと♪
[PR]
by satton07 | 2007-12-02 14:36 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧